2017年1月7日 更新

デヴィッド・ボウイ、日本限定の12インチ・シングル盤を大回顧展『DAVID BOWIE is』で販売決定!!

デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤が、1月8日〜4月9日の期間で東京・寺田倉庫にて開催される大回顧展『DAVID BOWIE is』にて限定販売されることが決定した。今回、オリジナルアルバム「★」(ブラックスター)より3曲が選ばれ、アナログ盤としてリリース。

210 view

大回顧展『DAVID BOWIE is』で、デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤の限定販売が決定!

1月8日〜4月9日の期間で東京・寺田倉庫にて開催される大回顧展『DAVID BOWIE is』で、デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤が限定販売されることが決定した。
大回顧展『DAVID BOWIE is』で限定販売され...

大回顧展『DAVID BOWIE is』で限定販売されるデヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤。

今回音源として選ばれたのは計3曲。2016年1月8日(金)に発売されたオリジナルアルバム「★」(ブラックスター)より、タイトル曲のアルバム・ヴァージョンをSIDE1に、SIDE2には「ラザルス」と「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のラジオ・エディット2曲が収録されている。

本作は赤いカラーレコード盤、ボウイのオリジナルポスター(590mm×884mm)、歌詞、対訳、解説付きの日本制作による完全生産限定盤となり、先日発表された日本会場限定販売「レディ・スターダスト/クリスタル・ジャパン」を収録した7インチピクチャーディスクに続く第二弾の会場限定販売音源だ。
なお、アルバム「★」からアナログ盤でのシングルリリースは世界初となっているのでこの機会をお見逃しなく。

2016年1月8日に発売された「★」

2,192
※価格変動あり。
今回、このアルバムの中から3曲がアナログ盤になって収録される!!

【アナログ盤に選ばれた3曲】

「★」

「ラザルス」

「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」

アナログ盤のカバーデザインは、ジョナサン・バーンブルックが担当!!

今回のアナログ盤のアートワークは、ジョナサン・バーンブルックが担当。ジョナサンは、『ヒーザン』『リアリティ』『ザ・ネクスト・デイ』などボウイの2000年代に入ってからの作品のカバーデザインを手がけ、先日『★』のデザインでグラミー賞“べスト・レコーディング・パッケージ”部門にノミネートされている。

また、大回顧展『DAVID BOWIE is』にも関わりが深く、図録や会場のパネルのキュレーションなども行っている。

『★』のデザインについてジョナサンは『前世紀最高のアーティストのひとり、デヴィッド・ボウイにふさわしいものを作ろうとしたんだ。僕は彼のファンがどんなものを気に入るかいつも意識している。今回はデザインがとてもシンプルなだけに、細部に至るまでパーフェクトである必要があったね。レコード盤をジャケットから取り出すと出てくる「無限大」のシンボル(∞)がとても重要だった。「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」の中で、永遠に生きていたいという彼の強い願い、そして彼がもうこの世に居ないながらも、僕たちにはいつまでも彼の音楽があることを象徴しているんだ。』と説明している。
デヴィッド・ボウイのアルバムのカバーデザインを手掛ける...

デヴィッド・ボウイのアルバムのカバーデザインを手掛けるデザイナーのジョナサン・バーンブルック。

DAVID BOWIE is

ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」は、2013年にイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されたのを皮切りに世界9ヶ国で開催されてきた。

現在、総動員数150万人を突破している。この動員数は、164年の歴史を持つV&Aの巡回展として史上最多となっている。
日本で、1月8日〜4月9日まで開催の「DAVID BO...

日本で、1月8日〜4月9日まで開催の「DAVID BOWIE is」について

・会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
・休館日:毎週月曜日
・開始時間:[火・水・木・土・日・祝] 10:00~20:00 (最終入場19:00)、[金] 10:00~21:00 (最終入場20:00)
【チケット料金(税込)】
・<一般>前売¥2,200 / 当¥2,400
・<中学生・高校生>前売¥1,000/当¥1,200
・<限定オリジナルグッズ付き>¥5,000 ※前売りのみの取り扱い。
・<ALL TIME>¥3,000 ※前売りのみの取り扱い。
出典 nme-jp.com

デヴィッド・ボウイに関する記事

世界的ロックスター・故デビッド・ボウイの大回顧展、日本でアジア唯一の開催決定!17年1月上陸 - Middle Edge(ミドルエッジ)

世界的ロックスター・故デビッド・ボウイの大回顧展、日本でアジア唯一の開催決定!17年1月上陸 - Middle Edge(ミドルエッジ)
ミュージシャンでもあり、俳優でもあり、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれた故デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」が日本で開催される事が決定した。

【追悼】2016年、惜しくもこの世を去った洋楽アーティストたち - Middle Edge(ミドルエッジ)

【追悼】2016年、惜しくもこの世を去った洋楽アーティストたち - Middle Edge(ミドルエッジ)
今年は、衝撃的なデヴィッド・ボウイの訃報に始まり、その後も立て続けに多くの人気アーティストたちがお亡くなりになりました。60年代、70年代に活躍していたミュージシャンだけでなく、80年代にヒットを連発していた比較的若いミュージシャンまでもがこの世を去ってしまう、そんな時代に突入してしまったのだな、と寂しい気持ちになってしまった2016年。ここで改めて、彼らの功績を称えると共に、心からご冥福をお祈りしたいと思います。

【David】デヴィッド・ボウイの名曲をもう一度聴いてみよう【Bowie】 - Middle Edge(ミドルエッジ)

【David】デヴィッド・ボウイの名曲をもう一度聴いてみよう【Bowie】 - Middle Edge(ミドルエッジ)
ボウイを戦メリで知った人も、グラムロック時代から知ってるツウの人もさあご一緒に。

デヴィッド・ボウイ、ジャパン、デュランデュラン…と、80年代はロックもビジュアル化、“ニューウェーブ”旋風が吹き荒れます。 - Middle Edge(ミドルエッジ)

デヴィッド・ボウイ、ジャパン、デュランデュラン…と、80年代はロックもビジュアル化、“ニューウェーブ”旋風が吹き荒れます。 - Middle Edge(ミドルエッジ)
70年代後半のパンク・ムーブメント以降、英国から沸き起こった新しい音楽の波。それが、まさに“ニュー・ウェイヴ”。ニュー・ウェイヴは音のスタイルとして見れば、テクノからスカ、ネオ・サイケ、ネオ・アコ、インダストリアル/ノイズ、ファンカラティーナなど多様ですが、ディスコテイックな曲調と独特なファッションが共通項といえるでしょう。
20 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【追悼】2016年、惜しくもこの世を去った洋楽アーティストたち

【追悼】2016年、惜しくもこの世を去った洋楽アーティストたち

今年は、衝撃的なデヴィッド・ボウイの訃報に始まり、その後も立て続けに多くの人気アーティストたちがお亡くなりになりました。60年代、70年代に活躍していたミュージシャンだけでなく、80年代にヒットを連発していた比較的若いミュージシャンまでもがこの世を去ってしまう、そんな時代に突入してしまったのだな、と寂しい気持ちになってしまった2016年。ここで改めて、彼らの功績を称えると共に、心からご冥福をお祈りしたいと思います。
Gaffa | 8,060 view
「ゴッドねぇちゃん」和田アキ子!「あの鐘を鳴らすのはあなた」に代表される彼女の歌唱力は半端じゃありませんよ!!

「ゴッドねぇちゃん」和田アキ子!「あの鐘を鳴らすのはあなた」に代表される彼女の歌唱力は半端じゃありませんよ!!

和田アキ子といえば「アッコにおまかせ!」などのバラエティ番組で見せる「ゴッドねぇちゃん」のイメージが先行しがちですが、彼女は日本でも数少ない本格派の女性R&Bシンガーです。もっと歌にスポット当たってもいいのにと思います。
青春の握り拳 | 2,289 view
日本音楽界の金字塔!サザンオールスターズの足跡を追う。

日本音楽界の金字塔!サザンオールスターズの足跡を追う。

サザンオールスターズを知らない人はいないでしょう。もはや世代すら超越した日本を代表するアーティスト。ネット上に動画が見当たらないのが残念ですが、そんな彼らの足跡だけでもまとめてみたいと思います。
青春の握り拳 | 4,338 view
なぜ?「トラック野郎の女神」と支持される八代亜紀の唄は中高年男性の心に沁みわたる。

なぜ?「トラック野郎の女神」と支持される八代亜紀の唄は中高年男性の心に沁みわたる。

八代亜紀といったら押しも押されぬ日本を代表する女性演歌歌手です。嘉門達夫の「誰も知らない素顔の八代亜紀~」も有名ですが、トラック野郎のみならず中高年男性の心に沁みわたる彼女の歌に迫ります。
青春の握り拳 | 3,890 view
【1960~1990年代】絶対聞いたことのある洋楽&日本人カバー14曲

【1960~1990年代】絶対聞いたことのある洋楽&日本人カバー14曲

1960~1990年代の有名な洋楽を14曲集めまてみました。おそらくみなさん聴いたことある曲がほとんどです。ただ、オリジナルとカバー、どちらのイメージが強いのかは人それぞれかもしれませんね。
青春の握り拳 | 13,171 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能