昭和のスーパースター!ピンクレディー!
2016年2月19日 更新

昭和のスーパースター!ピンクレディー!

昭和の大スター「ピンクレディー」。日本中が熱狂しました。 現代のアイドルブームとは桁が違う!時代を駆け抜けた2人、ミーとケイを改めて紐解いてみました。

10,367 view

出会い

ミー(本名:根本美鶴代・1958年3月9日生まれ)とケイ(増田恵子・1957年9月2日生まれ)。
静岡出身の2人。
出会いは、共に家庭の事情で転入した静岡市の末広中学でした。
コーラス部のミーとバスケ部のケイ。
同じ学校に通いながらも接点のないまま1年以上が過ぎました。
そして中学3年になって間もなく、2人に運命とも思えるのアクシデントが起こったのです。
ミーは、打ちこんでいたコーラス部が廃部になり、その後演劇部へ。
ケイは、バスケ部の練習中に転倒し、脊髄がずれる大怪我を負います。試合目前だったので怪我を隠して練習を続けてしまい、歩けなくなる程に症状は悪化。結局泣く泣くバスケ部を退部する事になりました。
そしてその後、ミーのいる演劇部入部しました。
こうして出会った2人。文化祭での演目で姉妹役を演じたことをきっかけに急接近し、やがて2人で同じ夢を追いかけ始めるのでした。

スター誕生!

中学を卒業した2人は、同じ高校に進学しました。
元々歌が得意だった2人はヤマハ主催のオーディションに出場して見事合格。揃って特待生としてボーカルスクールに通い始めました。
当時は「クッキー」という名のデュオで活動していましたが、プロ歌手への道は遠く厳しいものでした。
高校3年生。当時話題のテレビ番組「君こそスターだ!」に出場するも本線で敗退。
それでも『絶対にプロの歌手になる!』という強い気持ちで挑んだ「スター誕生」で見事に合格!
文字通り、後に日本中に大旋風を巻き起こすスターが誕生したのです。

ピンクタイフーン巻き起こる!

1976年8月25日 ピンクレディーがデビューしました。
作詞家の阿久悠、作曲家の都倉俊一、振付師の土居甫らがチームを組み、発売されたデビュー曲「ペッパー警部」が大ヒット!
当時のアイドルの主流は保守的。清楚で素朴でした。
そんな中、従来のアイドルとはまるで真逆のスタイルで現れたのがピンクレディーでした。
露出度の高い奇抜な衣装、斬新な曲、そして「太ももパカパカ」などと言われた大胆な振り付け。
日本中にピンクレディーフィーバーが巻き起こりました。
特に子供達は、ピンクレディーの歌は歌えて当たり前、踊れて当たり前。
『私ミーやる!』『私ケイやる!』と、教室の机を舞台に歌い踊りました。

その年の暮れ、デビューして間もないピンクレディーが、レコード大賞新人賞を見事受賞したのです。

YouTube

デビュー曲『ペッパー警部』(1976年)
出典 youtu.be

YouTube

第2弾シングル「SOS」も大ヒット!初のオリコン1位に!
出典 youtu.be

大ヒット続出!全22曲 シングル一覧

 (1577654)

「ペッパー警部」
1986.8.25発売 売上 604,980枚

今までにない斬新な曲と大胆な踊りで登場したデビュー曲!
 (1577667)

「SOS」
1976.11.25発売 売上645,300枚
初のオリコン1位に!

イントロのモールス信号(SOS)が放送禁止になるというエピソードも話題になりました。
 (1577677)

「カルメン'77」
1977.3.10発売 売上 663,000枚
5週連続オリコン1位に。

歌いだしの、両腕を正面に繰り出して『カルメ~ン♪』が、前の2曲とはガラッと違う大人の色気で、こちらも大ヒット!
 (1577788)

「渚のシンドバッド」
1977.6.10発売 売上 1,000,280枚
初のミリオン達成!8週連続オリコン1位

どの曲もそうですが、ピンクレディーはとにかく踊りが覚えやすい!そして踊りたくなる!
軽快なナンバーこの曲。ジャケットの片足でピョンピョンするポーズは、イントロでの印象的な振り付けです。
 (1577820)

「ウォンテッド」
1977.9.5発売 売上 1,200,860枚
ミリオン達成。12週連続オリコン1位。

ジャケットは可愛らしいですが激しい振りつけが印象的な曲です。
2人がマイクをクロスさせてしっとりした歌い出し、かと思いきや、すぐに曲調が激変!
ゾンビが掴みかかってくる様な(?)激しい振り付けで『ウォンテッド!!』
途中声色を変えてのフレーズもありと、これでもかこれでもかと展開していきます。
今聴いてもかっこいい!非常に聴きごたえ、見ごたえのある曲です。
 (1577845)

「UFO」
1977.12.5発売 売り上げ 1,553,890枚
ミリオン達成。10週連続オリコン1位。
第20回日本レコード大賞 大賞受賞
FNS歌謡祭 最優秀ヒット賞受賞

ピンクレディーのシングル売り上げ第1位!
知らない人はいない!と言ってもいいでしょう。とにかく大ヒット!
曲、1度見たら忘れられない斬新でユニークな踊り、そしてスパンコールがキラキラのレオタードの様な衣。
どれもすごかった!
みんなが歌えてみんなが踊れるピンクレディーの代表曲!
 (1577880)

「サウスポー」
1978.3.25発売 売り上げ 1,460,360枚
ミリオン達成。9週連続オリコン1位。
第9回日本歌謡大賞 放送音楽賞・歌謡大賞受賞。
第4回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 ベストアクション賞受賞。
FNS歌謡祭 優秀歌謡音楽賞受賞

この曲もとにかく流行りました。
モデルになったのは、当時ライオンズに所属していた永射保さん。
振り付けにある投球フォームがアンダースロー気味なのは、永射投手を真似たからです。
冒頭の歌詞では、サウスポーのピッチャーが対決する相手が登場します。
『背番号1のすごい奴が相手 フラミンゴみたい ちょいと1本足で♪』
この’’すごい奴’’は、当時通算本塁打数世界一の記録を打ちだしていた読売ジャイアンツの王貞治さん(現在はソフトバンク球団会長)だと言われています。
1977年のオールスター戦で、永射投手は大きなカーブで王選手を三振に仕留めました。
歌詞の中の『魔球はハリケーン♪』とは、この時の投球の事なのです。
 (1578023)

「モンスター」
1978.6.25発売 売り上げ 1,102,050枚
5曲連続ミリオン達成 8週連続オリコン1位

モンスターの声『ワッハハハ ワッハハハ』
ミーとケイ『キャー!キャー!』
この始まり方は子供達にとってはなかなか怖いものでした。
このモンスターの声、実は作曲家の都倉先生だったのでした。
B面に収められた「キャッチ リップ」は、「モンスター」とは真逆のさわやかでキュートなラブソング。雪印のアイスクリーム『宝石箱』のCMソングとして有名でした。
 (1578033)

「透明人間」
1978.9.9発売 売り上げ 886,270枚
4週連続オリコン1位

サビの『透明人間♪』の歌詞に合わせて、両手で雪だるまを描くような振り付けが印象的でした。
ある歌番組では、『消えますよ~♪』のところで、2人が透明になりながら最後には本当に消えてしまった!なんてこともありました。
ちなみにこちらのB面「スーパーモンキー孫悟空」は、当時大人気のドリフターズがパペットで登場するテレビ人形劇『飛べ!孫悟空』のテーマソングでした。
 (1578177)

「カメレオン・アーミー」
1978.12.5発売 売り上げ 707,570枚
6週連続オリコン1位

親衛隊の事を歌った曲です。
女王様的な攻撃的歌詞と、テンポよく刻まれるリズムがかっこいいです。
歌番組では、カメレオンのように衣装の色が様々に変化するなどの凝った演出もありました。
 (1578200)

「ジパング」
1979.3.9発売 売り上げ 268,940枚

「S・O・S」以来獲得し続けていたオリコン連続1位記録が、この曲で途絶えました。
オリコン最高4位止まり。
”ジパング”とは、その昔、黄金の島と呼ばれていた日本の事。このタイトルで覚えた子供がたくさんいました。
当初の衣装は2人揃って金色のベストとスカートでしたが、その後ミーは男性の海賊、ケイは女性の海賊の衣装に変わりました。
ふたりが違う衣装をきたのは「ジパング」が初めてです。

この曲は2009年に米米クラブがカバーしています。
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 15,260 view
大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 30,756 view
80年代を代表するグラマラスアイドル!柏原芳恵がクリスマスディナーショーで大人の魅力を披露します!!

80年代を代表するグラマラスアイドル!柏原芳恵がクリスマスディナーショーで大人の魅力を披露します!!

「自然のゆらぎを五感で味わうTOKYO ISLAND RESORT」をコンセプトとする第一ホテル東京シーフォートは、たおやかでうるおいのあるヴォーカルが今なお健在の柏原芳恵によるクリスマスディナーショーの開催を決定しました。
隣人速報 | 6,892 view
中森明菜本人が語った!!『テレビ出演のオファーが来ない理由』!?

中森明菜本人が語った!!『テレビ出演のオファーが来ない理由』!?

中森明菜さんと言えば2010年に体調不良により芸能活動の無期限休止を発表。それ以降メディア出演は元より、公の場へ一切姿を現していませんでした。そんな明菜さんが年に1度のディナーショーで理由を語られています。
ギャング | 27,506 view
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 815 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト