【#プロレス今日は何の日】1987年12.27 両国国技館新日本プロレス両国暴動事件っ!
2018年12月27日 更新

【#プロレス今日は何の日】1987年12.27 両国国技館新日本プロレス両国暴動事件っ!

たけしプロレス軍団(TPG)の刺客ビッグバン・ベイダー登場!猪木さん、長州戦無視してベイダーの挑戦受けちゃう!長州の気持ち考えて!結果「猪木あっさり敗北!」って、そら暴動起こるで猪木さん!今日もプロレス最高っ!

2,038 view

【#プロレス今日は何の日】 1987年12.27 両国国技館 新日本プロレス両国暴動事件っ!

たけしプロレス軍団からの刺客ビッグバン・ベイダー登場!

「アントニオ猪木の逃げる姿を見に来たのか?あんたら猪木を卑怯者にしていいのか?」
いや、ちゃうやんちゃうやんっ!そんな話ちゃうやんっ!

ところが猪木さん、長州戦無視してベイダーの挑戦受けちゃう∑(゚Д゚)
荒れる長州!うつむく長州!
「どうですか~っ!?」ちゃうで猪木さん!あかんよ!絶対あかん!
長州の気持ち考えてや~(T_T)

なぜだ、なぜこうなったんだと、藤波木村組vsマサさん長州組に変更!
わっちゃかわっちゃかしてるのに強制的に試合開始!
もちろん、モノが飛び交いやめろやめろの大合唱!

歓声で聞き取れない部分はプロレスファンの感性で補完すると、
「みんな!納得いかなくても、とにかく試合だけはやらせてくれ!絶対俺が猪木を倒すから!」
とマイクで叫ぶ長州が、あの長州がこんな顔するなんてと、悔しさを越えた悲しみを感じた私、初めて「切ない」という感情を抱いた記憶です。
さて、長州がマイクで一旦収め100%納得ではないもののやっと猪木戦へ!
しかしナックル、蹴り、頭突きとストレスを乗せ続ける猪木!
馳が乱入で試合を止め、不安がるケロちゃんをよそにベイダー戦になだれ込む。

で、甲冑脱ぎその顔を見せたベイダー、ここまで毎週のように「謎のマスクマン襲来!」って煽ってたはずが『あれ?素顔なの?マスクマンって言うてたやん…』程度の疑問などぶっ飛ばすその場しのぎのドタバタ続き!

結果「猪木3分足らずであっさり敗北!」って、そら暴動起こるで猪木さん…( ̄◇ ̄;)
どうにも収まらない皆様に、ケロちゃん土下座で悔し涙!
控室では、坂口・藤波から「社長(猪木)が出て行って誤らなかったら収まらないですよ!」「なんで誤らないんですか!」と攻め立てるも、「うるせえ!俺が頭を下げたら誰も観に来なくなるぞ!」「出した結果がたとえ客が求めるものと違っても、それに対して謝ったら客に媚びなきゃいけなくなるぞ。だったらテメーらが頭を下げてこい!俺は謝らん!」と言ったそうな。
via 『KAMINOGE』83 -鈴木みのるのふたりごと-より
一見、めちゃくちゃやな!と思われがちなこの言葉、何となく意味は分かります。
出した結果が誤ってたら謝りましょうを強制する風潮がある昨今、(全部が全部とは絶対に言えませんが)正しくもあると思います。

で、一方のベイダーさん、どえらいことをやってのけたわけですが、いったいどんな気持ちだったのか。
だってズカズカ入ってきて散々罵倒された中、有無を言わさぬそのパワーで一気に勝負付けて帰って行ったんですよ。
私30年疑問でした。

で、ほんとに30年後の2017年、なんと「藤波辰爾&ビッグバンベイダー メモリアルトークショー」が開催されることに!そりゃもう行ってきましよ!あらゆる雑誌・書籍・WEBで語られることが無かったあの時のベイダー氏のあの日の気持ち、ずっと、ずっと聞きたかったあの時の私の気持ち。ひょっとしてこの質問ってNGなのか?やら思いつつも、意を決して聞いてみました!(たぶん緊張で声ちっちゃかったと思います)
その時ベイダー氏のお応えはこちらをっ!
藤波辰爾氏とベイダー氏のトークショーにて

藤波辰爾氏とベイダー氏のトークショーにて

『ああ、ベイダーさん。めっちゃええ話聞けましたわ・・・』
緊張で汗までかいてた私の足元から天井までさわわ~っと風が吹き抜けるような感覚、一気に晴れやかな気持ちになりました。勝手ながら大仕事をやりとげた満足感で満たされましたとさ。

今日もプロレス最高っ!

Big Van Vader VS Antonio Inoki (Vader Debut)

※ご参考までに後半3つの試合結果は以下の通りです。
1987年12.27 両国国技館 観衆11,097人(超満員札止め)
マサ斉藤、○長州力(6分30秒 ラリアット→体固め)藤波辰巳、木村健吾●
○アントニオ猪木(6分6秒 馳浩乱入→反則勝ち)長州力●
○ビックバン・ベイダー(2分49秒 アバラッシュホールド→片エビ固め)アントニオ猪木●

隔週刊 燃えろ!新日本プロレス 2012年 7/19号 [分冊百科] | |本 | 通販 | Amazon

燃えろ!新日本プロレス・至高の名勝負コレクションー暴動!腕折り!新日マット事件史/怒りの闘魂・腕折り事件ーアントニオ猪木vsタイガージェットシン/雪の札幌テロ事件ー藤波辰巳vs長州力/第2回IWGP決勝暴動事件ーハルク・ホーガンvsアントニオ猪木/TPG乱入!!暴動事件ー藤波辰巳&木村健吾vsマサ斎藤&長州力、アントニオ猪木vs長州力、アントニオ猪木vsビックバン・ベイダー/付録 DVD119分ノーカット収録
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【皇帝戦士】「ビッグ・バン・ベイダー」vs「藤波辰爾」メモリアルトークバトルに参戦!ベイダーがあの日の真実を語った!

【皇帝戦士】「ビッグ・バン・ベイダー」vs「藤波辰爾」メモリアルトークバトルに参戦!ベイダーがあの日の真実を語った!

ベイダーが1987年12月に新日本プロレスに初参戦してから早30年。藤波辰爾の「デビュー45周年記念ツアー」に参戦するため来日。来日を記念してファン公開の「藤波辰爾vsベイダー メモリアルトークバトル」に参戦して来た!
一番好きだったプロレスラーを語ろう!

一番好きだったプロレスラーを語ろう!

今も話すと止まらない!昭和や90年代のプロレス話。あなたにとって一番すきだったプロレスラーは誰でしたか?
第2次UWF崩壊 弾け散ったパワー・オブ・ドリーム

第2次UWF崩壊 弾け散ったパワー・オブ・ドリーム

1984年4月11日に旗揚げした第1次UWFは、様々な事件と前田日明と佐山聡のケンカマッチを経て1年半で崩壊。屈辱の新日本プロレス出戻り生活も前田日明が暴れまくったため2年半で終了。再旗揚げした第2次UWFは、社会現象といわれるほど若者を熱狂させながら、2年7ヵ月の活動にピリオドを打った。
RAOH | 1,729 view
Gスピリッツがアントニオ猪木追悼増刊号を緊急刊行『〝燃える闘魂〟アントニオ猪木』発売!

Gスピリッツがアントニオ猪木追悼増刊号を緊急刊行『〝燃える闘魂〟アントニオ猪木』発売!

Gスピリッツがアントニオ猪木追悼増刊号を緊急刊行。関係者の回想、猪木のインタビュー再録集、あのモハメド・アリ戦に代表される「格闘技世界一決定戦」の検証記事などを貴重な写真と共にオールカラーで掲載しています。
わが青春の第2次UWF   古い体質を持つ巨大組織に反発し、勝利!

わが青春の第2次UWF 古い体質を持つ巨大組織に反発し、勝利!

第1次UWFは1年半で倒産。新日本プロレスに吸収され、2年半、屈辱の出戻り生活を送るも、数々に事件を引き起こし、最後は解雇され、志高きロクデナシどもは再び立ち上がったのである。
RAOH | 2,843 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト