2017年4月20日 更新

「藤波辰爾vsベイダー メモリアルトークバトル」に参戦!ベイダーがあの日の真実を語った!

ベイダーが1987年12月に新日本プロレスに初参戦してから早30年。藤波辰爾の「デビュー45周年記念ツアー」に参戦するため来日。来日を記念してファン公開の「藤波辰爾vsベイダー メモリアルトークバトル」に参戦して来た!

2,199 view
医者に余命2年と宣告されたとの報道があったため
来日が心配されていたベイダーだったが、前日無事に日本に到着したことが
各マスコミの取材により明らかになった。

「医者は2年って言ってたけど、俺は至って元気だぜ。
髭はサンタクロースみたいになっちゃったけどな。」と前日の空港で語っていたベイダー。
20日に控えているドラディションの興行にも名前を連ねているが体調は問題ないようだ。

藤波・ベイダーの両氏を待つ会場

今か今かと期待に胸が膨らんでいるのか、皆一応にソワソワしているように見える。
そんな中、藤波氏がスタンバイ。あとはベイダー氏を待つばかり。

悠々とベイダー氏が会場に現れる。
会場の端からでもそれとわかる巨体を揺らし、赤いベイダーマスクも着用済のようである。
スタンバイしているベイダー氏。東京ドームの猪木対ベイダーが人生で一番感動した筆者はその立ち姿だけでも感慨深い。

『藤波辰爾選手の入場です!!』

リングアナウンサーのような呼び込みと共に姿を現したのは、藤波辰爾氏。
いつも通りのにこやかな笑顔でファンに手を振りながらステージへ。

『皇帝戦士降臨!ベイダー選手の入場です!!』

ベイダーに会えることを心待ちにしていたファンの皆さんが、呼び込みの声をきっかけに拍手で迎える。
大きな体躯を揺らしながら、ステージ真ん中の椅子に腰かけるベイダー。
両雄並んだところで記念撮影を行い「メモリアルトークバトル」のゴングが鳴らされた。
藤波辰爾氏とベイダー氏

藤波辰爾氏とベイダー氏

奥は司会の方です。
冒頭、ベイダー氏から「藤波さんは優秀なレスラーであるばかりでなく、日本を代表とするレスラーである藤波さんの45周年に呼ばれたことは非常に誇りに思う。明日(20日)の対戦を非常に楽しみにしている。」と挨拶。

藤波氏からは昨年のWWE殿堂入りの表彰の際にお祝いに会場まで駆け付けてくれたベイダー氏。45周年興行にベイダー氏を招へいすることを考えていたそう。その場でベイダー氏に依頼をしたとの内容が語られた。

藤波氏がWWEの殿堂入りした際の英語スピーチについての裏話がベイダー氏から語られると言ったサプライズも。ベイダー氏曰く、「藤波さんは、英語でスピーチしなければいけないのに上手にスピーチしていた。藤波さんはファミリーのようなものだから、心配でずっと見ていたけど非常にいいスピーチだったよ!」との事。
ファンの質問に丁寧に答えるベイダー氏

ファンの質問に丁寧に答えるベイダー氏

「UWFで覚えているレスラーがいますか?」と言うファンからの質問に対して、ベイダー氏は

『日本のレスラーもアメリカのレスラーも過去のレスラーと戦っているような気がする。偏見と言われるかもしれないけど、80年代・90年代のプロレスラーが素晴らしかったと思う。あの時代、あの雰囲気と戦わなければいけないのは現在のレスラーにとって大変なことかもしれない。』
と回答。

『UWFで覚えているのは、ノブタカダ(高田延彦)だな。いい選手だった。』とベイダー氏。
飛竜革命についてをお二人に聞く質問が。

藤波氏は、「ベイダーは僕と猪木さんがベイダーとの対戦を取り合ったなんて知らないんじゃないかな。髪の毛を切ったのも自分自身に対してであって、猪木さんだけじゃないんだってことを表現することがあんな感じに出ちゃったんじゃないかな。控室で僕と猪木さんが揉めてたのは知ってるのかな。彼とマサ斎藤さんがタッグだったかな。」

ベイダー氏「すみません、覚えてません」
お二人の話を真剣に聞くファンの方々

お二人の話を真剣に聞くファンの方々

ベイダーが1987年12月に新日本プロレスに初参戦してから30年。この時はたけしプロレス軍団の刺客として登場し両国国技館で大暴動が起こった。当日についてファンから質問があった。

ベイダーは当時振り返りながら
「あの日は歴史的な1日だったと思う。私ではなく、猪木さんを評価すべき1日、試合だった私は思っている。1日で大きなことが3つぐらいが成し遂げられた試合であり、新日本プロレスにとってもベストな1年ではなかったがあの1日で大きく変わったように思う。当時無名だった私をメインイベントに放り込んだうえ、猪木さんにシングルで戦い勝ってしまった。結果的に自分が猪木に勝ったことで、私と戦う意味がある選手が増えることで新日本プロレスが新しいスタートを切ったと思う」

ときちんと分析しながら振り返っていたことが非常に印象的だった。

「藤波辰爾vsベイダー メモリアルトークバトル」特別ジャンケン大会

ジャンケンする藤波辰爾氏

ジャンケンする藤波辰爾氏

「ワン・ツー・スリー」でジャンケンするベイダー氏

「ワン・ツー・スリー」でジャンケンするベイダー氏

他にも日本でのベストマッチや印象に残ったレスラーなファンの方から興味深い質問があり、すべてに丁寧に答えていたベイダー氏。藤波氏はアドバイザリー役としてベイダー氏のサポート役に徹しておりトークバトルならぬトークにおける名タッグとなっていた。

来場のファンの方にビッグサプライズが!なんと会場の全員とベイダー・藤波両氏とジャンケン大会が開催。勝ち残った方には、豪華プレゼントが贈られた。これは参加者ならではの特典!非常にうらやましい。

最後は、お二人からコメントをもらってトークバトル終了!

藤波辰爾氏のコメント

『45周年大会はずーと色々と誰を招へいしたらいいのかなど考えていたんですが、ドラディションは皆さんの思い出になるような大会になるように考えてきました。素晴らしい大会になるように明日の後楽園を皮切りに、大阪・博多と皆さんが楽しめるような大会になると思いますので、是非、足を運んでください。』
最後の挨拶をするベイダー氏

最後の挨拶をするベイダー氏

ベイダー氏のコメント

『藤波さんに呼んで頂いたことを感謝しています。本日は今日ここで非常に楽しい時間を過ごしました。また試合の事も真剣に考えています。明日、会場に来られる方は楽しんでください。プロレスを一度でも見たことがある方なら、お分かりになると思いますが、藤波さんとの戦いは非常に素晴らしいものになると思います。一生懸命闘います。今日は楽しい時間をありがとうございました。」

『DRADITION 2017 藤波辰爾デビュー 45 周年記念ツアー』は20日から

ベイダー氏も参戦する藤波氏の45周年記念ツアーは20日の後楽園ホールを皮切りに22日の博多スターレーン、23日のエディオンアリーナ大阪第2競技場の3大会で開催。

後楽園で藤波辰爾氏は、長州力(65)、越中詩郎(58)と組んでベイダー氏、武藤敬司(54)、AKIRA(51)組と対戦。両者は、IGFの2011年4月以来、6年ぶりの対決。ベイダーは「友人である藤波さんと戦うことは楽しみ」とコメント。
25 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ドラゴン】藤波辰爾&ベイダー、スペシャルトークショー開催決定!!【皇帝戦士】

【ドラゴン】藤波辰爾&ベイダー、スペシャルトークショー開催決定!!【皇帝戦士】

TPGの一員として両国国技館に登場してから、早30年。 ベイダーが新日本プロレス参戦から幾度もマットの上で対峙してきたベイダーと藤波辰爾。30年に及ぶライバル関係の両雄が、今再びトークで激突します!
30年ぶりのリマッチ『藤波vs健悟トークバトル』に行ってきました!!

30年ぶりのリマッチ『藤波vs健悟トークバトル』に行ってきました!!

2017年1月14日(土)に浅草東洋館で開催された「藤波vs健悟スーパープレミアムトークバトル」に参戦してきました! あの伝説のワンマッチ興行からちょうど30年のこの日、果たして2人が何を語るのか・・・プロレス好きにはたまらないイベントをレポートします!
プロレス総選挙2017 マツド・デラックス的プロレス総選挙!その4 Jrヘビー級日本人レスラー編

プロレス総選挙2017 マツド・デラックス的プロレス総選挙!その4 Jrヘビー級日本人レスラー編

さあ「プロレス総選挙2017」!!本編については、もういいわよね!部門別にランキングする事に意外なレスラーがランキングするわ!マツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみると、本当に楽しくてしょうがないわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆にも投稿してもらいたいわよ!それで思い出すレスラーもいるわ!今回は、前回までの「日本人ヘビー級レスラー」「外国人ヘビー級レスラー」「覆面レスラー」に続く「Jrヘビー級日本人レスラー」よ!!
【訃報】プロレスラーのチャボ・ゲレロさん死去。藤波辰爾とは壮絶な抗争を繰り広げた

【訃報】プロレスラーのチャボ・ゲレロさん死去。藤波辰爾とは壮絶な抗争を繰り広げた

藤波辰爾(63)や大仁田厚(59)らと激闘を繰り広げ、日本でも人気だった米プロレスラー、チャボ・ゲレロさんが死去したことが13日までに分かった。68歳だった。プロレスラーで、息子のチャボ・ゲレロ・ジュニアが自身のインスタグラムで公表した。
【ドラゴン】あの伝説となったワンマッチが今、蘇る!藤波辰爾vs木村健悟トークバトル開催!【イナズマ】

【ドラゴン】あの伝説となったワンマッチが今、蘇る!藤波辰爾vs木村健悟トークバトル開催!【イナズマ】

永遠のライバルでもあるこの2人。「ドラゴン」こと藤波辰爾。「稲妻戦士」こと木村健悟。新日本プロレスで鎬を削ってきた両雄が今、マットからトークへと舞台を変えてのバトルを繰り広げる!ここでしか出来ないトークを見逃すな!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事