2017年7月16日 更新

週刊少年ジャンプ マニアック連載特集 Part5 「PTA」が睨みをきかし「先生」も敵に回した元祖問題作!「ハレンチ学園」!!

1968年に創刊された少年雑誌「週刊少年ジャンプ」。そのなかでもマニアックな印象的な連載をビックアップしてお送りするわ!第5回は「十兵衛」の破れる洋服にドキドキした「ハレンチ学園」よ!

3,244 view

誰もが憧れの「十兵衛」に惚れた!?それは「エロ」ではなく「ハレンチ」だから!

ハレンチ学園 (第1巻)/ 永井豪

ハレンチ学園 (第1巻)/ 永井豪

出典 amazon.co.jp
「ハレンチ学園」は、1968年から1972年に連載された「永井豪」の出世作であり、最大の問題作だったわ。連載当初は、個性豊かな「生徒vs先生」の学園ドラマだったんだけど、後半にかけては「ドロドロ&驚愕」の「学園vs教育関係者」との戦争に発展したの。「戦車」だの「爆弾」だの凄かったわ。そして、世の中に「ハレンチ」と言う言葉を流行させ、性的描写や教育関係者への冒涜が社会を巻き込み大論争へと発展したのよ。

他の少年誌との差別化は「ハレンチ学園」の功績が大きかった!?

ハレンチ学園(第9巻)/ 永井豪

ハレンチ学園(第9巻)/ 永井豪

出典 amazon.co.jp
しかし、奇しくもそれが「永井豪」や「週刊少年ジャンプ」を世に知らしめた皮肉な結果にもつながったの。本来は当時、「デビルマン」(少年マガジン)との連載の掛け持ちで短期終了予定での連載作品だったのよ。でも編集部の強い意向で「問題作」と言われながらも4年間の長期連載となって、創刊時代の「少年ジャンプ」を支えることになり、結果他の少年誌との「差別化」に大きく貢献する事になったの。

人気キャラは、死んでも生き返る?「ジャンプ」のお約束はこの漫画からか?

ハレンチ学園(第10巻)/ 永井豪

ハレンチ学園(第10巻)/ 永井豪

出典 amazon.co.jp
でも、弊害もあったの。短期終了予定だったから個性の強いキャラを次々と殺して行ってしまった為、突然生き返り登場したり、生死不明のドロップアウトしたキャラは必ず再登場したりと苦しい設定もあったのよ。(親分、十兵衛、ヒゲゴシラ、丸ゴシ等)当時の読者はどう捉えていたのかしら?でも、これって「リングにかけろ」「魁!男塾」や「ドラゴンボール」に繋がる「ジャンプお家芸」の走りだったのかも知れないわね。

「ハレンチ学園」はその後の「永井豪」作品のみならず様々な作品に影響を与えた!

マジンガーZ(第2巻)/ 永井豪

マジンガーZ(第2巻)/ 永井豪

出典 amazon.co.jp
「ハレンチ学園」のキャラは作品を越えての登場やキャラクターの性格設定が似ている者も多く存在したと思うの。「ハレンチ学園」連載終了後に新連載となった「マジンガーZ」では、主役だった「兜甲児」が「親分(山岸八十八)」と似ていたり、「キューティーハニー」のお色気はどこか「十兵衛」を連想させたわ。そして、週刊漫画ゴラクで連載された「バイオレンスジャック」には、「ヒゲゴシラ、ドラキュラ、丸ゴシ」が再登場したり永井作品にとっては欠かせないキャラクターの宝庫だったの。そして「けっこう仮面」は「変態仮面」等に影響を与えたのではないかと勝手にあたしは思ってしまうの。いろんな意味でタブーとの闘いの連続であったバトルマニアックな作品の一つが「ハレンチ学園」だったと思うわ。
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

週刊少年ジャンプ  マニアック連載特集  Part1 「うんこ」が主役?の学園漫画!「マタンキ」と言えば「トイレット博士」!!トイレット博士

週刊少年ジャンプ マニアック連載特集 Part1 「うんこ」が主役?の学園漫画!「マタンキ」と言えば「トイレット博士」!!トイレット博士

1968年に創刊された少年雑誌「週刊少年ジャンプ」。そのなかでもマニアックな印象的な連載をビックアップしてお送りするわ!記念すべき第1回は、男のなら必ず1回は言ったことのある「マタンキ」そう!「トイレット博士」よ!
誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

昭和から平成の初めに活躍したアーティストたち。時代の大きなうねりの中で私たちに音楽と言う安定剤を処方し続けてくれた作品をマニアックに紹介できればと思っております!今回は誰もが知ってる「イントロ」特集です。
Your&My | 26,143 view
『デビルマン』シリーズ(1972年)悪魔の体と人間の心を持つ悪魔人間=デビルマン、後世に絶大な影響を与えた傑作

『デビルマン』シリーズ(1972年)悪魔の体と人間の心を持つ悪魔人間=デビルマン、後世に絶大な影響を与えた傑作

デビルマンは漫画版とテレビシリーズがほぼ同時期に、漫画版は青少年にも過激なホラー・恐怖漫画として、テレビ版は悪魔の変身ヒーローとして子供でも受け入れられるくらいのテイストの物語として開始されました。基本設定は同じでもまったくの別物でした。その後に続く永井豪先生の作品もスターシステム的にデビルマンの世界観を引き継いでいる作品が多くあります。おさらいをしてみましょう。
ガンモ | 25,189 view
時空探偵マツ・de・デラックス【case MINI-MINIのいる日常-】第22話

時空探偵マツ・de・デラックス【case MINI-MINIのいる日常-】第22話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第4ケースは「ミニ」、黒いマリークワント仕様のブラックマリ―が登場。ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
時空探偵マツ・de・デラックス【case MINI-MINIのいる日常-】第20話

時空探偵マツ・de・デラックス【case MINI-MINIのいる日常-】第20話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第4ケースは「ミニ」、黒いマリークワント仕様のブラックマリ―が登場。ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト