高橋留美子の連載作品は全部で6作。全てアニメ化されてるんです。
2019年3月22日 更新

高橋留美子の連載作品は全部で6作。全てアニメ化されてるんです。

高橋留美子の連載作品は僅かに6作品しかありません。少ない!作品数だけ見ると少ない。しかし、それも納得です。なんと言っても全てが大ヒット作なので長期連載となっているからですね。しかも、全てがアニメ化されているなんて。もう神の領域に居るようです。

6,166 view

高橋留美子

神としか言いようがない、そんな人っていますよね。高橋留美子、彼女もその一人かもしれません。何でも高橋留美子が描くラムちゃんやかごめなどのヒロインのスタイルは、ご自身をモデルとしているのだそうです。神決定!
高橋留美子

高橋留美子

1957年10月10日 新潟県新潟市生まれ
人気漫画家としての揺るぎない地位を確立している高橋留美子。キャリアは既に40年を超えています。そんな高橋留美子が定期連載した作品は全部で6作。意外と少ない。それも納得なのは全てが人気作なため連載期間が長いからなんですね。また、その6作品は全てアニメ化されているというからスゴイです。
では、その6作、順にご紹介しましょう。

うる星やつら

1978年、投稿作「勝手なやつら」が第2回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞したことで、その年「うる星やつら」の連載がスタートします。
もういきなり傑作をモノにしてしまうんですからね。スゴイです。
うる星やつら

うる星やつら

少年サンデーコミックス
全34巻
高橋留美子の連載作品は全て改めて説明をする必要がない認知度の高いものばかり。マニアックなファンも多いので尚更説明の必要はないと言えるでしょう。
が、あえて書き記しておくと、「うる星やつら」が少年サンデーに連載されたのは1978年39号~1987年8号 。なのですが、連載当初は高橋留美子がまだ大学生であったことから週刊連載ではなく、毎週連載されるようになったのは1980年の第23話「トラブルは舞い降りた!!」からです。

そしてアニメは1981年10月14日~1986年3月19日まで全195回(全218話 + スペシャル)、フジテレビ系列で放送されました。

うる星やつら 章1

劇場用映画として、「うる星やつら オンリー・ユー」「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」「うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ」「うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー」「うる星やつら 完結篇(原作 - 最終章「ボーイ・ミーツ・ガール」)」「うる星やつら いつだってマイ・ダーリン」の6作品が公開されています。

めぞん一刻

「うる星やつら」の主人公・諸星あたるが女たらしのスケベな少年だったのに対し、正反対の純情で奥手の青年を主人公とし、これまた大ヒットしたのが定期連載作品の2作目「めぞん一刻」。
「ビッグコミックスピリッツ」に1980年11月創刊号から1987年19号まで掲載されました。
めぞん一刻

めぞん一刻

ビッグコミックスピリッツ
全15巻
一刻館という名の古い木造アパートに住む五代裕作と、そこの管理人にして未亡人である音無響子を中心としたラブストーリー。全国の内気な男たちはこの主人公にシンパシーを憶えたことでしょう。物語は一刻館に住む癖の強い他の住人達を巻き込み群像劇となっていきます。

高橋留美子がスゴイのは大学を卒業したとはいえ、というか卒業と同時に「うる星やつら」と「めぞん一刻」を並行して2本同時連載していることです。
で、アニメの方も好調で、1986年3月26日~1988年3月2日までフジテレビ系列で全96話放映されました。

めぞん一刻

残念なことにアニメでは自主規制により性に関する表現がカットされたり変更されたりしています。そして変更と言えばヒロイン音無響子の性格設定も違っており、漫画にあった焼きもちやきの一面などが無くなっているんです。そこが魅力だったのにィ~という気がしますがね。

らんま1/2

1987年は、冬に「うる星やつら」を、春には「めぞん一刻」を相次いで終了し、夏からは「らんま1/2」の連載が始まります。
水を被ると女になってしまう格闘家の少年という奇妙な設定の「らんま1/2」。しかもこの少年には親同士が決めた許婚がいるという。よくもまぁこんな設定を考え付いたものですね。
らんま1/2

らんま1/2

少年サンデーコミックス
全38巻
「らんま1/2」は、少年サンデーに1987年36号~1996年12号まで掲載されていました。高橋留美子はプレッシャーを感じないんですかね?「うる星やつら」の次回作ですからねぇ、普通は相当なものでしょう、プレッシャー。
結果「らんま1/2」は大ヒットします。単行本の発行部数は累計で約5300万部と言われていますからね。凄いです。で、アニメの方は1989年4月15日~9月16日まで、以降は「らんま1/2 熱闘編」として1992年9月25日まで放送されました。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • AAA 2019/3/23 10:08

    >半妖。半分妖怪という意味ですが、現在では様々なところで耳にするようになっていますが、そもそもは「犬夜叉」で高橋留美子が考案した造語なんです。功績でかいです。

    半妖は、水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」で出ていますけど。
    ねずみ男が半妖ですよね。ネコ娘もかな。

    ジョニー 2019/3/23 09:25

    OAV ✖️
    OVA ⭕️

    2019/3/23 09:20

    凄いっ◎

    タルタル 2019/3/22 20:48

    高橋留美子の単行本は全て初版本で大切に保管してあります‼️
    今後とも良い作品を爆誕して下さい‼️

    すべてのコメントを見る (4)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『らんま1/2』『うる星やつら』etc. 高橋留美子作品のキャラグッズ「るーみっくコレクション」第3弾発売決定!

『らんま1/2』『うる星やつら』etc. 高橋留美子作品のキャラグッズ「るーみっくコレクション」第3弾発売決定!

高橋留美子作品『うる星やつら』や『らんま 1/2』『犬夜叉』のキャラクターたちがデフォルメグッズになった「るーみっくコレクション」の第3弾が発売される。
FOCUS | 1,400 view
高橋留美子の読み切り「今夜 彼女がやってくる」が6年ぶりにスピリッツ降臨!!

高橋留美子の読み切り「今夜 彼女がやってくる」が6年ぶりにスピリッツ降臨!!

スピリッツ35周年企画の一環として、「うる星やつら」や「めぞん一刻」などを手掛ける人気漫画家の高橋留美子が手がける読み切り漫画が6月6日に掲載される。ラブをテーマに扱った作品だ。
red | 7,064 view
「うる星やつら」や「めぞん一刻」など「るーみっくわーるど」の世界

「うる星やつら」や「めぞん一刻」など「るーみっくわーるど」の世界

天才漫画家・高橋留美子の足跡とアニメ作品を駆け足で紹介!
BMイワ王 | 13,941 view
80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

懐かしい80年代の甘酸っぱい青春時代の記憶と当時の空気感も満喫できる不朽の名作『めぞん一刻』など少年誌の「ラブコメ」作品を振り返ってみましょう。名作は色あせず。昭和臭がむしろ良いですねえ。
ガンモ | 35,486 view
高橋留美子のプロデビュー前のペンネーム「けも・こびる」とは?

高橋留美子のプロデビュー前のペンネーム「けも・こびる」とは?

日本を代表する女性漫画家・高橋留美子。ミドルエッジ世代であれば誰もが彼女の作品に触れたことがあるでしょう。そんな彼女が1978年に「勝手なやつら」でデビューする前に、別名義で同人活動をしていたのを皆さんご存知でしょうか?この記事では、高橋留美子の別名義での作品にスポットを当ててみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト