悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!
2016年12月11日 更新

悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

世界最高の左サイドバックと賞賛されると共に、歴代最高の左サイドバックとも評されたロベルト・カルロス。果敢な攻撃参加によりサイドバックの概念を変えた選手とも言われるが、サッカー始めたのはなんと13歳からだった。

4,377 view

ロベカルことロベルト・カルロス

本名はロベルト・カルロス・ダ・シウバ・ローシャ。
1973年4月10日生まれ。ブラジル・サンパウロ州出身。

元ブラジル代表のDF。
現役時代は世界最高の左サイドバックと賞賛されると共に、歴代最高の左サイドバックとも評される1人。
果敢な攻撃参加によりサイドバックの概念を変えた選手。
ロベカルことロベルト・カルロス

ロベカルことロベルト・カルロス

出典 ameblo.jp
身長は168cm、体重70kg。
利き足は左。

愛称はロベカル、悪魔の左足、風小僧。

ロベカルがサッカーを始めたのは13歳。驚くべきことに、それまでサッカーボールを蹴ったことすらなかったという。

家が貧しかったため、幼少期から家庭を支えていたロベカル。自宅から20kmのところにある繊維工場までいつも走って通っていた(学校への距離も10数kmあったが、走って通学していた)。強烈なフリーキックの基となる脚力はこの頃に培われたのかも知れない。

1996年のアトランタ五輪で日本が勝利した「マイアミの奇跡」の一戦にも出場していた!

1996年の夏に行われたアトランタオリンピックのサッカーグループリーグで、ブラジル代表は、前園真聖や城彰二、中田英寿、川口能活のいた日本代表と対戦した。

意外にもオリンピックでの金メダルを手にしたことのないブラジルは、この大会から認められたオーバーエイジ枠をフル活用し、ベベット、リバウド、アウダイールといったA代表のレギュラーを揃え、本気モードで日本と対戦した。
また、23歳以下の選手に限ってみてもロベカルはじめ、怪物ロナウド、ジュニーニョ・パウリスタ、サヴィオ、フラビオ・コンセイソンといったすでにA代表で活躍している若手選手が多く選ばれていた。

一方の日本代表はオーバーエイジを使用せず、23歳以下の若手で出場。下馬評では圧倒的にブラジル優位の試合とされていた。
ブラジル代表リバウドを取り囲む日本の選手達

ブラジル代表リバウドを取り囲む日本の選手達

ベベト、サヴィオ、ジュニーニョらの技巧と、リバウド、ロベルト・カルロスらの破壊力を織り交ぜた4-4-2のフォーメーションで試合に臨んだブラジル代表。試合は予想通り、圧倒的なブラジルペースで進んでいった。
しかし、GK川口の超ファインセーブもあり、次々と日本のゴールへと襲い掛かってくるブラジル代表の攻撃陣の波状攻撃を何とかしのいでいた。
すると、後半27分にブラジルDFとGKの間に飛んだ路木龍次からの山なりのボールが、相手のミスを誘った。ブラジル代表の選手同士が衝突し、ゴール前へとこぼれたボールを伊東輝悦が決めた。

この試合、ロベカルは縦横無尽に動き回り、得意の強烈なフリーキックをみせるなどするが、ゴールは生み出せなかった。

マイアミの奇跡 Full Match 日本vsブラジル アトランタ五輪

30:28~ ロべカルの弾丸フリーキックのシーン。

キーパーも動けない強烈なフリーキック!まさに悪魔の左足!!

とりわけ有名なのは、1997年の対フランス代表戦で見せたフリーキック。

ゴール右に大きく反れると思われたボールは、左方向へ鋭くカーブを描きフランスの名GKバルテズをあざ笑うかのようにネットへ吸い込まれていきました。

ロベルト・カルロス 伝説のフリーキック 対フランス

”ゴール前約35mの地点から、長い助走から左足で放たれたシュートは、ボールが一旦右に行った後、左方向に鋭くカーブして、ゴールポストに当たり、入った。仏代表GKバルテズは一歩も動けなかった。

このフリーキックは秒速30m程度と推定され、回転数が少ないことからボールの中心近くからインステップ気味のアウトサイドキックで蹴ったものと思われる。

フランスの物理学者たちは、まるで物理学を無視するかのようなこのフリーキックを一丸となって解明しようとし、2010年、遂に数学的に解明した(35m程度のゴールまでの十分な距離があることと十分な力でボールを蹴ること、この2条件を満たすことが出来れば、誰でもこのらせん形の軌道を実現出来ると証明)。”
(wikipediaより引用)

≪他にもある破壊力抜群のフリーキック動画≫

ロベルト・カルロス至近距離からの殺人的フリーキック

ロベルト・カルロス 驚愕のフリーキック、壁まったく動けず!!

ロベカルことロベルト・カルロスが教えるフリーキックの蹴り方

「UEFA.com」動画内で、ロベカルのインタビューがある。そこで彼はフリーキックにおけるコツを話している。

ポイントは3つ。
まずはボールの置き方を工夫するというもの。ボールのもっとも硬い部分である空気穴を手前にしてボールを置くことが重要で、そうすると強いシュートが撃ち易くなる。

次はボールの蹴り方。インサイドから蹴るパターン、アウトサイドから蹴るパターン、そしてゴールに向けてまっすぐ蹴るパターンと3つに分類した上で、「足をボールにこするように当てて、小指、薬指、中指を引っ掛けてキックする」そう。それが彼自身の得意な蹴り方だという。

最後は狙ったところにボールを当てる練習をすること。Tシャツをゴールバーに引っかけて当てる。命中したら位置をずらしてまた狙う。その練習を毎日続ける。それが大事だと述べている。
「UEFA.com」動画の1シーン

「UEFA.com」動画の1シーン

ブラジル代表へ14年間に渡り選出!!

1992年2月26日、アメリカ代表との国際親善試合でブラジル代表デビュー。以来、125試合出場で24得点を記録。

1998 FIFAワールドカップフランス大会では7試合全試合に出場。続く、2002 FIFAワールドカップ南米予選ではパラグアイ代表のゴールキーパー・チラベルトから顔に唾を吐きかけられた。チラベルトはこの件で国際サッカー連盟から3試合出場停止処分を受けたが、この行為に至った経緯に人種差別発言があったことを示していた。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【サッカー日本代表】ブラジル撃破!「マイアミの奇跡」を徹底解説!!

【サッカー日本代表】ブラジル撃破!「マイアミの奇跡」を徹底解説!!

1996年、日本サッカー「マイアミの奇跡」。震えましたね、あの試合は。ブラジルのシュートが28本、日本は4本という一方的な試合。にも関わらずワンチャンスをモノにしたあの試合は、いまでも忘れられません。いつの日かワールドカップでブラジル撃破を!!
青春の握り拳 | 29,306 view
生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

1998年に中田英寿がサッカー日本代表にデビューし、初のワールドカップ出場へと導いた。その頃の彼はメディアに対して明らかに懐疑的だった。クールな態度が生意気ともされた中田による名言集『中田語録』から中田らしい言葉をいくつかご紹介する。
ひで語録 | 3,619 view
鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

Jリーグ黎明期に、ジーコに誘われ鹿島アントラーズに入団。相手ゴール前でリフティングを駆使してDFをかわしながら決めたゴールは今も語り草になっている。1994年のワールドカップでは、肘打ちにより退場してしまった、貴公子・レオナルドを特集する。
ひで語録 | 4,299 view
狙ったボールは逃がさない!守備の達人!フランス代表マケレレ

狙ったボールは逃がさない!守備の達人!フランス代表マケレレ

小柄ながらハードなマークでボールを奪った守備的MFクロード・マケレレ。フランス代表やレアル・マドリード、チェルシーで活躍した。中盤の底のポジションは「マケレレロール(Makélélé Role)」と呼ばれた。
ひで語録 | 2,975 view
世界最高のサッカー選手だったレアルのジダン監督!長男が公式戦デビューでいきなり初ゴール!

世界最高のサッカー選手だったレアルのジダン監督!長男が公式戦デビューでいきなり初ゴール!

1998年のワールドカップで開催国フランスを優勝に導いたジネディーヌ・ジダン(44)現レアルマドリード監督。その長男MFエンソ・ジダン(21)が公式戦のデビューで、いきなり初ゴールを挙げる活躍をみせた。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト