2017年4月21日 更新

【黒歴史?】プリンセスプリンセスは売れない時期にアイドルとして活動していた

Diamonds」「世界でいちばん熱い夏」「M」など多数のヒット曲で知られる、 一世を風靡したガールズバンド、プリンセスプリンセス。 実は売れる前に紆余曲折があったことをご存知ですか?

14,379 view

そもそも「プリプリ」という名前ですらなかった!

赤坂小町って知ってます?

「Diamonds」「世界でいちばん暑い夏」「M」など多数のヒット曲で知られる、
80年代後半~90年代前半に一世を風靡したガールズバンド、プリンセスプリンセス。
ガールズバンドとしては、日本で最も商業的に成功したグループと言われています。
そんな彼女たちですが、実は売れない時代が長くあったことをご存知でしょうか?
まずは彼女たちのデビューの経緯からご説明します。
TDKが企画したオーディション

TDKが企画したオーディション

ガールズバンド結成のための楽器ごとのオーディションがTDKレコード主催で行われ、5人のメンバーが選出されて結成。当初のバンド名は「赤坂小町(あかさかこまち)」。このバンド名の由来については、「当時のTDKレコードの所在地であった『赤坂』から」、「『漢字4文字のバンド名をつけてほしい』と依頼されたある雑誌編集者によって名付けられた」、「雑誌上での公募で付けられた」など多くの説がある。
1983年、彼女たちはオーディションで集められました。友達同士で結成したバンドではなかったんです。
そのTDKの主催で行われたオーディションに合格した5名がプリプリのメンバーなのですが、最初に名乗ったのは「赤坂小町」というバンド名でした。

1984年、赤坂小町としてデビュー!

本格的なガールズロックバンドの誕生か??

デビューシングル「放課後授業」のジャケット

デビューシングル「放課後授業」のジャケット

赤坂小町 「放課後授業」pv

レコードのジャケットを見る限り、本格的なロック志向のバンドに見えなくもないですが、
当時の希少なプロモーションビデオを見ると、んん??
おニャン子クラブとかが歌っててもおかしくなさそうな曲ですけど・・・
バンドとして売り出したいのではなかったんでしょうか?

おはようスタジオ1984年03月15日オープニング

放課後授業をテレビで演奏した時の超貴重な映像がyoutubeに残っていました!

3rdシングルではアニソンに挑戦!

コアラボーイコッキィの主題歌を担当

「コアラボーイコッキィ」のジャケット

「コアラボーイコッキィ」のジャケット

激レアの新品のEPが出品されていました。
開始価格はなんと5万円!
古いレコードの新品はまず見かけないので納得の価格でしょうか?

赤坂小町 (プリンセスプリンセス) コアラボーイ コッキィ

こちらも超貴重なテレビ出演時の映像。
楽曲はともかく、とりあえずビジュアル的にはバンドっぽくなってきたような。
当初のアイドル歌謡路線(?)で売れなかったためか、サードシングルはアニソン方面へと方針転換をしてきました。
しかし、こちらでも成功せず・・・

プリプリ、グラビアアイドルになる。

アイドル雑誌「BOMB!」に登場しました

 (1857924)

1985年、ブレイクとは程遠い状態の「赤坂小町」に業を煮やした当時の事務所の方針でしょうか、有名アイドル雑誌の「BOMB!」や男性向け月刊誌「PENTHOUSE」などに、なんとグラビアアイドルとして登場しました!
とはいえ、上に掲載した写真以上の物は撮影しなかったようですが・・・

汚れ仕事の一環で・・・

そして改名へ・・・!

所属事務所を移籍!

1985年、アイドル色の強い仕事、楽曲ばかりを事務所に押し付けられた彼女たちは、
さすがに事務所に見切りをつけて事務所を移籍しました。
そして新しい事務所で心機一転するためにバンド名も変更しました!
その名は・・・


JULIAN MAMA(ジュリアン・ママ)


あれ?プリンセスプリンセスではないの?

二度目の改名へ・・・!

今度こそ・・・

1986年、赤坂小町→JULIAN MAMAと変遷してきた彼女たちはついに「PRINCESS PRINCESS」と名乗り始めます。
作詞作曲を自分たちでこなし、当初の目標であったであろうガールズロックバンドとしての
道を歩み始めました。
そしてヒット曲を量産するスーパーグループへと成長していったんです。
今までの苦労が実った時の彼女たちの感動は計り知れぬものがありますね。

世界でいちばん熱い夏 - PRINCESS PRINCESS

「プリプリ」としてのセカンドシングル。
最終的に80万枚を売り上げる大ヒット作に!

で、「赤坂小町」時代の音源って今でも聞けるの?

実はCDが出てます!

 (1857932)

赤坂小町時代の音源ですが、当時の発売元のTDKがCD化しています。
ですが今は廃盤。やはりプリプリ側からクレームがあったんでしょうか?
中古の相場はここ数年は2000~4000円前後を推移しているので入手はしやすいです。
デビュー曲からブレイクするグループもあれば、プリプリのように紆余曲折を経てブレイクするグループもあります。
プリプリの場合は後者だったわけですが、心が折れずに売れるまで頑張りぬいた彼女たちは素晴らしいと思いますね。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユーミンが呉田軽穂の名前で他のアーティストに提供した曲は、それはもう名曲ばかり!

ユーミンが呉田軽穂の名前で他のアーティストに提供した曲は、それはもう名曲ばかり!

ユーミンこと松任谷由実は、結婚前の荒井由実時代から素晴らしい曲を様々なアーティストに提供しています。中でもネームバリューを活かさずに曲だけで評価されたいということから呉田軽穂というペンネームで発表した曲はさすがに名曲ばかりです。
obladioblada | 5,663 view
70年代、80年代のクリスマスソングを集めてみました!一足早くクリスマス気分に浸れますよ。

70年代、80年代のクリスマスソングを集めてみました!一足早くクリスマス気分に浸れますよ。

古今東西、多くのミュージシャンがクリスマスソングを歌っていますが、70年代、80年代のクリスマスソングは中でも飛びっきりの名曲揃いです。クリスマス気分が盛り上がること間違いありません!
obladioblada | 537 view
「ザ・カセットテープ・ミュージック」年末特別W企画放送!12月1日『輝く!日本カセットテープ大賞』 12月8日『カセットテープ紅白歌合戦』

「ザ・カセットテープ・ミュージック」年末特別W企画放送!12月1日『輝く!日本カセットテープ大賞』 12月8日『カセットテープ紅白歌合戦』

マキタスポーツ & スージー鈴木の名コンビが80年代歌謡曲から 勝手に各賞授与&楽曲対決!?全国無料放送のBS12トゥエルビの番組「ザ・カセットテープ・ミュージック」の年末特別企画です!
80年代前半、それまでにはなかった独特のセンスで爆笑させてくれた“スネークマンショー”。今聞いても笑えます!

80年代前半、それまでにはなかった独特のセンスで爆笑させてくれた“スネークマンショー”。今聞いても笑えます!

独特、あまりにも独特なセンスです。当時最先端の音楽とからめたところがまた素晴らしく、今なお忘れることの出来ないスネークマンショー。一度聞いてしまうと小林克也、伊武雅之の声が耳から離れなくなってしまいますよ。
obladioblada | 637 view
やっぱりカワイイ80年代前半のキョンキョン。デビューから「なんてったってアイドル」になる前の小泉今日子をチェック!

やっぱりカワイイ80年代前半のキョンキョン。デビューから「なんてったってアイドル」になる前の小泉今日子をチェック!

アイドルらしからぬアイドルであったにも関わらず「なんてったってアイドル」と言い切ってみせたキョンキョン。そんな小泉今日子ですが、さすがにデビュー当時は初々しくキャッチフレーズの「微笑少女」そのまんまでした。改めてキョンキョンのキュートな魅力をチェックしてみましょう。
obladioblada | 3,488 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト