【冨樫義博】「幽遊白書」最終回と、その後作者自身が作った同人誌「ヨシりんでポン!」について
2016年9月16日 更新

【冨樫義博】「幽遊白書」最終回と、その後作者自身が作った同人誌「ヨシりんでポン!」について

根強いファンの多い冨樫義博先生の大人気漫画「幽遊白書」。その連載終了後、冨樫先生本人が同人誌を作り即売会に現れ話題になったことを御存知でしょうか。こちらでは「幽遊白書」の最終回と噂の同人誌をご紹介します。

381,656 view

大人気の中終了した「幽遊白書」

「幽遊白書」

「幽遊白書」

富樫義博先生作。1990~1994年週刊少年ジャンプ連載。アニメ化もされた大ヒット作品。ジャンプと言えば人気が出たら終わりたくても終われないという噂がありますが、幽遊白書は人気絶頂の中、終了しました。その理由は後ほどご紹介します。

主な登場人物

左から飛影・幽助・桑原・蔵馬

左から飛影・幽助・桑原・蔵馬

主人公は幽助ですがこの4人がメインです。初回で死んでしまった幽助は生き返って霊界探偵になり、霊や妖怪を倒します。桑原は心優しい不良で幽助のライバル。霊感が強く、幽助と行動をともにするうちに霊力が強くなってきます。飛影と蔵馬は妖怪で最初は敵として登場しましたがやがて仲間になります。
雪村螢子(右)

雪村螢子(右)

幽助の幼なじみでヒロイン。最初は優等生キャラでしたが、後ほどご紹介する同人誌で書いていますが作者はいかにもヒロインキャラな螢子が嫌いでした。そのためか最終回では少し男前でクールな雰囲気になっています。

最終回はどうなった?

最終回少し前

最終回がどうだったか振り返ります。
魔界統一トーナメント編では幽助の先祖の雷禅・軀についた飛影・黄泉についた蔵馬で味方だった3人が戦うことになります。他にもたくさんのキャラクターが集結しバトルがクライマックスに…というところで場面は変わります。
naruseriri (1747475)

魔界統一トーナメントで長い戦いが始まるのかと思ったらその直後、蔵馬と桑原が普通に人間界で話をしている姿が描かれています。トーナメントはどうなったかを漫画ではなく、セリフで説明しています。
出典 naruseriri
naruseriri (1747476)

何があったか描かれずあっさりと魔界から帰ってきた幽助。こちらもどうしてそうなったかセリフで説明しています。
出典 naruseriri
右は飛影の妹・雪菜

右は飛影の妹・雪菜

要するに魔界のいざこざはまとまり、霊界の結界が解かれ妖怪が人間界に行き来できるようになりました。いい妖怪は人間界で生活できる世の中になったのです。そのため桑原が想いを寄せていた雪菜が桑原の家にやって来ます。
naruseriri (1747477)

進学はせず屋台で働いている幽助。お母さんと彼氏(元夫)の関係、蔵馬は義父の会社を手伝うなどそれぞれのその後を、ほぼ1ページ漫画で紹介しています。
出典 naruseriri

最終回

「それから…」

「それから…」

最終回1つ前の回で人間界に向けて異次元砲を発射するという物騒な事件が起きます。幽助が正しいボタンを押せば無事、間違えば人間界もしくは霊界に大砲が打たれるという新しい展開が始まります。ですが、その次の回(最終回)でまたもや場面転換。無事に事件が解決して幻海の墓参りにみんなで来ています。
出典 naruseriri
幻海

幻海

幽助の師匠的存在。霊力が凄まじく闘う時は若返ります。
 (1747482)

墓参りの後、みんなで幽助はどのボタンを選んで助かったのかという話題に。螢子の好きな色のボタンを選び「あっちが神ならこっちは女神だと」。それを聞いた螢子は…。
naruseriri (1747484)

幽助を掴んで海に入る螢子。映画のワンシーンのようです。
出典 naruseriri
 (1747485)

螢子とはしゃぐ幽助。
ラストのコマ

ラストのコマ

最終回は綺麗に終わりましたが、ご紹介の通り、新しい展開が始まると思いきや急に終わったり、ダイジェストでキャラクターの近況を紹介したり、背景は簡素なページが多かったりと読者が心配になる状態でした。それを踏まえて同人誌を見てください。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

幽遊白書がTVアニメ放送25周年!記念ビジュアルが公開!特別企画も実施予定!!

幽遊白書がTVアニメ放送25周年!記念ビジュアルが公開!特別企画も実施予定!!

『幽☆遊☆白書』のTVアニメ放送25周年に際して、記念ビジュアルが解禁。同作は、漫画家・冨樫義博により、1990年から1994年まで週刊少年ジャンプにて連載された。また、TSUTAYA での特別企画や期間限定カフェも開催される。
知らざあ言って聞かせやしょう!友の仁道に生き、恋の仁道にも生きる!ー90年代の少年ジャンプ連載「幽☆遊☆白書」の桑原!その真髄がわかった私達を振り返ってー

知らざあ言って聞かせやしょう!友の仁道に生き、恋の仁道にも生きる!ー90年代の少年ジャンプ連載「幽☆遊☆白書」の桑原!その真髄がわかった私達を振り返ってー

1990年代で人気を圧巻した『幽☆遊☆白書』内、名!脇役キャラクター桑原和真。幽☆遊☆白書は飛影・蔵馬が有名で主人公さしおいて人気を集めますが、忘れてはならない桑原和真くん。彼の魅力にはっと気づいたとき、わたしたちはすっかり大人になってしまいました。今回は彼の人間味溢れる魅力を知らぬなら言って聞かせましょう!彼の仁道を!
me*me | 1,291 view
90年代女子を少年誌に呼び寄せた「幽☆遊☆白書」のキャラクター“飛影(ひえい)”

90年代女子を少年誌に呼び寄せた「幽☆遊☆白書」のキャラクター“飛影(ひえい)”

90年代ジャンプで人気を博した「幽☆遊☆白書」。当時、夢中になったものです。この記事では、その中でも好きなキャラクターである「飛影」をクローズアップしてみたいと思います!
【幽☆遊☆白書25周年】《幽☆遊☆白書》×《Ark silver accessories》のコラボレーションリング3種類が販売開始!売切御免!

【幽☆遊☆白書25周年】《幽☆遊☆白書》×《Ark silver accessories》のコラボレーションリング3種類が販売開始!売切御免!

2017年にテレビアニメ放送開始から25周年を迎えた《幽☆遊☆白書》と、シルバーアクセサリーブランド《Ark silver accessories》のコラボレーションリングが販売開始されました。
90年代のジャンプを象徴するキャラが勢揃い!50周年記念「ジャンプ展」第2弾のビジュアルが公開!!

90年代のジャンプを象徴するキャラが勢揃い!50周年記念「ジャンプ展」第2弾のビジュアルが公開!!

週刊少年ジャンプの創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」の第2弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」が、2018年3月19日より開催されます。孫悟空、浦飯幽助、桜木花道など、90年代のジャンプを象徴するキャラが勢揃い!
隣人速報 | 4,865 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト