アドベンチャーゲームは日本のパソコンで進化した!
2017年1月24日 更新

アドベンチャーゲームは日本のパソコンで進化した!

80年代の名作アドベンチャーゲーム。当初は英単語での入力・・・辞書は必須でした・・・

11,141 view

最初のアドベンチャーゲームはテキストタイプ(文字のみ)

コロッサル・ケーブ・アドベンチャー

コロッサル・ケーブ・アドベンチャー

最初のアドベンチャーゲームと言われています。
1975年とも1976年とも言われていますが正確な日付は把握されていません。
アドベンチャーゲームの基本となっています。
ミステリーハウスに代表されるグラフィック付が登場

ミステリーハウスに代表されるグラフィック付が登場

パソコンの性能が上がるにつれ、線画の表示から色付のグラフィックに進化していきます。

カラー描画のADVが登場

但し、アドベンチャーゲームは辞書が必須でした・・・

但し、アドベンチャーゲームは辞書が必須でした・・・

初期のADVゲームは日本語の質問に対して英語で答える形式でした。

当時のADVゲームは英単語を調べる為に辞書が必須なのでした。

※動詞+名詞で入力が多かったように記憶してます。
「デゼニランド」で3ヶ月以上進めない場面がありました・・・

「PUSH BUTTON」※ボタンを押す
「ソレハデキマセン」

「PULE BUTTON」※ボタンを引く 
「ソレハデキマセン」

押しても引いてもだめ・・・どうすりゃいいんだ・・・?
3ヵ月悩んだ挙句、単語のスペルミスだと指摘され・・・・
×「PULE」→○「PULL」
へこみました・・・
アドベンチャーゲームの日本語入力は難しい・・・

アドベンチャーゲームの日本語入力は難しい・・・

やがてADVゲームは日本語の質問に対して日本語で答えるようになりましたが・・・
上記の画面では最初に
「ドウスル?」
と表示されています。そこでプレイヤーが「サガス」と入力すると
「ナニヲ?」
と表示されます。
続けてプレイヤーは「カベ」
と入力します。
 ・
 ・
 ・
単純に単語探しのゲーム。
ここで問題になるのが入力する単語は正解を入力しないと先に進めない点です。
ここで言う正解はADVを作ったプログラマーの指定した言葉です。

例えば「ドウスル?」
と言う問いに対しての答えをプログラマーは「サガス」「ミル」「タタク」「コワス」をあらかじめゲームソフトに組み込んでおきます。
「サガス」「ミル」「タタク」「コワス」以外の単語を入力すると
「ソレハデキマセン」
と表示されるのです。
ゲームプレイヤーが入力しそうな言葉をあらかじめ入れておかなけれ話がば先に進まなくなるのですが、その単語は膨大な量になります。
「ドアを開ける」

「ドア」は
英単語では「DOOR」なのですが
日本語にすると「ドア」「トビラ」「ト」
と、単語がいくつもあります。

「開く」は
英単語では「OPEN」
日本語にすると「ヒラク」「アケル」「オープン」
など、同じ意味の単語が増えていきます。
(英語に比べ、日本語は同じ意味の単語が複数存在する為)
「OPEN」=「開く」「開ける」「オープン」
日本語入力のできるADVは手間の掛かるプログラム作業になってしまいました。

現在のコマンド選択式ADVは日本で生まれた。

そして、画期的なシステム、コマンド選択!の登場!!

そして、画期的なシステム、コマンド選択!の登場!!

右側に表示されているコマンドを選択することでストーリーが進むようになっています。
コマンド選択方式はこれまでのADVゲームにとって画期的なシステムといってよいでしょう。
ADVのゲーム性とテンポが飛躍的に進化しました。
プログラマー側にとっては、余計な単語を無数に準備する必要がなくなり、プレイヤー側にとっては言葉探しに悩む必要がなくなったのです。

但し、デメリットもあります。それは順番に選択肢を選べばゲームクリアーできる単純化につながる点です。

この点を危惧してトラップを仕掛けるADVがあります。
それは選択肢の順番を間違うとゲームオーバーやゲームクリアーできないルートに進むなどです。

それでもこれまでの単語入力に比べるとぐっと難度が下がり遊び易くなったのは事実です。
※近年のADVはこの手のトラップも見かけなくなりました。ノベル形式で最後までストーリーを見せる事に重点を置いているからです。
これまで述べたように、テキスト形式のADVは日本では不評でした。
日本語は英語のように単純ではなく、一つの意味に対して複数の言葉、表現方法があるからです。

逆にフルカラーのグラフィックのADVが日本で主流になってからも、アメリカのADVソフトの売上げ上位には常にテキストタイプが長い間ランクインされていました。

懐かしい日本の名作ADV

初期ADVは「ミステリーハウス」などの線画表示のものがありますが、ここではカラー描画以降のものを紹介します。
「ドリームランド」 マイクロキャビン 1983年

「ドリームランド」 マイクロキャビン 1983年

日本で初めてのアドベンチャーゲーム「ミステリーハウス」を作ったマイクロキャビンの2作目。
『ミステリーハウス』(MYSTERY HOUSE)とは、1980年代に登場したアドベンチャーゲームのタイトル。日本では同名の2本のソフトが存在する。
1.1980年、アメリカのシエラオンライン(Sierra On-Line)からApple II用に発売されたソフト。世界初のグラフィックアドベンチャーゲーム。日本では1983年にスタークラフトからFM-7などの機種への和訳移植版が発売。
2.1982年、日本でマイクロキャビン(当時はマイクロキャビン四日市)からMZ-2000用に発売されたソフト。
「スターアーサー伝説I 惑星メフィウス」 T&E SO...

「スターアーサー伝説I 惑星メフィウス」 T&E SOFT 1983年

スターアーサー伝説3部作の第一弾。
後に「暗黒星雲」「テラ4001」が発売。

パソコンユーザーにアドベンチャーゲームを広めるきっかけとなった作品。
「デゼニランド」 ハドソン 1983年

「デゼニランド」 ハドソン 1983年

埼玉県に建設されたデゼニランドのアトラクションを体験しながら、お宝の三月磨臼(みつきまうす)をゲットするゲーム。
東京ディズニーランドが1983年4月にオープン。
デゼニランドは1983年9月発売とリアルタイムな内容でした。

英単語でのコマンド入力ですが「ATTACH」という単語を入力しなければいかない場面がありここで挫折者が続出したとか・・・
出典 fm-7.com
「鍵穴殺人事件」 シンキングラビット 1983年

「鍵穴殺人事件」 シンキングラビット 1983年

シンキングラビットはパズルゲーム「倉庫番」を発売した会社ですね。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【アドベンチャーゲームの歴史】1980年代前半に黄金期を迎えたとされるアドベンチャーゲーム、その歴史を振り返ろう。

【アドベンチャーゲームの歴史】1980年代前半に黄金期を迎えたとされるアドベンチャーゲーム、その歴史を振り返ろう。

「アドベンチャーゲーム」と聞いて思い出すゲームはなんですか?「ポートピア連続殺人事件」や「オホーツクに消ゆ」などの有名な「堀井ミステリー三部作」や「弟切草」「同級生」など、様々なゲームがありましたよね。「コマンド?」なんて言葉も流行ったことを憶えています。そんなアドベンチャーゲームの歴史を振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 14,463 view
絶版本「ダンジョンズ&ドリーマーズ」の電子版が無料公開。すべてのゲーム愛好家とコンピュータ愛好家に幸あれ。

絶版本「ダンジョンズ&ドリーマーズ」の電子版が無料公開。すべてのゲーム愛好家とコンピュータ愛好家に幸あれ。

80年代に流行したコンピュータゲーム、そしてそれを元にしたコミュニティの成立。優れたゲームとシステムを世に送り出したクリエイター達。それぞれについて深く、かつ明確に、そしておもしろく書かれた名著「ダンジョンズ&ドリーマーズ」が訳者の働きかけによって無料公開されました。
【リバーヒルソフト】パソコン向けに推理物アドベンチャーを提供したゲームメーカー、憶えていますか?

【リバーヒルソフト】パソコン向けに推理物アドベンチャーを提供したゲームメーカー、憶えていますか?

主に1980年代、パソコン向けにハードボイルドタッチの推理物アドベンチャーゲームをリリースしていたリバーヒルソフトを憶えていますか?「J.B.ハロルドシリーズ」など、当時アドベンチャーゲームでファンの多かった同社について振り返ります。
青春の握り拳 | 2,100 view
好きなアドベンチャーゲームは何?

好きなアドベンチャーゲームは何?

ファミコンだと「ポートピア連続殺人事件」が有名ですが、パソコンだと「サラダの国のトマト姫」や「TOKYOナンパストリート」も有名!懐かしいアドベンチャーゲームについて語りましょう!
ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ファミコンなら”ブピブピ”、FM音源なら”ギュイーン”。ゲームサウンドには音源ごとの特徴や代表的なゲームがあり、私たちはいまでもそれらのBGMを憶えていたりするものです。そんなゲームサウンドの歴史、名曲と呼ばれたゲームを振り返っていきましょう。
青春の握り拳 | 12,365 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト