「100万円クイズハンター」でおなじみの柳生博は日本野鳥の会の会長だった!!
2016年9月8日 更新

「100万円クイズハンター」でおなじみの柳生博は日本野鳥の会の会長だった!!

「ハンターチャンス」の決め台詞で有名な柳生博はなんと日本野鳥の会会長だって知ってましたか? そんな懐かしの柳生博についてまとめてみました!!

8,533 view

柳生博って知ってる?

柳生 博(やぎゅう ひろし、1937年1月7日 - )は、日本の俳優、司会者、タレントである。また、作庭家(庭師)としても活動もあるほか、公益財団法人・日本野鳥の会会長やコウノトリファンクラブ会長も務める。
柳生博とアシスタント

柳生博とアシスタント

39歳のとき、NHKの朝の連続テレビ小説『いちばん星』に野口雨情役で出演し、テレビ俳優としての地位を確立する。
その傍ら1981年から1993年までの12年間に渡り、テレビ朝日のクイズ番組『100万円クイズハンター』の司会を務め、「ハンターチャンス」のきめ台詞などで幅広い世代に認知される。また、タレントとしてフジテレビのクイズ番組『平成教育委員会』の解答者やNHKのドキュメンタリー番組『生きもの地球紀行』のナレーションを長く担当した。また、ジェームズ・スチュアートの吹き替えなど、声優としても活動している。

やっぱり「クイズハンター」でしょう!!

『100万円クイズハンター』(ひゃくまんえんクイズハンター)は、1981年9月28日から1993年10月1日までテレビ朝日で週5日間の帯で放送されていたクイズ番組である。泉放送制作との共同製作。

謳い文句は「生活の句読点」。番組の最終コーナーでの「ハンターチャンス!!」の掛け声が恒例だった。正月には1時間スペシャルが放送されていた。芸能人・文化人等がゲストだったこともある。
ハンターチャンス

ハンターチャンス

そして各チームが前半戦で獲得した賞品が出題ナレーションにより紹介[3]されその後クイズに入った。高額商品の場合は、柳生やアシスタントが金額を言うことがあった。全チームに出題される問題では最初にクイズを出題し、正解した解答者が、相手の獲得した賞品の中から好きな賞品を選んだ。時には応援席から取ってほしい賞品のリクエストが出ることもあった。

(出典:wikipedia)
ゴールデンハンマー(画像は『復活!100万円クイズハン...

ゴールデンハンマー(画像は『復活!100万円クイズハンター2012』)

後半の「ハンターチャンス」は問題に正解すれば、相手の獲得した賞品の中から好きな賞品を選んで、その賞品と金額(得点)を横取りできた。問題は5問(後期は6問)出題され、うち4問(後期は5問)は全チームに、1問はゴールデンハンマー獲得者のみ解答権をもつ。

(出典:wikipedia)

クイズハンター - Dailymotion動画

クイズハンター

作庭家としても活躍

 (1492148)

作庭活動は山梨への転居とともに開始したが、雑木林を中心とした作庭で、庭・家・林・駐車スペースなどのあり方に独自の視点を持つことで知られる。囲炉裏を据え、枕木などを活用するその作庭技術については、本人の著書『森と暮らす森に学ぶ』(講談社)、生和寛著『風景を作る人 柳生博』(辰巳出版)等に詳しい。

また、柳生は近隣の手入れの不十分な人工林から貰い受けた各種の樹木を、自宅や八ヶ岳倶楽部敷地に植林し再生している。その数は柳生によれば、あわせて一万本以上になる。

日本野鳥の会会長として

コウノトリを熱く語る柳生博氏

コウノトリを熱く語る柳生博氏

柳生は2004年4月17日から「日本野鳥の会」の第5代会長職にあり、同年12月12日に発足した「コウノトリファンクラブ」の初代会長も務める。

ギャラリー・レストラン「八ヶ岳倶楽部」をオープン!

柳生は1989年、大泉村西井出・西沢の森に、パブリックスペースとして、ギャラリー・レストラン「八ヶ岳倶楽部」を開設した。八ヶ岳倶楽部では、陶芸家を初めとしたアーティストの作品の展示販売が常時行われている。

建物、雑木林、囲炉裏、枕木を利用した散策路などの設計、作庭は、柳生博及び真吾ら家族の手によるものである。柳生自身は、時間があるときには八ヶ岳倶楽部のレストランによく顔を出し、談笑する姿が見られる。
柳生一族の末裔でもある柳生博さんは、ご健在で自然と共に暮らしていらっしゃるようです。
ひさしぶりに「ハンターチャンス!!」を聴いてみたいですね。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代半ばに放送されたロボットアニメ「勇者ライディーン」のBlu-rayが発売決定!最新フィギュアも要チェック!!

70年代半ばに放送されたロボットアニメ「勇者ライディーン」のBlu-rayが発売決定!最新フィギュアも要チェック!!

ベストフィールドより、ロボットアニメ「勇者ライディーン」の映像作品『勇者ライディーン Blu-ray』の発売が決定しました。
隣人速報 | 872 view
近藤正臣主演!『探偵 神津恭介の殺人推理シリーズ コレクターズDVD』全2巻が発売決定!!

近藤正臣主演!『探偵 神津恭介の殺人推理シリーズ コレクターズDVD』全2巻が発売決定!!

ベストフィールドより、創立20周年記念企画第8弾となる映像作品『探偵 神津恭介の殺人推理シリーズ コレクターズDVD Vol.1』『探偵 神津恭介の殺人推理シリーズ コレクターズDVD Vol.2』の発売が決定しました。
隣人速報 | 292 view
昭和の人気特撮「人造人間キカイダー」のBlu-ray『人造人間キカイダー VOL.1&VOL.2』が発売決定!!

昭和の人気特撮「人造人間キカイダー」のBlu-ray『人造人間キカイダー VOL.1&VOL.2』が発売決定!!

東映ビデオより、70年代の人気特撮ドラマ「人造人間キカイダー」のBlu-ray『人造人間キカイダー VOL.1』『人造人間キカイダー VOL.2』全2巻が発売されます。
隣人速報 | 697 view
【女子アナブーム】1990年代~2000年代初めに人気のあった女子アナウンサーは?

【女子アナブーム】1990年代~2000年代初めに人気のあった女子アナウンサーは?

美人で知的でテレビの清涼剤とも言える女子アナは、各時代ごとにお茶の間の人気を博してきました。1980年代のフジテレビ3人娘(有賀さつき・河野景子・八木亜希子)に始まった女子アナブームですが、1990年代以降はどんな人気女子アナがいたのでしょうか?今回は1990年代から2000年代初めに人気だった女子アナについてご紹介したいと思います。
そうすけ | 2,363 view
「必殺仕事人」のコンセプトを現代に投影したドラマ「ハングマン」、 彼らは何をしたかったのか。

「必殺仕事人」のコンセプトを現代に投影したドラマ「ハングマン」、 彼らは何をしたかったのか。

その昔テレビドラマで人気を博した「ハングマン」。一見刑事物のようなのですが、実はそうじゃないという摩訶不思議なドラマでした。悪人を罰するという勧善懲悪で、言わば最後にスカッとできる内容。「ハングマン」が悪人たちに制裁を加えるというものなのですが、逮捕する訳でなく殺害する訳でもないんですよ。実際に「ハングマン」は何をしたかったのでしょうか。今回は、「ハングマン」についての解説をします。
五百井飛鳥 | 2,503 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト