デヴィッド・ボウイ、日本限定の12インチ・シングル盤を大回顧展『DAVID BOWIE is』で販売決定!!
2017年1月7日 更新

デヴィッド・ボウイ、日本限定の12インチ・シングル盤を大回顧展『DAVID BOWIE is』で販売決定!!

デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤が、1月8日〜4月9日の期間で東京・寺田倉庫にて開催される大回顧展『DAVID BOWIE is』にて限定販売されることが決定した。今回、オリジナルアルバム「★」(ブラックスター)より3曲が選ばれ、アナログ盤としてリリース。

383 view

大回顧展『DAVID BOWIE is』で、デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤の限定販売が決定!

1月8日〜4月9日の期間で東京・寺田倉庫にて開催される大回顧展『DAVID BOWIE is』で、デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤が限定販売されることが決定した。
大回顧展『DAVID BOWIE is』で限定販売され...

大回顧展『DAVID BOWIE is』で限定販売されるデヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤。

今回音源として選ばれたのは計3曲。2016年1月8日(金)に発売されたオリジナルアルバム「★」(ブラックスター)より、タイトル曲のアルバム・ヴァージョンをSIDE1に、SIDE2には「ラザルス」と「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のラジオ・エディット2曲が収録されている。

本作は赤いカラーレコード盤、ボウイのオリジナルポスター(590mm×884mm)、歌詞、対訳、解説付きの日本制作による完全生産限定盤となり、先日発表された日本会場限定販売「レディ・スターダスト/クリスタル・ジャパン」を収録した7インチピクチャーディスクに続く第二弾の会場限定販売音源だ。
なお、アルバム「★」からアナログ盤でのシングルリリースは世界初となっているのでこの機会をお見逃しなく。

2016年1月8日に発売された「★」

2,192
※価格変動あり。
今回、このアルバムの中から3曲がアナログ盤になって収録される!!

【アナログ盤に選ばれた3曲】

「★」

「ラザルス」

「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」

アナログ盤のカバーデザインは、ジョナサン・バーンブルックが担当!!

今回のアナログ盤のアートワークは、ジョナサン・バーンブルックが担当。ジョナサンは、『ヒーザン』『リアリティ』『ザ・ネクスト・デイ』などボウイの2000年代に入ってからの作品のカバーデザインを手がけ、先日『★』のデザインでグラミー賞“べスト・レコーディング・パッケージ”部門にノミネートされている。

また、大回顧展『DAVID BOWIE is』にも関わりが深く、図録や会場のパネルのキュレーションなども行っている。

『★』のデザインについてジョナサンは『前世紀最高のアーティストのひとり、デヴィッド・ボウイにふさわしいものを作ろうとしたんだ。僕は彼のファンがどんなものを気に入るかいつも意識している。今回はデザインがとてもシンプルなだけに、細部に至るまでパーフェクトである必要があったね。レコード盤をジャケットから取り出すと出てくる「無限大」のシンボル(∞)がとても重要だった。「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」の中で、永遠に生きていたいという彼の強い願い、そして彼がもうこの世に居ないながらも、僕たちにはいつまでも彼の音楽があることを象徴しているんだ。』と説明している。
デヴィッド・ボウイのアルバムのカバーデザインを手掛ける...

デヴィッド・ボウイのアルバムのカバーデザインを手掛けるデザイナーのジョナサン・バーンブルック。

DAVID BOWIE is

ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」は、2013年にイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されたのを皮切りに世界9ヶ国で開催されてきた。

現在、総動員数150万人を突破している。この動員数は、164年の歴史を持つV&Aの巡回展として史上最多となっている。
日本で、1月8日〜4月9日まで開催の「DAVID BO...

日本で、1月8日〜4月9日まで開催の「DAVID BOWIE is」について

・会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
・休館日:毎週月曜日
・開始時間:[火・水・木・土・日・祝] 10:00~20:00 (最終入場19:00)、[金] 10:00~21:00 (最終入場20:00)
【チケット料金(税込)】
・<一般>前売¥2,200 / 当¥2,400
・<中学生・高校生>前売¥1,000/当¥1,200
・<限定オリジナルグッズ付き>¥5,000 ※前売りのみの取り扱い。
・<ALL TIME>¥3,000 ※前売りのみの取り扱い。
出典 nme-jp.com

デヴィッド・ボウイに関する記事

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

主に学校給食向けに販売されている牛乳調味品「ミルメーク」が、今年50周年を迎えた。「ミルメーク」には、粉末タイプとスポイト状の液体タイプの2種類がある。
red | 1,330 view
「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

講談社は、日本一有名な女の子「リカちゃん」の誕生50周年記念して、「公式 リカちゃん完全読本 50th ANNIVERSARY」を発売。また、銀座の松屋銀座では、「リカちゃん展」が22日から開催される。
red | 1,067 view
50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

今年50周年を迎える「リカちゃん」のアニバーサリー商品「50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017」が2月8日(水)に発売される。ケースは、初代リカちゃんハウスをイメージしたパッケージになっている。
red | 1,496 view
70年代後半、デヴィッド・ボウイが霊媒師に死期を予言されていた?元キーボーディストの証言が話題に!

70年代後半、デヴィッド・ボウイが霊媒師に死期を予言されていた?元キーボーディストの証言が話題に!

「デヴィッド・ボウイは70年代の時点で既に自分の死期を知っていた――」長年キーボーディストとしてデヴィッド・ボウイの作品に関わってきたマイク・ガーソンが、2018年5月に改訂版が出版される自身の伝記にて語っていることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,082 view
デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』が、6月29日にリリースされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 141 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト