日活ロマンポルノの金字塔といえば、それはやっぱり団地妻シリーズでしょう。
2019年2月6日 更新

日活ロマンポルノの金字塔といえば、それはやっぱり団地妻シリーズでしょう。

全20作品にも及ぶ団地妻シリーズ。「団地妻 昼下りの情事」から始まるこのシリーズは70年代の日活ロマンポルノの代名詞と言ってよいでしょう。白川和子、宮下順子、鹿沼えり といった永遠のマドンナを輩出しました。

11,470 view

日活ロマンポルノ『団地妻』シリーズ

団地妻。なんと官能的な響き。いえ、それが日活ロマンポルノのタイトルということを知っていないとそうは感じませんよね。しかし、それを知っていれば団地妻と聞いただけで甘美な世界へと誘われていくってなものです。
「団地妻」シリーズは70年代に、なんと20作品も作られたんですよ!
団地妻

団地妻

出典 cinepo.com
20作品。いかにヒットしたかということが窺い知れます。今となってはなかなか鑑賞することが難しいのですが、ちょっとまとめてみましょう。

団地妻 昼下りの情事

団地妻シリーズは、この「団地妻 昼下りの情事」から始まりました。実はこの作品、日活ロマンポルノの第1作でもあるんです。
団地妻 昼下りの情事

団地妻 昼下りの情事

監督:西村昭五郎
脚本:西田一夫
出演者:白川和子
音楽:奥沢一
編集:鍋島惇
製作会社:日活
配給:日活
公開:1971年11月20日
上映時間:64分
この作品が団地妻シリーズを、日活ロマンポルノを作り上げたんです。感慨深いですね。主演は白川和子。お色気たっぷり。そう、昭和の色気です。最高!
白川和子

白川和子

本名:小西 郁子
生年月日:1947年9月30日
出生地:長崎県佐世保市
活動期間:1967年~現在

写真は映画「覗かれた情事」より
監督は西村昭五郎が務めています。西村昭五郎といえば、団地妻シリーズと団鬼六の原作もので有名な監督です。

団地妻 昼下りの情事

都内近郊の団地。笠井律子(白川和子)は単調な生活と夫とのセックスに不満を覚えていた。ある朝、夫を会社に送り出すと、団地に住む陽子がこけしをかたどったバイブレーターを持って訪ねてくる。こけしを渡そうとする陽子に、律子は恥じらい、受け取るのを拒む。その後、一人になった律子はタンスの上のこけしに気がつく。陽子が密かに置いていったのだ。律子はそれを手に取り、自慰に耽った。その時、旧友・桐村から電話がかかってくる。律子は夫に嘘をついて桐村と会い、酒に酔ってホテルへと流れた。彼女は桐村とのセックスに夫以上の快楽を感じた。後日、律子は陽子から儲け話として売春を誘われる。陽子は律子と桐村が密会している写真を差し出し、強請る。そして、律子はコールガールの生活に足を踏み入れることになる…。
一度は観ておきたい記念碑的作品ですね。昭和のエロスがお好きな方は是非。

「団地妻 昼下りの情事」がヒットしたことで、1979年まで長きにわたって続編が作られていくんですね。

1972年

2作目となる「団地妻 しのび逢い」は、同じく監督:西村昭五郎、主演:白川和子のコンビにより、1972年4月29日に公開されています。

団地妻・しのび逢い・オープニングシーン

7月8日には、監督:遠藤三郎、主演:宮下順子で「団地妻 忘れ得ぬ夜」が公開されます。宮下順子イイですねぇ。
宮下順子

宮下順子

本名:金沢 英子
生年月日:1949年1月29日
出生地:東京都世田谷区
活動期間:1971年~現在

写真は映画「雲霧仁左衛門」より
出典 buyee.jp
なんと翌月の8月には、監督:西村昭五郎、主演:二條明美で「団地妻 昼下りの悶え」が公開。更に10月28日には「団地妻 女ざかり」が監督:遠藤三郎、主演:宮下順子で公開されています。

1973年

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

日活ロマンポルノ熱狂時代・女優名鑑 55名

日活ロマンポルノ熱狂時代・女優名鑑 55名

日活ロマンポルノは1971年(昭和46年)11月に『団地妻 昼下りの情事』(白川和子主演)と、『色暦大奥秘話』(小川節子主演)を第1作としてスタートしました。以降、谷ナオミ(初代SMの女王)、田中真理、宮下順子、原悦子、泉じゅん、鹿沼えり、東てる美、高倉美貴、朝比奈順子、風祭ゆき、水原ゆう紀、美保純、可愛かずみ・・・数多くのスター女優が生れました。伝説の日活ロマンポルノの世界を支えた人気女優55名を振り返ってみましょう。
ガンモ | 487,999 view
日活ロマンポルノが45周年!第1作「団地妻 昼下りの情事」の白川和子や若手女優が記念イベントに登場!

日活ロマンポルノが45周年!第1作「団地妻 昼下りの情事」の白川和子や若手女優が記念イベントに登場!

1971~88年に1100本が製作された成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」。第1作「団地妻 昼下がりの情事」が公開されてちょうど45年となる20日、記念イベント「リブート新作公開直前!~ロマンポルノ誕生45周年記念イベント~」が行われた。
エロ映画が量産された日本映画界の「ハレンチ・ブーム」の考察:「東映ポルノ」と「日活ロマンポルノ」から「ビニ本全盛期」「AV時代へ」

エロ映画が量産された日本映画界の「ハレンチ・ブーム」の考察:「東映ポルノ」と「日活ロマンポルノ」から「ビニ本全盛期」「AV時代へ」

1968年、石井輝男監督のエログロな東映ポルノ『徳川女系図』の大ヒット以降、大映、日活、松竹もヌード映画の製作を開始しました。エロ映画が量産され、日本映画界にセックス旋風が吹き荒れて「ハレンチ・ブーム」に沸きました。そして成人映画から人気女優もたくさん生まれました。日活ロマンポルノ史上もっとも美しい女優「高倉 美貴」や日活ロマンポルノのトップ女優「白川和子」、「警視庁のアイドル」とも呼ばれた「田中真理」、史上最年少のポルノ女優「山川レイカ」(当時16歳)など当時の人気女優も振り返ります。一般家庭にもVHSビデオデッキが普及し、巷にレンタルビデオ店が大量に出現し、低料金でレンタルできるようになった1980年代後半には、成人映画の劇場に足を運ぶ人は減る一方となりました。
ガンモ | 49,845 view
フォークシンガーと呼ばれていた70年代の「泉谷しげる」は、とてもロックの香りがするんです。

フォークシンガーと呼ばれていた70年代の「泉谷しげる」は、とてもロックの香りがするんです。

1971年にギターの弾き語りというスタイルでデビューした泉谷しげる。スタイルこそフォークですが、何故かロックを感じさせます。俳優としても活躍している泉谷しげる ですが、やっぱり歌っているときが最高にカッコいいのです。
obladioblada | 1,695 view
アイドル時代の Char って、今聴くと最高の歌謡ロックを演ってるんですよね。

アイドル時代の Char って、今聴くと最高の歌謡ロックを演ってるんですよね。

日本を代表するギタリストの一人Charですが、デビュー当時はアイドルとして一時代を築いていたんです。アイドル時代の Char、軽く見られがちですが今聴くと最高の歌謡ロックを残しているんですよね。
obladioblada | 1,409 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト