できるのか!?ノッポさんとゴン太くんがゾンビ化で番組告知!!さらにチョーさんがナレーションする番組に、はに丸が登場!!
2019年1月17日 更新

できるのか!?ノッポさんとゴン太くんがゾンビ化で番組告知!!さらにチョーさんがナレーションする番組に、はに丸が登場!!

NHK教育テレビで長年放送された番組「できるかな」のノッポさんとゴン太くんが、ゾンビとなって動く告知動画が話題となっています。また、1月19日に放送される「Eテレ60みんな集まれ!キルトが紡ぐ思い出キャラクター」では、「たんけんぼくのまち」のチョーさんがナレーションを担当します。

3,792 view

できるのか!?ノッポさんとゴン太くんがゾンビ化で番組告知!!

NHK教育テレビで1970年4月から1990年3月までの長期間に渡って放送されていた番組「できるかな」。チューリップハットにスラリと伸びた脚が特徴のノッポさんと、大きな赤い鼻と麦藁帽子がトレードマークのゴン太くんのコンビが、遊び道具を次々と製作していくという名物番組でした。
NHK教育テレビ「できるかな」

NHK教育テレビ「できるかな」

ソフビの指人形にもなっていました!

ソフビの指人形にもなっていました!

今回、彼らがゾンビ化して登場する告知動画が配信され、話題を集めています。
これは1月19日に放送が開始されるドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」で、数多く出現するゾンビに因んだもので、御年84歳となるノッポさんが軽快な動きで魅了してくれます。
ゾンビ役のノッポさん

ゾンビ役のノッポさん

<Twitterでも話題に!!>

NHKの特設サイトでインタビューに答えたノッポさんによれば「(実は)とても楽しい宣伝の番組に今回起用してもらって、みんなが優しいんで、もうビックリして、早く死んじゃいそうです(笑)」とのこと。

さらに「私自体が歳も歳ですし、どっちかというとゾンビに近いんで(笑)。」と笑わせてくれました。

※引用元:ノッポさんがゾンビに化けて「できるかな」29年ぶりに復活!
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=17372

NHK特設サイトによると・・・?

ご紹介した「NHKでゾンビドラマ できるかな」動画の公開と同時に、他の週末ドラマも一緒に紹介する動画も公開しました。動画ではゾンビドラマの他、ノッポさんが特撮ヒーローの恰好で、特撮オタクOLの奮闘を描くコメディドラマ「ドラマ10 トクサツガガガ」を紹介したり、ゴン太くんと泣きながら、学習塾にすべてを捧げたふたりの感動物語「土曜ドラマ みかづき」も紹介。ドラマに合わせた様々なノッポさんの姿・表現にも注目です。

ノッポさん 《プロフィール》

高見 のっぽ。本名:高見 嘉明(たかみ よしあき)。
1934年5月10日、京都府京都市右京区太秦出身。

ダンサーとして活動し、30代半ばで「できるかな」の前身番組である「なにしてあそぼう」のノッポさん役に抜擢されました。以降、意思表示はジェスチャーだけのしゃべらないキャラクターを約24年間演じ続けました。

「できるかな」の放送終了後は、絵本・児童文学作家として活動し、宮沢賢治を題材にしたひとり芝居を行うなど、年齢を感じさせない精力的な活動を続けています。

【HD・720p】できるかな 【最終回】 1990,03,30 OA

<衝撃の最終回>

「できるかな」の最終回では、それまでのしゃべらないキャラクターを捨て、初めて子供たちに語りかけました。

最終回の終盤で「あーあ、しゃべっちゃった」と話し、後番組「つくってあそぼ」のワクワクさんとゴロリを紹介。ノッポさん=しゃべらないの図式しか知らなかった、当時の子供達に衝撃が走ったことはいうまでもありません。

また、息が上がりながら話すノッポさんを見て、番組での工作とそれらを用いて遊ぶのも大変だったのだと多くの子供達が実感しました。

ちなみに、この最後の台詞はすべてアドリブだったそうです。

教育テレビが放送開始60年!「Eテレ60みんな集まれ!キルトが紡ぐ思い出キャラクター」が放送!

教育テレビは1959年1月10日に放送が開始。
放送開始以降、幼児向け番組や小中学校向け、趣味、教養、福祉など、多岐にわたる番組を数多く生み出し、現在では幅広い世代に支持されています。

今回教育テレビは、2019年1月に開催される「第18回東京国際キルトフェスティバル ~布と針と糸の祭典~」と連動。20人のキルト作家が、これまでに同局を彩ってきた想い出深いキャラクターをキルトで表現します。
「おかあさんといっしょ」や「できるかな」のゴン太くん、「いないいないばあっ!」のワンワンなどがキルトになり盛り上げてくれます。

また、スタジオの番組MCとしてゴン太くんやはに丸、がんこちゃんが登場!さらににナレーションは「いないいないばあっ!」「たんけんぼくのまち」でもおなじみチョーさんが担当します。

懐かしさ溢れる番組となることは間違いなさそうです。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

こんなに豪華だったの?『おかあさんといっしょ』人形劇の過去の声優がスゴイ!

こんなに豪華だったの?『おかあさんといっしょ』人形劇の過去の声優がスゴイ!

幼少期に見ていたおかあさんといっしょの人形劇。子供の頃は知らなかったけれど「こんなに豪華だったの!?」と驚くほど有名キャラクターを担当している売れっ子声優さんたちが声優を務めていました。この記事では、過去のおかあさんといっしょ人形劇の声優さんをまとめてみました。
snomama | 1,139 view
【第8回~13回】アニメグランプリ『男性キャラクター部門』 こんな人たちが声優してました!!

【第8回~13回】アニメグランプリ『男性キャラクター部門』 こんな人たちが声優してました!!

第1段の続きということで前回79年~84年を紹介させていただきました。今回は第2段【85年~90年】までの男性部門の声優さんを振り返ってみました。
ローズリー | 3,607 view
クラシックとCGのコラボ映像!ぜいたくな子供向け番組「音楽ファンタジー・ゆめ」

クラシックとCGのコラボ映像!ぜいたくな子供向け番組「音楽ファンタジー・ゆめ」

子どもと楽しんだNHKの番組の中で、大人もはまったクラシックCGのすてきな音楽番組をご紹介!
ケロリン | 10,970 view
【話題】日本の製造業が「トランスフォーマー」初代メガトロンの頭部を本気で作ったらこうなった!!

【話題】日本の製造業が「トランスフォーマー」初代メガトロンの頭部を本気で作ったらこうなった!!

精密鋳造メーカー・キャステムが、変形ロボットキャラクター「トランスフォーマー(発売元:タカラトミー)」に登場する悪の軍団「デストロン(ディセプティコン)」のリーダー「メガトロン」の頭部を、独自の精密鋳造技術で本物の鋼製で完全再現し、ヒューマンスケールにて商品化しました。
隣人速報 | 325 view
「刃牙」シリーズ原作1億冊突破記念!地上最強の生物「範馬勇次郎」がK18イエローゴールドのフィギュアになって登場!!

「刃牙」シリーズ原作1億冊突破記念!地上最強の生物「範馬勇次郎」がK18イエローゴールドのフィギュアになって登場!!

ユートレジャーより「刃牙」シリーズ原作1億冊突破を記念し、アニメ「範馬刃牙」範馬勇次郎のプレミアムフィギュアが発売されます。
隣人速報 | 90 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト