OVA版【迷走王ボーダー】ギリギリの極貧生活を送る中年主人公・蜂須賀と久保田コンビの生き方が凄い!
2021年10月26日 更新

OVA版【迷走王ボーダー】ギリギリの極貧生活を送る中年主人公・蜂須賀と久保田コンビの生き方が凄い!

1980年代のバブル全盛期、双葉社が出版していた雑誌『漫画アクション』にて連載されたタイトル『迷走王ボーダー』。一般的な社会生活とは一線を画した世界感で生きる月光荘の住人たちを描いた内容は、多くの読者から支持を集めました。今回の記事では、OVA版として発売された『迷走王ボーダー社会復帰編』にスポットを当て、本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきます。

214 view

『迷走王ボーダー』とは?

『迷走王ボーダー』

『迷走王ボーダー』

原案:狩無麻礼
作画:たなか亜希夫
出版:双葉社
掲載:漫画アクション
連載:1986年~1986年
巻数:全14巻
『迷走王 ボーダー』(めいそうおうボーダー)は、狩撫麻礼原作、たなか亜希夫作画による漫画。1986年から1989年にかけて、双葉社の『漫画アクション』にて連載された狩撫、たなか両者の代表作の一つ。1991年に『迷走王ボーダー 社会復帰編』のタイトルでOVAが発売されている。

OVA版『迷走王ボーダー社会復帰編』

原作:狩無麻礼
   たなか亜希夫
制作:アートランド
   日本コロムビア
発売:1991年
話数:全1話
連載当時はバブル景気の全盛期を迎え、多くの人々はスマートさを求めていた時代でした。しかし、『迷走王ボーダー』はそんなご時世に逆光し、豊かな生活や価値観に対する皮肉を登場人物の行動・発言を通して描いています。そのメッセージ性は多くの読者・視聴者に支持され、若年層・中年層を中心に人気を博しました。
今回の記事では、OVA版『迷走王ボーダー』の内容を中心に振り返っていきます。

OVA版『迷走王ボーダー社会復帰編』の本編動画・ストーリー

Meisou-Ou Border OVA [1991] 迷走王 ボーダー

家賃数千円というボロアパート・月光荘にて、その日暮らしの生活を送る主人公・蜂須賀。真下の便所部屋に住む青年・久保田をセンパイと仰ぎ、他の月光荘の住人たちと一般的な社会生活とは一線を画すような暮らしぶりをしていました。

ある日、蜂須賀に日給10万円という危ない仕事が舞い込みます。あまりの高額報酬に目が眩み、ろくに仕事内容も確認せずに、その申し出を受けることに。もう一人、人手がほしいとのことで、久保田を誘い、二人で仕事に臨むことになります。
仕事は大阪といい、新幹線に乗って目的地に向かう蜂須賀と久保田。現地で二人を待っていたのは、暴力団同士の迫力のある抗争を隠し撮りしたいテレビ局でした。そして、二人はそのドキュメント番組のやらせ要員になるよう、まんまと仕向けられてしまいました…。

OVA版『迷走王ボーダー社会復帰編』の魅力とは?

http://www.irasutoya.com/2020/02/blog-post_90.html (2311067)

豊かな生活とは一線を画した暮らしを送る主人公たちの姿に、作品タイトルの”ボーダー”という単語が掛かっています。”迷走”というのも、月光荘に住む人々が生きる様子を表しているのだと思います。
貧乏な暮らしが、みすぼらしい・情けないといった世間一般の価値観を否定している気がします。しかし、世の中の常識やルールに縛られない蜂須賀や久保田の破天荒さはどこか魅力的ですね。
http://www.irasutoya.com/2013/04/blog-post_6914.html (2311069)

お金がないからだと、犯罪に走ったり、他人に迷惑をかけるようなことはしていません。その辺の”ボーダー”をしっかり守っているところも好感がもてます。
二人に逃げられないようにと、テレビ局からお金を渡されて差し向けられた風俗嬢たちも、蜂須賀と久保田に男性としての魅力を感じ、次第に惹かれていくところも格好良いです。大阪での今の暮らしを捨てて、二人が東京に帰るときには、そのまま一緒についていこうというような発言もしていました。金銭面の豊かさが重んじられた時代に、それとは違ったかたちの価値観を描いているような気がしますね。
http://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_6635.html (2311071)

帰路につく蜂須賀と久保田。ここで二人の選択肢が分かれるところはギャグ漫画のような展開だったのも面白いですね。
新幹線で帰ろうとする蜂須賀に対し、交通費すらケチろうとする久保田。久保田はヒッチハイクを試みるも、乗せてくれるようなドライバーはおらず、こっそり長距離トラックの荷台に乗り込みます。眠っていた久保田が目を覚ますと…?
久保田のとる行動がたくまし過ぎて、その滅茶苦茶さ加減も、本編に惹き込まれてしまうところです。

OVA版『迷走王ボーダー社会復帰編』のまとめ

サブタイトルに”社会復帰編”とあるものの、その言葉が実現できていないところもOVA版『迷走王ボーダー社会復帰編』の魅力。東京という華やかな土地に住ながら、どこか別世界に生きる蜂須賀たちは格好良いです。
こんな暮らしもいいかもと、この世界に飛び込んでしまいたくなりますよ。都会で暮らしながらも、サバイバル生活を送る月光荘の住人たち。時代に逆光していて、現代人がどこかに置き忘れてしまった野生を感じます。
記事内には本編動画を掲載していますので、ぜひこの機会にご覧になってみてください。
原作コミックも読みたくなると思いますよ。Amazonなどでのご購入も検討してみては如何でしょうか。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【スペース・ファンタジア2001夜物語】宇宙進出を果たした人類が迎える結末とは?

OVA版【スペース・ファンタジア2001夜物語】宇宙進出を果たした人類が迎える結末とは?

原作は、1980年代中盤に月刊スーパーアクションで連載された星野之宣さんによるマンガ。1987年にはOVA化が実現し、知る人ぞ知る名作アニメとして、現在もなお語り継がれています。今回の記事では、そんなOVA版『スペース・ファンタジア2001夜物語』の本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 599 view
OVA版【JUNK BOY】女好きの主人公・山崎良平が大活躍!エロさ爆発の官能ストーリー!

OVA版【JUNK BOY】女好きの主人公・山崎良平が大活躍!エロさ爆発の官能ストーリー!

1980年代後半、漫画アクションに連載されていた漫画『JUNK BOY』。1987年にはOVA化も実現し、そのエロさ溢れる内容は多くの男性ファンを魅了しました。今回の記事では、OVA版『JUNK BOY』をフォーカスし、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 821 view
OVA版【かってにシロクマ】動物生態ギャグの決定版!出演している声優キャストも豪華!

OVA版【かってにシロクマ】動物生態ギャグの決定版!出演している声優キャストも豪華!

原作は1980年代後半、漫画アクションに連載されていたギャグ漫画。1987年にOVA化され、原作にはないオリジナルストーリーが展開されました。出演している声優陣の豪華さという部分も見逃せないものがあります。今回の記事では、OVA版『かってのシロクマ』の本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 296 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
「ANGEL」「校内写生」などで人気を博した漫画家・遊人の限定コラボグッズが発売!!

「ANGEL」「校内写生」などで人気を博した漫画家・遊人の限定コラボグッズが発売!!

80年代を中心に、「ANGEL」「校内写生」などで人気を博した漫画家・遊人とヴィレッジヴァンガードの限定コラボグッズの予約販売がスタートしました。
隣人速報 | 1,249 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト