【黒歴史?】プリンセスプリンセスは売れない時期にアイドルとして活動していた
2017年4月21日 更新

【黒歴史?】プリンセスプリンセスは売れない時期にアイドルとして活動していた

Diamonds」「世界でいちばん熱い夏」「M」など多数のヒット曲で知られる、 一世を風靡したガールズバンド、プリンセスプリンセス。 実は売れる前に紆余曲折があったことをご存知ですか?

16,222 view

そもそも「プリプリ」という名前ですらなかった!

赤坂小町って知ってます?

「Diamonds」「世界でいちばん暑い夏」「M」など多数のヒット曲で知られる、
80年代後半~90年代前半に一世を風靡したガールズバンド、プリンセスプリンセス。
ガールズバンドとしては、日本で最も商業的に成功したグループと言われています。
そんな彼女たちですが、実は売れない時代が長くあったことをご存知でしょうか?
まずは彼女たちのデビューの経緯からご説明します。
TDKが企画したオーディション

TDKが企画したオーディション

ガールズバンド結成のための楽器ごとのオーディションがTDKレコード主催で行われ、5人のメンバーが選出されて結成。当初のバンド名は「赤坂小町(あかさかこまち)」。このバンド名の由来については、「当時のTDKレコードの所在地であった『赤坂』から」、「『漢字4文字のバンド名をつけてほしい』と依頼されたある雑誌編集者によって名付けられた」、「雑誌上での公募で付けられた」など多くの説がある。
1983年、彼女たちはオーディションで集められました。友達同士で結成したバンドではなかったんです。
そのTDKの主催で行われたオーディションに合格した5名がプリプリのメンバーなのですが、最初に名乗ったのは「赤坂小町」というバンド名でした。

1984年、赤坂小町としてデビュー!

本格的なガールズロックバンドの誕生か??

デビューシングル「放課後授業」のジャケット

デビューシングル「放課後授業」のジャケット

赤坂小町 「放課後授業」pv

レコードのジャケットを見る限り、本格的なロック志向のバンドに見えなくもないですが、
当時の希少なプロモーションビデオを見ると、んん??
おニャン子クラブとかが歌っててもおかしくなさそうな曲ですけど・・・
バンドとして売り出したいのではなかったんでしょうか?

おはようスタジオ1984年03月15日オープニング

放課後授業をテレビで演奏した時の超貴重な映像がyoutubeに残っていました!

3rdシングルではアニソンに挑戦!

コアラボーイコッキィの主題歌を担当

「コアラボーイコッキィ」のジャケット

「コアラボーイコッキィ」のジャケット

激レアの新品のEPが出品されていました。
開始価格はなんと5万円!
古いレコードの新品はまず見かけないので納得の価格でしょうか?

赤坂小町 (プリンセスプリンセス) コアラボーイ コッキィ

こちらも超貴重なテレビ出演時の映像。
楽曲はともかく、とりあえずビジュアル的にはバンドっぽくなってきたような。
当初のアイドル歌謡路線(?)で売れなかったためか、サードシングルはアニソン方面へと方針転換をしてきました。
しかし、こちらでも成功せず・・・

プリプリ、グラビアアイドルになる。

アイドル雑誌「BOMB!」に登場しました

 (1857924)

1985年、ブレイクとは程遠い状態の「赤坂小町」に業を煮やした当時の事務所の方針でしょうか、有名アイドル雑誌の「BOMB!」や男性向け月刊誌「PENTHOUSE」などに、なんとグラビアアイドルとして登場しました!
とはいえ、上に掲載した写真以上の物は撮影しなかったようですが・・・

汚れ仕事の一環で・・・

そして改名へ・・・!

所属事務所を移籍!

1985年、アイドル色の強い仕事、楽曲ばかりを事務所に押し付けられた彼女たちは、
さすがに事務所に見切りをつけて事務所を移籍しました。
そして新しい事務所で心機一転するためにバンド名も変更しました!
その名は・・・


JULIAN MAMA(ジュリアン・ママ)


あれ?プリンセスプリンセスではないの?

二度目の改名へ・・・!

今度こそ・・・

1986年、赤坂小町→JULIAN MAMAと変遷してきた彼女たちはついに「PRINCESS PRINCESS」と名乗り始めます。
作詞作曲を自分たちでこなし、当初の目標であったであろうガールズロックバンドとしての
道を歩み始めました。
そしてヒット曲を量産するスーパーグループへと成長していったんです。
今までの苦労が実った時の彼女たちの感動は計り知れぬものがありますね。

世界でいちばん熱い夏 - PRINCESS PRINCESS

「プリプリ」としてのセカンドシングル。
最終的に80万枚を売り上げる大ヒット作に!

で、「赤坂小町」時代の音源って今でも聞けるの?

実はCDが出てます!

 (1857932)

赤坂小町時代の音源ですが、当時の発売元のTDKがCD化しています。
ですが今は廃盤。やはりプリプリ側からクレームがあったんでしょうか?
中古の相場はここ数年は2000~4000円前後を推移しているので入手はしやすいです。
デビュー曲からブレイクするグループもあれば、プリプリのように紆余曲折を経てブレイクするグループもあります。
プリプリの場合は後者だったわけですが、心が折れずに売れるまで頑張りぬいた彼女たちは素晴らしいと思いますね。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

朝ドラ「半分、青い。」に登場する漫画「東京のカサノバ」が懐かしい!

朝ドラ「半分、青い。」に登場する漫画「東京のカサノバ」が懐かしい!

東京のカサノバは、くらもちふさこ氏の少女漫画作品で、「別冊マーガレット」(集英社)にて1983年8月号〜1984年5月号まで連載されました。 朝ドラ「半分、青い。」内では「秋風羽織」の名義で作者が登場し、主人公・楡野鈴愛に大きな影響を与えるようになります。
パンタといえば知る人ぞ知る存在かもしれませんが、更に知る人ぞ知る存在かもしれないPanta & HAL は、知らないと後悔するよ!

パンタといえば知る人ぞ知る存在かもしれませんが、更に知る人ぞ知る存在かもしれないPanta & HAL は、知らないと後悔するよ!

パンタと聞いてピンとくる人は余程の音楽好きだと思われます。更にそのパンタが70年代後半からやっていたPANTA & HALとなると、知っている人は音楽好きというよりもマニアの域に達していると言ってもいいかもしれません。しかし、知っていて損はなし!というよりも、知らないと後悔するかもですよ。
obladioblada | 192 view
清純、可憐にしてヌードも辞さない栗原小巻。改めて見てみると、やっぱり美人ですなぁ。

清純、可憐にしてヌードも辞さない栗原小巻。改めて見てみると、やっぱり美人ですなぁ。

文句なしに美人ですよね。栗原小巻。吉永小百合が主演を辞退した映画「忍ぶ川」では、ヌードになり濡れ場を演じて大きな評価を得ました。可憐ではかなげな容姿はコマキストにはたまらんところです。
obladioblada | 2,018 view
ピンク・レディー解散後の方がキレイ。90年代のケイちゃんこと増田恵子は、セクシーだったんだなぁ。

ピンク・レディー解散後の方がキレイ。90年代のケイちゃんこと増田恵子は、セクシーだったんだなぁ。

年を取ってからの方がキレイという女性がいますね。ケイちゃんこと増田恵子もその一人ではないでしょうか?!いえ、勿論ピンク・レディー時代も可愛かったです。スタイルも良かった。しかし解散後、90年代初頭の増田恵子はセクシーだったんですよねぇ。
obladioblada | 1,299 view
鈴木清順監督が持てる才能の全てを注込んで挑んだ怪奇幻想譚「陽炎座」。

鈴木清順監督が持てる才能の全てを注込んで挑んだ怪奇幻想譚「陽炎座」。

「三度びお会いして、四度目の逢瀬は恋になります。死なねばなりません。」このセリフが全てか?!独特な映像美と難解な物語。まるで悪夢を見ていつような異様な緊張感を持った鈴木清順監督の代表作のひとつ「陽炎座」です。傑作中の傑作。現在では作ることが不可能と思える映画らしい映画です。
obladioblada | 465 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト