【風間杜夫】俳優・落語・雀士としてマルチに活躍!プロフィール・代表作まとめ
2020年9月20日 更新

【風間杜夫】俳優・落語・雀士としてマルチに活躍!プロフィール・代表作まとめ

全盛期はトレンディー俳優として多くの女性ファンから人気を集めた風間杜夫さん。落語家や雀士としての活躍ぶりも記憶に新しいですよね。今回の記事は、そんな風間杜夫さんに着目して、その活躍ぶりを振り返っていきたいと思います。記事をご覧になって、改めて風間杜夫さんの魅力を再確認していきましょう。

788 view

現在もマルチに活躍している俳優・風間杜夫さん

風間杜夫さんのプロフィール

風間杜夫さんのプロフィール

本名  :住田知仁
生年月日:1949年4月26日
出生地 :東京都世田谷区
身長  :171cm
血液側 :O型
職業  :俳優
活動期間:1957年~

風間杜夫さんの経歴

https://www.irasutoya.com/2016/04/blog-post_91.html (2226641)

風間杜夫さんの父親は、かつて存在した映画制作会社・新東宝で営業の仕事をしていたことも影響して、幼少期の頃から児童劇団『東童』に入団し、子役としての活動を始めます。
その翌年には東映児童演技研修所の一期生となり、数々の映画に出演。さらに少年雑誌の表紙を飾るほどの人気を獲得されます。
しかし、当時から、子役時代に売れると俳優として成功しないといったジンクスがあり、子役として売れっ子だった風間杜夫さんは、俳優・演出・作家として活躍していた米倉斉加年さんから、俳優の仕事を一生続けたいなら子役の仕事は辞めたほうがいいとアドバイスされたそうです。その言葉に従うように、13歳のときに東映児童演技研修所を退団し、子役としての仕事から身を退いたといいます。
https://www.irasutoya.com/2015/10/blog-post_270.html (2226643)

中学・高校は、私立の一貫校として知られる玉川学園に進学。この当時も演劇部に所属して、芸能の道に進むことを夢見ていました。卒業後は早稲田大学の第二文学部・演劇先修に入学して演劇活動を始めます。しかし、せっかく受験して入学した大学を中退してしまい、1971年には劇団『俳優小劇場』の養成所に通うようになります。
劇団『俳優小劇場』は幹部たちの間で揉め事が多く、入団して間もなく解散騒ぎに発展。当時、養成所に収めていた費用を返金してもらうと、同じ境遇の仲間たちが集まり、それらのお金を元手にして劇団『表現劇場』を結成します。その仲間の中には、後にシティーボーイズを結成する斉木しげるさん・きたろうさん・大竹まことさんがいたそうです。
https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCV3-VOL-5-DVD-%E7%89%B9%E6%92%AE-%E6%98%A0%E5%83%8F/dp/B000SNUKVS (2226645)

この時の活動としては、子供向け特撮ドラマ『仮面ライダーV3』のアトラクションショーを行なっていたといいます。駆け出しだった風間杜夫さんは仮面ライダーV3に扮し、日本全国を回っていたみたいです。
それまで本名の『住田知仁』の名義で活動していましたが、1972年、現在の『風間杜夫』に改名し、日活ロマンポルノの作品に出演して映画デビューを飾ります。1974年にはNHKの大河ドラマ『勝海舟』に初出演。1976年にはフジテレビ系列で放送されたドラマ『娘たちの四季』でレギュラー出演を果たします。
1977年、劇団『つかこうへい事務所』の舞台に出演すると、それ以降も、つかこうへいさんの演劇作品の主要キャストとなります。
https://www.amazon.co.jp/%E8%92%B2%E7%94%B0%E8%A1%8C%E9%80%B2%E6%9B%B2-%E6%9D%BE%E5%9D%82%E6%85%B6%E5%AD%90/dp/B00H356B5S/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%92%B2%E7%94%B0%E8%A1%8C%E9%80%B2%E6%9B%B2&qid=1599627513&sr=8-1 (2226647)

映画『蒲田行進曲』にも出演され、テレビドラマでは人気を博した『スチュワーデス物語』にも出演すると、俳優としての知名度を一気に高めました。声優としても活躍しており、テレビ朝日で放送していた人気ドラマ『X-Files』の主役であるモルダーの吹き替えをしていることでも知られています。

風間杜夫さんにまつわるエピソード

麻雀

意外にも風間杜夫さんには雀士といった顔もあり、フジテレビ系列で放送された麻雀バラエティー番組『THEわれめDEポン』にも出演しています。番組内で行なわれたトーナメントでは5連覇を達成しており、これまでに計8回の優勝経験があるほどの腕前です。
CS放送の麻雀対局番組『モンド21麻雀BATTLE』にも出演していて、チーム優勝に貢献するといった活躍ぶりも見せています。こういった腕前をもつ背景として、母親が雀荘を営んでいたみたいで、風間杜夫さんにとって麻雀は身近な存在だったことも大きかったようです。

落語

舞台で落語家を演じたのを機会に、落語の勉強をはじめ、1997年にはテレビ番組で披露したこともあります。立川文志さん・春風亭小朝さんといった大御所の落語会にも出演しており、2006年には明治座にて『風間杜夫と六人の会』を公演しています。
これ以降も横浜にぎわい座にて、年2回ほどのペースで落語会を開催しているようです。

風間杜夫さんの主な代表作品

映画
『蒲田行進曲』

『蒲田行進曲』

公開:1982年
監督:深作欣二
出演:松坂慶子
   風間杜夫
   平田満

内容&あらすじ

「新選組」の撮影真っ只中、土方歳三に扮する“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎は、敵役の坂本龍馬を演じる橘が、主役の自分より目立っているのが気に入らない。さらに、最大の見せ場である“池田屋の階段落ち”のシーンが、命の危険を伴うため、中止になろうとしていた。そんなある夏の日、大部屋役者のヤスのアパートに、銀ちゃんが子供を身ごもった女優・小夏を連れてくるのだが……。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【コレがコレなもんで!】古き良き時代の撮影所が舞台「蒲田行進曲」

【コレがコレなもんで!】古き良き時代の撮影所が舞台「蒲田行進曲」

1982年公開のつかこうへい原作の「蒲田行進曲」。撮影所を舞台に落ち目だけれど気持ちは大スターの銀ちゃんと大部屋俳優のヤス、そこに銀ちゃんの子を妊娠した小雪の物語。クライマックスの「階段落ち」や「コレがコレなもんで」の名言(迷言?)、各賞を総ナメにした「蒲田行進曲」は、現在も語り継がれる昭和の名作です。
けん | 12,227 view
【THEわれめDEポン】芸能人のヒキが半端じゃない!人気麻雀番組を振り返る。

【THEわれめDEポン】芸能人のヒキが半端じゃない!人気麻雀番組を振り返る。

深夜たまたまテレビを見ていてこの番組をやっていると、ラッキーな気分になったわれめdeポン!運の塊な一流芸能人のヒキの強さは凄い!!
【矢崎滋】数々のドラマ・映画に出演した名俳優!プロフィール・代表作品まとめ!

【矢崎滋】数々のドラマ・映画に出演した名俳優!プロフィール・代表作品まとめ!

昭和から平成と時代をまたいで活躍した名俳優・矢崎滋さん。主演・主役といった作品には恵まれなかったものの、脇を固める存在として大いに活躍されました。そんな矢崎滋さんにスポットを当てて、その半生・代表作品や最近の暮らしぶりをまとめました。ぜひ記事をご覧になって、ご一緒に活躍ぶりを振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 163 view
『爆竜戦隊アバレンジャー』で樹らんる・アバレイエロー役を演じた『いとうあいこ』!!

『爆竜戦隊アバレンジャー』で樹らんる・アバレイエロー役を演じた『いとうあいこ』!!

特撮ヒーロドラマ「アバレンジャー」など数々のドラマや映画に活躍した女優いとうあいこさん。現在は結婚されて芸能界を引退されたそうです。気になり追ってみました。
ギャング | 2,228 view
「3年B組金八先生」で熱血野球少年の平山栄吉を演じた!『茂木昌則』の現在!!

「3年B組金八先生」で熱血野球少年の平山栄吉を演じた!『茂木昌則』の現在!!

皆さんは「3年B組金八先生」で平山栄吉役を演じた茂木昌則さんを覚えていますか?古くは、ドラマなどで近所のいじめっ子役がドはまりだった子役出身の俳優さんです。現在は俳優とは別の道に進んでると言う・・・。
ギャング | 1,631 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト