昼ドラ「砂の城」を覚えている?原作は一条ゆかりの人気漫画!
2020年8月10日 更新

昼ドラ「砂の城」を覚えている?原作は一条ゆかりの人気漫画!

1997年にフジテレビ系列で放送されていた「砂の城」を覚えていますか?私は当時高校生でしたが周囲もみんなはまっていました!昼ドラならではのドロドロストーリーを振り返ってみましょう。

12,296 view

ドラマ「砂の城」の放送時期

ドラマ「砂の城」が放送されたのは1997年の6月から10月まで。東海テレビ制作で月曜から金曜日まで13:30~14:00に放送されていたいわゆる「昼ドラ」です。

昼ドラらしいドロドロしたストーリーでしたが、なんともハマってしまうドラマでした。私は当時高校生だったのですがかなり見ていました。学校は行っていたはずなので夏休みにハマったんでしょうね。その後、大学に進学したら大学の先輩もハマっていて食堂で見ていたと言っていたので、若者もはまる昼ドラだったんだなと思いました。

原作は一条ゆかりの漫画!

砂の城 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) | 一条ゆかり | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon (2214411)

原作は一条ゆかりさんの同名漫画です。漫画は「りぼん」に1977年7月号から1979年7月まで。少しお休みがあって1980年9月から1981年11月まで連載されていました。コミックスは全7巻です。

ドラマ化されたのは1997年ですから、連載開始から20年経ってのドラマ化だったんですね。一条ゆかりの漫画は好きでしたが、「砂の城」はドラマを先に知りました。

ドラマと原作は舞台が違う!

砂の城 6 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) | 一条ゆかり | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon (2214416)

漫画「砂の城」の舞台はフランスでした。

ですが、ドラマの舞台は日本です。日本の昭和なので少し昔の話という設定でしたね。日本でドラマ化されたら演じるのは日本人ですので、舞台を日本にうつすというのは当然といえば当然ですね。(原作の大ファンという方には納得いかなかったかもしれませんが)

舞台はフランスと日本で違いますが、大まかなストーリーは同じですよ。

「砂の城」のあらすじ

砂の城 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) | 一条ゆかり | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon (2214706)

「砂の城」のドラマのあらすじを見ていきましょう。

舞台は昭和32年。茨城県五浦の老舗旅館の娘、磐城美百合(いわきみゆり)が生まれます。有名なホテルだったのかお金持ちの家庭でした。

同じころ、家の前に赤ちゃんが捨てられていました。その赤ちゃんは男の子。美百合の父は男の子を熱望していたため、妻を説得して男の子を育てようと決めます。

その男の子は比羅夫(ひらふ)と名付けられ、美百合と双子として育てられました。

ですが、祖母の態度が自分と比羅夫で違うことから、美百合は比羅夫と本当の兄妹ではないことに気が付いていました。比羅夫もそれに気が付いていたのか、お互いを意識するように。

そして両親の死後、2人は恋仲になります。ですが、周囲からは猛反対されます。2人はお互い諦められず、心中を図ります。ですが失敗。そして比羅夫は行方不明になってしまいます。

そして数年後、比羅夫と美百合は再会します。ですが比羅夫は記憶喪失になっていて美百合のことをすっかり忘れています。しかも、記憶をなくした比羅夫の身の回りの世話をしてくれた女性との間に子供までいたのです。美百合はショックを受けます。

その後、比羅夫と相手の女性が亡くなり、美百合は比羅夫の子、杉彦を引き取って育てることにしました。杉彦は比羅夫そっくりに成長します。杉彦と美百合はいつしかお互いを意識し合います。別の男性と結婚していたのですが離婚し、比羅夫と愛し合うようになります。

そして美百合の妊娠が発覚します。元夫との子なのか、比羅夫の子なのかははっきりしていないのですが生んで育てると決めた美百合と比羅夫。

いよいよ出産という時、乗っていた車が事故に遭ってしまいます。美百合は自分の命よりおなかの子を助けてほしいと懇願。その言葉の通り、美百合は亡くなってしまいますが赤ちゃんは無事に誕生しました。美百合はやっぱり、比羅夫、杉彦とは結ばれない運命だったんでしょうね。

杉彦は子どもを引き取りみゆりと名づけます。そして杉彦とみゆりの会話で物語は終わります。

みゆりは杉彦の子ではないかもしれないので、歴史は繰り返されるような終わりでぞっとしました。

「砂の城」のここにハマった!

「砂の城」のドラマの醍醐味は次から次へと2人を不幸が襲ってくるところでしょうね。初期では美百合の祖母、彩がかなり印象的なキャラでした。

自身に子どもができず、愛人の子を跡取りにしたという過去があるため、心に傷を抱えていました。そして自分と重ねているのか比羅夫に強く当たるんです。これが本当にいじわるで印象的でした。そりゃ、美百合も兄妹じゃないと気が付くよね、というレベルでした。

しかも、美百合の両親から見えないところで2人を差別していて本当に悪役、という感じでしたね。

もう1つハマったポイントは「比羅夫」「杉彦」という日常ではあまり見かけない名前のせいもあると思います。ちなみに原作は女性がナタリー、男性がフランシス、フランシスの子もフランシスです。どこから比羅夫が出てきたのか当時から謎でした。

「砂の城」のキャスト

「砂の城」の主要キャストは以下の通りです。

・磐城美百合:森下涼子/大場久美子
・磐城比羅夫/杉彦:佐藤アツヒロ
・磐城彩:南田洋子
・津田山毅:五代高之
・磐城さや子:榊原るみ
・磐城雄一:佐藤仁哉

比羅夫と杉彦はどちらも佐藤アツヒロさんが演じています。光GENJIを見ていた世代なので、あの佐藤アツヒロさんが!とびっくりしたのを覚えています。でもとってもはまり役でした。

「砂の城」はソフト化されておらず、現在のところ配信もされていません。昼ドラなので民放で再放送することもほとんどないですが、もう一度観たいドラマの1つです。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

マミリン、ケンちゃん、「天使なんかじゃない」のサブキャラが最高!

マミリン、ケンちゃん、「天使なんかじゃない」のサブキャラが最高!

矢沢あいさんの大ヒット漫画「天使なんかじゃない」。主役の2人もいいですが、それ以外の登場人物もキャラが立っていていいですよね。今回は主役の2人以外にスポットを当ててみましょう。
saiko | 2,318 view
平安貴族を垣間見る!受験生にこそ読んでほしい!『なんて素敵にジャパネスク』覚えてる!?

平安貴族を垣間見る!受験生にこそ読んでほしい!『なんて素敵にジャパネスク』覚えてる!?

古典の授業で習った平安貴族の白黒のイメージがこの作品で色味を帯びたと言っても過言ではありません。『なんて素敵にジャパネスク』は全国の受験生に読んでほしい名作!ぶっとんだ主人公瑠璃(るり)姫とそのお相手の高彬(たかあきら)。キーワードは吉野君(よしののきみ)。平安時代へタイムスリップしてみましょう!楽しみながら平安貴族の文化も学べちゃいます。
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 2,442 view
昭和を代表する胸キュン漫画【星の瞳のシルエット】遠回りしまくる登場人物!結局みんなどうなったんだっけ?

昭和を代表する胸キュン漫画【星の瞳のシルエット】遠回りしまくる登場人物!結局みんなどうなったんだっけ?

昭和後半に小学生時代を過ごしていた女子には懐かしすぎる「星の瞳のシルエット」は月刊誌「りぼん」に1985年12月号から1989年5月号まで連載されていました。久住と香澄、そして真理子。はたまた司と沙樹。登場人物の回りに回るこんがらがる関係にイライラ、キュンキュンした方も多いはず!そして時折出てくる星座の名前。その響きになんだかよくわからないけどドキドキしたあの頃。振り返ってみます!

関連する記事こんな記事も人気です♪

一条ゆかり「砂の城」壮大なドラマに酔いしれる

一条ゆかり「砂の城」壮大なドラマに酔いしれる

「有閑倶楽部」や「デザイナー」など、数々のヒット作を生み出す、一条ゆかり先生の傑作と名高い「砂の城」(1977年)。ナタリーという女性の波乱に満ちた人生を描いています。心中・年の差・心の病など、濃密に盛り込まれたドラマ「砂の城」を紹介します。
成瀬梨々 | 96,615 view
【90年代名作上映「Filmarks 90’s」第7弾!】『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』公開25周年記念2月23日(金)より全国上映決定!

【90年代名作上映「Filmarks 90’s」第7弾!】『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』公開25周年記念2月23日(金)より全国上映決定!

国内最大級の映画・ドラマ・アニメのレビューサービス Filmarks(フィルマークス)主催のリバイバル上映プロジェクトにて、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を2月23日(金)より1週間限定で再上映することが決定。
【ポーラテレビ小説】新人女優の登竜門!人気昼ドラマからデビューした女優たち

【ポーラテレビ小説】新人女優の登竜門!人気昼ドラマからデビューした女優たち

かつては、昭和の昼ドラマとしておなじみだったTBSの『ポーラテレビ小説』。1968年から1986年までの18年間放送され、多くの女優がデビューを果たしました。新人女優の登竜門と呼ばれ、出演者は今も活躍する女優ばかり。今回は、本シリーズで主人公を演じ、デビューを果たした女優をご紹介します。
izaiza347 | 1,561 view
【上脇結友】『ぽっかぽか』のあすかが “はは” に!大人になっても活躍する結友ちゃん

【上脇結友】『ぽっかぽか』のあすかが “はは” に!大人になっても活躍する結友ちゃん

かつて放送されていた昼ドラ枠「花王・愛の劇場」の人気シリーズに『ぽっかぽか』というドラマがありました。主人公は、父・母・娘のあったか3人家族。特に話題になったのが娘のあすかで、演じたのが子役デビューしたばかりの上脇結友ちゃんでした。現在も女優として活躍する結友ちゃんを振り返ります。
izaiza347 | 610 view
アイドル系の女優『森下涼子』マスメディアへの出演が無く事実上の引退?

アイドル系の女優『森下涼子』マスメディアへの出演が無く事実上の引退?

1990年に「So-en」で、モデルデビューし、アイドル系の女優「森下桂」として(後に森下涼子に改名)活躍していた森下涼子さん。2005年3月以降事実上の休業状態であるという・・・。気になりまとめてみました。
ギャング | 1,908 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト