【リバーヒルソフト】パソコン向けに推理物アドベンチャーを提供したゲームメーカー、憶えていますか?
2018年1月7日 更新

【リバーヒルソフト】パソコン向けに推理物アドベンチャーを提供したゲームメーカー、憶えていますか?

主に1980年代、パソコン向けにハードボイルドタッチの推理物アドベンチャーゲームをリリースしていたリバーヒルソフトを憶えていますか?「J.B.ハロルドシリーズ」など、当時アドベンチャーゲームでファンの多かった同社について振り返ります。

1,866 view

1982年、福岡県福岡市で創業したリバーヒルソフト

社名は「リバーヒル=川の中の丘」、流行に流されず独自のスタンスを目指すという意味が込められていました。

1980年代中盤から後半にかけてパソコン向けに数々のアドベンチャーゲームをリリース。
ハードボイルドタッチで重厚なアドベンチャーが特徴で、主なシリーズ作品に「J.B.ハロルドシリーズ」や「1920シリーズ 藤堂龍之介探偵日記」などがあります。

また音楽にSHOW-YAが参加、キャラクターデザイン・原画に荒木伸吾・姫野美智が参加したロールプレイングゲーム「BURAI」は当時のパソコンゲーム業界に大きな衝撃を与えました。

J.B.ハロルドシリーズ

架空の警察官・J.B.ハロルドを主人公とした、アドベンチャーゲーム。
1980年代から1990年代にかけてパソコンで発売されて人気を博しシリーズ化しました。PCエンジンやファミコンなどにも移植された人気作。

実写さながらのリアルなイラスト、事件の背後にある人間関係を綿密に描いた重厚なシナリオが特徴で、このシリーズでリバーヒルソフトは一躍アドベンチャーゲームの雄となりました。

第1作 殺人倶楽部(マーダークラブ) 1986年発売

殺人倶楽部(マーダークラブ)

殺人倶楽部(マーダークラブ)

アメリカの片田舎リバティタウンで刑事を務めるJ.B.ハロルドは、わずかな手がかりを元に証拠に乏しい殺人事件の真相へと迫る。

刑事J.B.ハロルドの事件簿 マーダー・クラブ

第2作 マンハッタン・レクイエム 1987年発売

マンハッタン・レクイエム

マンハッタン・レクイエム

マンハッタンへ招かれたJ.B.は、前作の登場人物の自殺を調査するうちに、連続殺人事件へと巻き込まれる。

マンハッタンレクイエム -ManhattanRequiem- for PC-9801(1987)

番外編 キス・オブ・マーダー 1987年発売

キス・オブ・マーダー

キス・オブ・マーダー

作品としては第3作目に当たるが番外編という位置付けになっている。これは、マンハッタン・レクイエムのグラフィックデータを流用し、シナリオを差し替えたことから、2作目の登場人物が本作では別の配役で登場する一種のスター・システムとなっているため。

マンハッタンレクイエム 殺意の接吻 -KISS OF MURDER- for PC-8801 (1987)

第3作 D.C. コネクション 1989年発売

D.C. コネクション

D.C. コネクション

上司の殺害事件を捜査するためにJ.B.は、10年ぶりにワシントンD.C.を訪れる。

[PC98]D C コネクション 愛と死の迷路 Opening

以後も第4作「ブルー・シカゴ・ブルース」(1994年)、第5作「シアトル・パープル・ヘイズ」(2006年)、第6作「サンフランシスコ・ブラック・ベル」(2006年)、第7作「孤立する死者 -BOSTON SOLITARY CORPSE-」(2007年)と続きます。

筆者は第3作までしか遊んでないので、ここでは割愛させていただきます。

1920シリーズ 藤堂龍之介探偵日記

大正時代を舞台に、架空の私立探偵・藤堂龍之介を主人公として展開する推理ゲーム。
ゲーム形式はマップ移動のアドベンチャーゲームで、プレーヤーは邸宅や客船などの閉鎖された舞台の中を藤堂龍之介の視点で移動し、関係者と対話したり証拠品を捜索したりしながら、犯人や事件の真相を解き明かしていきます。

舞台設定やキャラクターの会話に、大正時代の風俗や世相が強く意識されていることが大きな特徴でした。

第1作 琥珀色の遺言 1988年発売

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【アドベンチャーゲームの歴史】1980年代前半に黄金期を迎えたとされるアドベンチャーゲーム、その歴史を振り返ろう。

【アドベンチャーゲームの歴史】1980年代前半に黄金期を迎えたとされるアドベンチャーゲーム、その歴史を振り返ろう。

「アドベンチャーゲーム」と聞いて思い出すゲームはなんですか?「ポートピア連続殺人事件」や「オホーツクに消ゆ」などの有名な「堀井ミステリー三部作」や「弟切草」「同級生」など、様々なゲームがありましたよね。「コマンド?」なんて言葉も流行ったことを憶えています。そんなアドベンチャーゲームの歴史を振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 13,620 view
アドベンチャーゲームは日本のパソコンで進化した!

アドベンチャーゲームは日本のパソコンで進化した!

80年代の名作アドベンチャーゲーム。当初は英単語での入力・・・辞書は必須でした・・・
BMイワ王 | 10,372 view
Voodooのグラッフィクボードは高価でしたが、3Dゲームに快適な操作性とリアリティを与えてくれた!

Voodooのグラッフィクボードは高価でしたが、3Dゲームに快適な操作性とリアリティを与えてくれた!

グラフィックボードと言ったらVoodooのグラフィックボードという時代がありました。当時のFPSを思い出しながらVoodooの時代を振り帰ってみませんか?高解像度でFPSをプレイするためにも必須なグラフィックボードでした。
| 565 view
好きなアドベンチャーゲームは何?

好きなアドベンチャーゲームは何?

ファミコンだと「ポートピア連続殺人事件」が有名ですが、パソコンだと「サラダの国のトマト姫」や「TOKYOナンパストリート」も有名!懐かしいアドベンチャーゲームについて語りましょう!
ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ファミコンなら”ブピブピ”、FM音源なら”ギュイーン”。ゲームサウンドには音源ごとの特徴や代表的なゲームがあり、私たちはいまでもそれらのBGMを憶えていたりするものです。そんなゲームサウンドの歴史、名曲と呼ばれたゲームを振り返っていきましょう。
青春の握り拳 | 11,547 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト