OVA版【おいら女蛮】お色気たっぷりの学園ギャグ!あらすじや魅力・関連商品など!
2020年10月1日 更新

OVA版【おいら女蛮】お色気たっぷりの学園ギャグ!あらすじや魅力・関連商品など!

永井豪さんとダイナミックプロによって生み出された学園ギャグ漫画『おいら女蛮』。男子読者を意識したサービスカットが多く、OVA作品や映画・オリジナルビデオなどの実写化も実現しています。今回は主にOVA版について振り返り、その後に、映画・オリジナルビデオといった関連商品も紹介していきたいと思います。

749 view

『おいら女蛮』とは?

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%84%E3%82%89%E5%A5%B3%E8%9B%AE-1-%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%B0%B8%E4%BA%95-%E8%B1%AA/dp/4906011438/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%8A%E3%81%84%E3%82%89%E5%A5%B3%E8%9B%AE&qid=1600830096&sr=8-5 (2229246)

1980年代後半に、永井豪さんとダイナミックプロによって生み出された漫画コンテンツとなります。転校するにあたり、手違いで女子の制服を着て登校するはめになった男子中学生・女蛮子の学園生活を描いた内容。
可愛い女子生徒とイチャイチャしたり、学園に巣食う不良たちとの対決をお色気たっぷりに描いていて、ある意味、永井豪さんとダイナミックプロらしいといえる作品です。
そして、ご自身や他作家のコンテンツのパロディといった要素もふんだんに盛り込んでいるのも大きな特徴といえるでしょう。原作コミックでは、本編の舞台となっている女尊学園は『キューティーハニー』に登場する国際犯罪結社『パンサークロー』に属する組織という設定も明かされています。
今回の記事では、原作コミックを忠実に映像化したOVA版『おいら女蛮』を中心にご紹介させていただきます。

OVA版『おいら女蛮』のあらすじ

学校では喧嘩騒ぎを起こしてばかり、その度に転校を繰り返している男性中学生・女蛮子。またしても学校に居られなくなるほどの騒動を起こしてしまい、新たに女尊学園に転入するはめになりました。しかし、名前のせいで女子生徒と間違われて手続きが進んでしまい、セーラー服で登校しなければならない事態になってしまいます。
どうせすぐに転校することになるだろうと開き直った女蛮子は、そのまま女子生徒の姿のままで学園生活を送ることにしました。波乱に満ちた女装姿の男子中学生・女蛮子の学園生活はこうして幕を開けるのでした…

OVA版『おいら女蛮』の本編動画

おいら女蠻 OVA 1992

OVA版『おいら女蛮』の魅力とは?

1980年代の古き良きギャグテイスト

手違いでセーラー服を用意されてしまい、仕方なく、それを着て登校するといったノリが昭和時代のギャグテイストだと感じさせます。何事にも寛容だった当時の時代背景においても、現実にはないであろうという奇想天外なシチュエーションを描いていて、ツッコミ要素が満載なところが『おいら女蛮』の魅力なのだといえるでしょう。
現実離れした世界観は、どことなく『天才バカボン』『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』といった赤塚不二夫さんの作品に見られるテイストに近い気がします。

主人公は意外と健全な男の子

セーラー服を着て、女装姿のままで学園生活を過ごす主人公・女蛮子。名前・外見の印象とは違い、中身は至って健全で男の子らしいキャラクターだという点も、奇想天外な世界観に拍車をかけていると思います。
女蛮子が女子生徒にちょっかいを出していても、女子同士のコミュニケーションの延長といった構図になっていて、やりたい放題の女蛮子の行動が羨ましくなってきますね。
そして、別の捉え方をするなら、女子のような名前・外見の主人公なのに、中身は男の子そのままだというキャラクター性は、それぞれの印象のギャップによる面白さを演出しているのではないでしょうか。

少年向けレベルのちょいエロ要素

永井豪さんとダイナミックプロの組み合せといえば、エロい要素は欠かせないポイント。『マジンガーZ』『デビルマン』といった硬派なコンテンツも有名ですが、『ハレンチ学園』『キューティーハニー』『けっこう仮面』というようにエロ要素を盛り込んだコンテンツを思い浮かべるミドルエッジ世代も多いはずです。
コンテンツごとにエロ要素の強弱は随分と違いますが、OVA版『おいら女蛮』のエロ要素は控えめで、あくまで少年誌向けといった内容となっており、下ネタを嫌うユーザー層であっても受け入れられる範疇といえるでしょう。

『おいら女蛮』の関連コンテンツ

原作コミックからOVAというかたちで映像化を実現した『おいら女蛮』。その後、オリジナルビデオや劇場公開作品として、2つの実写版が制作されていますので、こちらについても紹介していきたいと思います。
『おいら女蛮 決戦!パンス党』

『おいら女蛮 決戦!パンス党』

発売:1992年
制作:円谷映像
   ダイナミック企画
出演:武田真治
   原田和代
   広田恵子

内容&あらすじ

女蛮子、通称”スケバン”。元気あり過ぎが災いしてか、行く先々での問題児。何の因果か運命か。女の子に間違われて転入したのが”女尊学園”。女の園に投込まれ、嬉し恥ずかしの学園生活のうちは良かったが…。その女蛮子に世界征服を企む謎の美女の魔の手が伸びて…。さあ、どうなる?ちょとエッチな痛快学園アクション・コメディ!
出典 作品パッケージより
主演は、なんと武田真治さん!最近、筋肉キャラとして再ブレイクしましたが、過去には、こういった作品に出演していたんですね。意外とセーラー服姿がお似合いですね。
『おいら女蛮』

『おいら女蛮』

発売:2006年
制作:ダイナミックプロ
   キングレコード
出演:亜紗美
   桃瀬えみる
   松中沙織
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA【花平バズーカ】エロチックな世界観が魅力的!ストーリー性や類似作品など!

OVA【花平バズーカ】エロチックな世界観が魅力的!ストーリー性や類似作品など!

1980年代、エロチックな内容で注目を集めた漫画『花平バズーカ』。大胆な性的描写を特徴とした内容でありながらも、1992年にはOVA化も実現しています。今回の記事は、このOVA作品にスポットを当て、ストーリー性や類似作品などご紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 728 view
【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 2,614 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 745 view
【バイオレンスジャック】成人指定のOVA作品!類似作品『北斗の拳』とも比較!

【バイオレンスジャック】成人指定のOVA作品!類似作品『北斗の拳』とも比較!

永井豪さん率いるダイナミックプロによって制作された『バイオレンスジャック』。あまりに過激な描写が多いので成人指定にも納得の内容ですが、じつは『デビルマン』の続編として描かれていることが明らかになりました。今回はOVA版にスポットを当て、それぞれの内容や魅力、類似作品『北斗の拳』との比較検証もしていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,429 view
シルバニアファミリーがついに35周年!人気ファミリーの復刻など、様々な企画が目白押し!!

シルバニアファミリーがついに35周年!人気ファミリーの復刻など、様々な企画が目白押し!!

エポック社が販売するドールハウス&人形の「シルバニアファミリー」が35周年を迎えたのを記念し、様々な企画が開催されています。
隣人速報 | 458 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト