【イージー・ライダー】ハーレーダビッドソンで理想と現実を駆け抜けた映画
2018年4月14日 更新

【イージー・ライダー】ハーレーダビッドソンで理想と現実を駆け抜けた映画

現在(2018年)に見てもおもしろく感じる映画です。「イージー・ライダー」は1969年アメリカ公開、日本では70年に公開されました。本作の魅力とともに「アメリカン・ニューシネマ」について、またこの映画がつくられた時代背景についても同時に振り返ってみましょう。

896 view

映画を見た方の感想から(レビュー)

「イージー・ライダー」のポスター

「イージー・ライダー」のポスター

最初に、実際に本作を見た方々の感想から見てみましょう。
この映画の、今でも引き寄せられる魅力を知ることができます。
人生を変えた映画
2017年9月6日
形式: DVD|Amazonで購入
この映画を見たさに、映画館に足を運ぶこと100回以上。この映画を見るまでは、何の興味も関心も無かったオートバイを、いっぺんに夢中にさせてくれた映画です。わたしの人生を変えてくれた、しかし悲しい結末の映画です。
鈴木 裕之様のレビュー。
60年代を生きた証明
2005年7月11日
形式: DVD|Amazonで購入
正しく、我らが年代のアメリカ。
あのころから、アメリカは失うのもが多くなった。
あんなに広く美しい国アメリカが「自由」を求めてる。
自由を求めることが、自由であることがアメリカ人の証だと、世界中は思っているけど、自由であることと、自由に生きることはこの国でもまったく意味が違うことを映画は言う。
たくさんの音楽が流れ、実際のあの時代のミュージシャンの歌が流れるが、それが又生々しく、当時を思い出させる。
ハーレー・ダビッドソンに乗ってあの美しいアメリカの道を音符のように流れて走る二人の若者。
ジャック・ニコルソンの演技には今更ながら感服!
ピーター・フォンダの魅力を今知るとは・・いささか残念。
デニス・ホッパーはただものでは、なかった。
moo様のレビュー。

バイクに、そして「自由」‥‥感想も様々

この映画を見て「かっこいい!」とバイクを乗り始めたという方や、いやいや、バイクの話だけじゃないんだよ、「人間の在り方」、「自由であること」と「自由に生きること」は違うんだよ(自由の国であるアメリカでは)‥‥という思った方々‥‥などなど、「イージー・ライダー」という一つの映画を見て、様々な感想を持つこともこの映画の醍醐味です。

「イージー・ライダー」インスタグラム

荒野をハーレーダビッドソンで旅をしながら‥‥。
こうやって見ると、とてものどかな雰囲気もあります。
が‥‥、それだけでは終わらなかった‥‥のです!
では、日本はもちろん世界の人々を魅了した「イージー・ライダー」がどんな映画だったのか、更にもっと辿ってみましょう。

映画「イージー・ライダー」

映画内で使用されたチョッパーのレプリカ

映画内で使用されたチョッパーのレプリカ

日本のWikipediaでは、映画のポスターでなく、このバイクの画像が載っていることでもわかる通り、バイクも主役の一人(一つ?)です!
映画「イージー・ライダー」について、ミドルエッジ内ではオールドジョニーさんが既に記事にされています。
とてもうまくまとめていらっしゃるので、そちらもぜひとも読んでみてください。

イージー★ライダー (字幕) - 予告編

映画の予告編‥‥というよりも、一部分ですね。

Easy Rider (1969) Official Trailer | Peter Fonda, Dennis Hopper Movie

「イージー・ライダー」トレイラー
英語ですが、こちらの方が音楽もあって、映画の雰囲気がわかりやすくなっています。

ストーリー・概要

マリファナ密売で儲けた大金をタンクに隠し、真のアメリカを求めてオートバイで放浪の旅に出る二人のヒッピーを描いたアメリカン・ニュー・シネマの代名詞的作品。
元々は馬をバイクに乗り換えた現代の西部劇を目指して創られた作品だが、そこで描き出されたのはドラッグ・カルチャー、余所者への強烈な排他性、そして名ばかりの“自由”という現代のアメリカであった。
ニューオリンズと言えばアメリカ南部、音楽の都とも言われている都市ですが南部の方が保守的‥‥と言われています。
自由を目指して旅するはずが、保守的であり排他的な方面へ向かったのが間違いだったのか‥‥?!
とはいえ、どことなくのどかに見てしまっていた面もあったのですが、最後にあまりもショックなことが起こります。
もう一度、この映画を見たいとは思いますが、最後だけは「見たくない‥‥」と強く思ってしまい複雑な気持ちになることも確かです。

主なキャスト・スタッフ

ピーター・フォンダ

ピーター・フォンダ

ワイアット(キャプテン・アメリカ)役。
また、脚本、製作にも関わっています。

ちなみに、ピーター・フォンダのお父さんは俳優ヘンリー・フォンダ、お姉さんがジェーン・フォンダ、娘さんがブリジット・フォンダという俳優一家。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『湾岸道路』といえば、”夕日のシャンプーライダー”

映画『湾岸道路』といえば、”夕日のシャンプーライダー”

ミドルエッジのバイク乗りが思い出す80年代!映画『湾岸道路』は、片岡義男の同名の小説を映画化した。監督は東陽一。草刈正雄と樋口可南子が演じる夫婦のとハーレーダビッドソンでさまよう、夕日のシャンプーライダーの物語。
『郵便配達は2度ベルを鳴らす』キッチンで求め合うシーンが衝撃的だった!!

『郵便配達は2度ベルを鳴らす』キッチンで求め合うシーンが衝撃的だった!!

野獣の匂いプンプンのジャックニコルソンと、疲れた姿の中にも美しさを見せるジェシカラングとの激しい絡み。そして逃避行、繰り返される殺人計画、あまりにも切なすぎる結末。。。エロスとサスペンスの傑作をご紹介します。
ナベゲン | 16,846 view
【1970年代を彩った憧れの名車たち・世界のオートバイ編】子どものころに憧れたカッコイイ名車たち、あえて時を遡って当時の名車たちに触れてみよう!!

【1970年代を彩った憧れの名車たち・世界のオートバイ編】子どものころに憧れたカッコイイ名車たち、あえて時を遡って当時の名車たちに触れてみよう!!

【1970年代を彩った憧れの名車たち】「世界の自動車大百科」などの図鑑、子供の頃に目を輝かせて読みふけった記憶はありませんか?「西部警察」「あぶ刑事」80年代にいくつも登場したカッコイイ自動車やバイクが活躍するドラマ、そんなドラマに夢中になった私たちが幼いころに憧れたのは70年代を彩った数々の名車だったのかもしれません。そんな1970年代を彩った憧れの名車たち【世界のオートバイ編】を振り返ります。
青春の握り拳 | 33,930 view
1962年公開『噂の二人』オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンの残酷で美しい同性愛を描いた映画!

1962年公開『噂の二人』オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンの残酷で美しい同性愛を描いた映画!

「愛するだけでも罪なのですか?」と訴えかけてくる映画、『噂の二人』。そんなことを考えさせられる内容でした。カレン扮するオードリー・ヘップバーンが一本道を颯爽と歩くシーンは、社会の変革に先駆ける女性を表しているようでしたね。そんな彼女の美しさは今も輝いています。
me*me | 349 view
フィギュアスケートの曲にも使われた!トリスタンの生きざまをとくと見よう!――『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』

フィギュアスケートの曲にも使われた!トリスタンの生きざまをとくと見よう!――『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』

1994年に公開された、『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』。エデンの東をほうふつとさせる一家間の愛憎劇をドラマティックに仕立て上げられたこの映画でブラピが挑んだ、一人の青年の生きざまは胸を焦がしてくれました。そんな作品をいまひとたび振り返ってみませんか。
me*me | 146 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト