ロナウジーニョ【サッカー】輝ける現役時代と引退後の壮絶な現在!
2020年10月14日 更新

ロナウジーニョ【サッカー】輝ける現役時代と引退後の壮絶な現在!

ブラジル代表で笑顔がチャーミングなロナウジーニョに懐かしさを覚える人も多い事でしょう。彼の輝かしい現役時代の栄光と、現役引退後に訪れた壮絶な転落人生の軌跡をお届け。

638 view

ロナウジーニョのプロフィール

ロナウジーニョ - Wikipedia (2228268)

ロナウジーニョ(本名はロナウド・デ・アシス・モレイラ)

生年月日:1980年3月21日
出身地 :ブラジル ポルト・アレグレ
身長  :182cm
利き足 :右利き
ポジション:FWからMFまで様々なポジショニングをとれるユーティリティープレイヤー

一般的に知られているロナウジーニョという名称は本名では無い(詳しくは後述)
プロとして活躍したのは1998年~2016年まで。

バルサ(バルセロナ)での活躍やブラジル代表としての活躍は記憶に新しい方も多いと思います。

ロナウジーニョという愛称の由来

プロフィールでも少し触れましたが、ロナウジーニョは愛称で本名ではありません。

なぜ、ロナウド・デ・ポルト・アレグレはロナウジーニョと呼ばれるようになったのでしょうか。
 (2228274)

その最も大きな理由が、ロナウジーニョよりも先にブラジルの怪物と恐れられた一人の選手の存在があります。

その選手とはロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマ、ブラジルのロナウドと言えばその人とも言える名選手です。

1993年から2011年まで活躍したロナウドは、ロナウジーニョが有名になる頃はすでに一流プレイヤーとして第一線で活躍しており、区別のためにロナウジーニョ(小さなロナウドの意)と呼ばれた事がきっかけになっています。

実はブラジルではこうしたニックネームでサッカー選手を呼ぶ事は多く、小さなロナウドという訳となるロナウジーニョも私たち日本人の感覚でいえば「ロナウドちゃん」という響きに似た親しみを込めた呼び名でもあります。

有名なところでいうと、フッキ(フーキ)やサッカーの神様ペレなども本名ではなくニックネームがそのまま定着した選手です。

確かに、チャーミングな笑顔の印象が強いロナウジーニョが「ロナウドちゃん」と呼ばれ親しまれるのも判る気がしますよね。

往年の名プレイヤーも絶賛するロナウジーニョの才能

古くからのサッカーファンからすると、最近の選手という印象があるロナウジーニョですが、そんな古参ファンでも懐かしさを覚える名選手たちもロナウジーニョの才能を絶賛しています。
ディエゴ・マラドーナ - Wikipedia (2228495)

ロナウジーニョの才能を認めたレジェンドの一人には、あのアルゼンチンの英雄「ディエゴ・マラドーナ」がいます。

過激な発言や行動が取りざたされる事が多いマラドーナですが、ロナウジーニョについては

「間違いなく最高のプレーヤーの一人。楽しそうにプレーする姿はピッチや観客に喜びをもたらす」

と、大絶賛をしています。
ロベルト・リベリーノ - Wikipedia (2228497)

また、こちらも懐かしい「リーバ」の愛称で親しまれたブラジルのロベルト・リベリーノもロナウジーニョの才能を認めています。

ロナウジーニョが得意としているエラシコ(フェイントの一種)を教えたのが、このリベリーノです。

ちなみに、このエラシコという技を開発した人はリベリーノでもありません。

エラシコを開発した最初の男とは、私たち日本人にはお馴染みの
セルジオ越後 - Wikipedia (2228499)

セルジオ越後その人こそが、エラシコの生みの親です。

コリンチャンスでチームメイトだったセルジオ越後からリベリーノがエラシコを教わったと、リベリーノ本人が語っています。

つまり

セルジオ越後⇒リベリーノ⇒ロナウジーニョ と、エラシコという技が受け継がれている事になりますね。

懐かしい選手や、日本でお馴染みの人物がロナウジーニョに関わりがあったと思うと、感慨深いものがあります。

ファンタジスタと呼ばれたロナウジーニョのプレイ

ロナウジーニョはその独創的なプレーとどんなポジションでもこなす器用さから、ファンタジスタと称されていました。

1998年にプロデビューしてから引退するまで8つのクラブを渡り歩きましたが、やはり最も輝いていたのはバルサに在籍していた2003~2008年ごろでしょう。

ロナウジーニョの経歴はすでにご存知の方も多いと思いますので、スーパープレイ動画を中心にファンタジスタと呼ばれる技術の数々を紹介します。

ロナウジーニョの神業プレイ動画

【超えられない壁】ロナウジーニョの異次元テクニック45連発!!

全盛期のロナウジーニョは、パス・ドリブル・シュートのどれを見ても超一流でまさにファンタジスタの名にふさわしい素晴らしいプレイヤーでした。

まるで足に吸い付くようなボールコントロールだけでなく、トリッキーな動きを試合でも魅せるプレーに心躍らせた方も多いのではないでしょうか。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2020/10/15 10:56

    現役時代は魅力的だったが、引退後の凋落ぶりを見て幻滅した感もあるけど、ロナウジーニョに限らず引退後の人生があまりにも壮絶だったアスリートはたくさんいます。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

久保建英がレンタル移籍か?「バジャドリー」で思い出す城彰二の在籍時代

久保建英がレンタル移籍か?「バジャドリー」で思い出す城彰二の在籍時代

久保建英がスペイン1部の名門バジャドリーにレンタル移籍することが濃厚と現地で多数報道。かつては元日本代表の城彰二氏が在籍した同チーム。さらに現オーナーは”怪物”ロナウド氏。今バジャドリーに注目が集まっています。
鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

Jリーグ黎明期に、ジーコに誘われ鹿島アントラーズに入団。相手ゴール前でリフティングを駆使してDFをかわしながら決めたゴールは今も語り草になっている。1994年のワールドカップでは、肘打ちにより退場してしまった、貴公子・レオナルドを特集する。
ひで語録 | 5,175 view
悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

世界最高の左サイドバックと賞賛されると共に、歴代最高の左サイドバックとも評されたロベルト・カルロス。果敢な攻撃参加によりサイドバックの概念を変えた選手とも言われるが、サッカー始めたのはなんと13歳からだった。
ひで語録 | 4,799 view
ヴェルディ川崎でくすぶってたアモローゾ!その後セリエAとブンデスで得点王に!

ヴェルディ川崎でくすぶってたアモローゾ!その後セリエAとブンデスで得点王に!

1992年から1993年まで所属していたアモローゾ。日本ではトップチームでの出場経験はなかったが、その後世界の舞台で大活躍!セリエAやブンデスリーガでは得点王に!セレソン(ブラジル代表)でも活躍したアモローゾの特集!
ひで語録 | 3,201 view
「第13回日本サッカー殿堂」にJリーグ黎明期に鹿島アントラーズで活躍したジーコが選出される!

「第13回日本サッカー殿堂」にJリーグ黎明期に鹿島アントラーズで活躍したジーコが選出される!

日本サッカー協会は第13回日本サッカー殿堂を発表。個人部門ではJリーグ黎明期に鹿島アントラーズで活躍し、その後日本代表監督も務めたジーコが選出された。今回から新設のチーム部門は1936年、ベルリンオリンピック出場の日本代表チームを選出した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト