ファミ通”平成のゲーム 最高の1本”でSFC『クロノ・トリガー』が第1位に!
2019年4月22日 更新

ファミ通”平成のゲーム 最高の1本”でSFC『クロノ・トリガー』が第1位に!

4月25日(木)発売のゲーム総合誌『週刊ファミ通』は平成振り返り特集!!”平成のゲーム 最高の1本”でSFC『クロノ・トリガー』が第1位に。7100人以上ものゲームファンから回答が集まりました。

4,435 view

7100人以上が選んだ“平成のゲーム 最高の1本”を発表! ~No.1ゲーム総合誌『週刊ファミ通』~

4月25日(木)発売のゲーム総合誌『週刊ファミ通』は平成振り返り特集!!平成時代に発売されたゲームタイトル※のなかで、ゲームファンがもっとも心に残った1本を選出する“平成のゲーム 最高の1本”の投票結果が発表されます。

※1989年1月8日~回答期限の2019年4月8日までに発売・配信されたゲームタイトルが対象
ゲーム総合誌『週刊ファミ通』

ゲーム総合誌『週刊ファミ通』

第1位『クロノ・トリガー』(230票)

1989年の平成元年から約30年続いた平成の時代、さまざまなハードで数多くの名作が発売されてきました。いよいよ5月から始まる新時代「令和」に向けて、『週刊ファミ通』では、平成に登場したゲームの中から最高の1本を選出するアンケートを実施。7100人以上ものゲームファンから回答が集まりました。

1位に輝いたのは、1995年(平成7年)に発売されたスーパーファミコンの名作RPG『クロノ・トリガー』です。
クロノ・トリガー

クロノ・トリガー

スクウェア・エニックス(当時・スクウェア)/1995年(平成7年)3月11日発売/スーパーファミコン
“ストーリー、シナリオ、音楽すべてがいまでも色褪せない名作(30代・男性)”、“クロノ(主人公)たちと時を超えて旅をした思い出は一生忘れられない(30代・女性)”など、おもに直撃世代といえる30代から圧倒的に支持されました。
カセット

カセット

『ドラゴンクエスト』の堀井雄二氏、鳥山明氏、『ファイナルファンタジー』の坂口博信氏が手を組んだドリームプロジェクトに胸を躍らせたファンや、当時画期的だったマルチエンディングで「何周もやり込んだ」と思い出を語るファンからのコメントも多く寄せられました。

第2位『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(209票)

2位にランクインしたのは、2017年(平成29年)にNintendo SwitchとWii Uで発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』です。“このハイラルという土地で生きていると錯覚させられた(20代・男性)”、“見える場所どこでも行けるすばらしさ(50代・女性)”といった、『ゼルダの伝説』シリーズ初で最大の特徴といえるオープンワールドの世界とその完成度の高さに、年齢・性別問わず多くのファンが大絶賛しました。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

任天堂/2017年(平成29年)3月3日発売/Nintendo Switch・Wii U

第3位『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』(205票)

僅差で3位となったのが、2017年(平成29年)にプレイステーション4で発売された『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』です。“こんなにも心を動かされたゲームはない(10代以下・男性)”、“このゲームで、言葉にできない感情を知った(20代・女性)”など、とくに10代以下と20代からの得票が多く、ヨコオタロウ氏が手掛ける独特な世界観やシナリオに心を掴まれたファンから熱い声が多数届きました。
NieR:Automata(ニーア オートマタ)

NieR:Automata(ニーア オートマタ)

スクウェア・エニックス/2017年(平成29年)2月23日発売/プレイステーション4
『週刊ファミ通』2019年5月16日増刊号では、本ランキングの上位20タイトルを、投票時に寄せられた思い出のコメントとあわせて発表、年代別のランキングや人気シリーズ別ランキングも紹介しています。そのほか、平成のゲーム業界をあらゆる角度から総括する、全74ページの平成振り返り大特集を掲載しています。


有効回答数:7158人、集計期間:2019年4月3~8日、ファミ通.comにてアンケートを実施。
タイトルの発売日・ハードは、日本で初めて発売されたときのものを掲載。

※1989年1月8日~回答期限の2019年4月8日までに発売・配信されたゲームタイトルが対象

ファミ通が平成30年間のゲームにまつわる出来事をまとめた『ゲームと平成』、好評発売中!

書名:ゲームと平成
発売日:2019年3月30日(土)
価格:999円(税込)
<おもな内容>
★年表で振り返るゲームと平成
平成元年1月から平成31年3月中旬までのゲーム業界と世の中の出来事を年表に集約。
★写真と記事で振り返るゲームと平成
「ストリートファイターII」大ヒットや中古ソフト裁判といった、世の中に大きな影響を与えた出来事をゲーム年表からピックアップ。当時の写真や『週刊ファミ通』記事で深掘りし、掲載。
★巻末特別企画:ゲームメディアの視点から見たゲームと平成
ゲームとともに歩んできたファミ通グループ代表・浜村弘一が、平成時代のゲームについて考察。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『クロノ・トリガー』(1995年)クロノとマールたちは過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険をする。ラスボス「ラヴォス」を倒し未来を救えるか!

『クロノ・トリガー』(1995年)クロノとマールたちは過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険をする。ラスボス「ラヴォス」を倒し未来を救えるか!

RPGの超名作『クロノ・トリガー』(1995年)が大好きな人は多いですね。全体のおさらいになります。仲間とともに過去・現在・未来にわたり、時間を越えて冒険し、ラスボス「ラヴォス」を倒し未来を救いましょう!全般的にネタバレも多数含みますので未プレイの場合はご閲覧にご注意ください。
トントン | 20,797 view
【クロノトリガー】色褪せぬ名作!時を刻む音…

【クロノトリガー】色褪せぬ名作!時を刻む音…

多彩なイベントに魅力的なキャラクター。当時は新鮮だった「強くてニューゲーム」「マルチエンディング」システムで、やり込み要素も満載!今なおファンを魅了してやまないゲームだと思います。
ごましお | 7,737 view
 1995年のSFC向けゲーム「魔獣王」が数量限定でSFC/SFC互換機で楽しめるカセットとして復活!

1995年のSFC向けゲーム「魔獣王」が数量限定でSFC/SFC互換機で楽しめるカセットとして復活!

1995年のスーパーファミコン向けゲームソフト「魔獣王」が、16BIT ゲーム機(SFC/SFC 互換機)で楽しめるゲームカセットとして復刻します。4月下旬に発売予定。製造・販売元はsoftgarage、国内販売代理店はコロンバスサークル。
スーファミ「美食戦隊 薔薇野郎」が復刻!食材を組み合わせ回復効果を狙うアクションゲーム!

スーファミ「美食戦隊 薔薇野郎」が復刻!食材を組み合わせ回復効果を狙うアクションゲーム!

SFC/SFC互換機で楽しめるゲームカセット「美食戦隊 薔薇野郎」が、2018年1月下旬に数量限定で発売される。1995年にスーパーファミコン用のゲームソフトとして発売された同作の復刻版で、国内販売元はコロンバスサークルが行う。
2Dアクションの常識を破った「ヨッシーアイランド」を振り返る

2Dアクションの常識を破った「ヨッシーアイランド」を振り返る

スーパーマリオワールドのサブキャラクター「ヨッシー」を主人公にした、スーパーファミコン用の大ヒット作品である『ヨッシーアイランド』。タマゴ投げやヒップアタックなどのアクションを、特徴的なグラフィックと共に振り返ります。
こじへい | 4,585 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト