料理バラエティ「金子信雄の楽しい夕食」金子信雄が料理を作りながらお酒を飲んで酔っぱらっていた!
2017年2月28日 更新

料理バラエティ「金子信雄の楽しい夕食」金子信雄が料理を作りながらお酒を飲んで酔っぱらっていた!

「金子信雄の楽しい夕食」は、1987年4月6日から1995年3月31日まで放送された料理番組です。金子信雄が自ら考案したレシピをアシスタントと一緒に作りました。その中で、初代アシスタントの東ちづるとのやり取りと、金子が酒を飲む姿が印象的でした。

20,418 view

金子信雄の楽しい夕食

金子信雄の楽しい夕食

金子信雄の楽しい夕食

1987年4月6日から1995年3月31日まで、朝日放送(ABC)を制作局として、テレビ朝日系列で放送された料理番組。

放送時間は、月曜日から金曜日の13:00 ‐13:15(JST)。
食通・料理通として知られた俳優の金子信雄が自慢の料理の腕前を披露していた、当時の人気番組です。

番組の顔、金子信雄

金子信雄

金子信雄

1923年3月27日に生まれ、1995年1月20日死去。東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。
俳優・料理研究家。妻は丹阿彌谷津子。愛称は「ネコさん」。
1943年に文学座所属俳優として芸能界入りする。
金子信雄といえば、映画・テレビドラマ界では人間臭い悪役...

金子信雄といえば、映画・テレビドラマ界では人間臭い悪役として名を馳せました。

『仁義なき戦い』シリーズでは、小心でずる賢いヤクザの組長役を全5作を通して見事に演じています。
金子信雄は、俳優業以外でも料理研究をライフワークとして...

金子信雄は、俳優業以外でも料理研究をライフワークとしており、この番組で東ちづるなど、アシスタントとの絡みで話題を呼びました。

(金子信雄の料理に関するエピソード)

料理が好きだったため、仕事先でも市場へ足を運ぶことがよくあった。ある時、福岡市での仕事が終わってから市場へ出かけたところ、新鮮なサバを見つけたことから「家族と食べよう」と思い、当初予約していた翌日の朝一番の羽田便を急遽キャンセルし、その日の最終便の飛行機で自宅へ戻った。

そのキャンセルした便は、1982年(昭和57年)2月9日に羽田沖で発生した日本航空350便墜落事故にあたる便となったため、金子は結果的に難を逃れる形となった。金子が予約していた座席は、特に損傷が激しく死者が多く出た1列目であった。

(当時、金子信雄が出演したCM)

金子信雄が出演したCMイカリの「浪花風お好みソース」

イカリの「ステーキソース」CM 

番組の歴代アシスタント

東ちづる(初代)

東ちづる(初代)

(1987年4月 - 1992年3月)
大桃美代子(2代目)

大桃美代子(2代目)

(1992年4月 - 1993年3月)
成田万寿美(3代目)

成田万寿美(3代目)

(1993年4月 - 1995年3月)
金子は東ちづるを大変気に入っていたが、東の金子の扱いが巧く、セクハラをそうとは見せずあしらっていた。東降板後は、大桃や成田にはかなり適当(特に大桃)で「ちじゅるはそうじゃなかったぞ」とか「ちじゅるならここで…」と東への寵愛ぶりを隠すことなく、かなりやる気のない場面もあった。

オープニングから料理作りの流れ

オープニングは毎回、スタジオからではなく、市場での食材を紹介するシーンから始まっていた(必ずしもそれがその日に採り上げるメニューの材料だとは限らない)。しかし、途中から全編スタジオからの放送に切り替わった。
塩は飛ぶは、調味料は入れ忘れ、火加減適当♪
ボッ!!とフライパンから火が吹き出る。

東ちづる女史、悲鳴をあげながらも鬼のような表情で、金子信雄氏を睨み、逃げる!

金子信雄氏は、「美味きゃいいんですよ〜」と口回らず、東ちづる女史は、横目でガン飛ばしながら、でも、笑顔でフォロー♪

週の最後の方は限りなく過激で楽しい♪
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1987年】モモコクラブから羽生夫人へ・・・日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1987年】モモコクラブから羽生夫人へ・・・日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 321 view
【1987年洋楽】BaBeの『ギヴ・ミー・アップ』の原曲は!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1987年洋楽】BaBeの『ギヴ・ミー・アップ』の原曲は!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1987年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 829 view
「没後20年総力特集 映画監督深作欣二」東映と松竹の代表作を特集放送!

「没後20年総力特集 映画監督深作欣二」東映と松竹の代表作を特集放送!

CS放送局「東映チャンネル」と「衛星劇場」にて、来年1月に没後20年を迎える巨匠・深作欣二監督の代表作が過去最大級のボリュームで特集放送されます。
坂本龍一が日本人初アカデミー作曲賞に輝いた映画 『ラストエンペラー』12月24日トゥエルビで放送!!

坂本龍一が日本人初アカデミー作曲賞に輝いた映画 『ラストエンペラー』12月24日トゥエルビで放送!!

全国無料放送のBS12 トゥエルビは12月24日(土)よる7時より『ラストエンペラー』(1987年・伊、中、英、仏、米)を放送します。
【1987年洋楽】日本でもヒット!一発屋アーティストと唯一のヒット曲5選

【1987年洋楽】日本でもヒット!一発屋アーティストと唯一のヒット曲5選

ある一時期だけ活躍したアーティスト、一曲だけ売れたアーティストを、日本語では「一発屋」と言いますが、英語でも同じ意味で「ワンヒットワンダー(One Hit Wonder)」という言葉があります。今回は "1987年" にフォーカスして、全米でヒットした一発屋(ワンヒットワンダー)5選をご紹介します。いずれも、日本でもヒットしたおなじみの曲です。
izaiza347 | 388 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト