ローランドの名器「TR-808」「TR-909」の音色が精密に再現されたリズムマシン『TR-8S』が登場!
2018年3月12日 更新

ローランドの名器「TR-808」「TR-909」の音色が精密に再現されたリズムマシン『TR-8S』が登場!

80年代からのヒップホップやハウス、テクノなどの音楽シーンにおいて活躍したローランド「TR-808」や「TR-909」のリズムマシン。そのサウンドを精密に再現し、最新の音楽表現をも可能にしたリズムマシン『TR-8S』が、3月24日に発売される。

384 view

「TR-808」や「TR-909」のサウンドを精密に再現したリズムマシン『TR-8S』が3月24日に発売!

ローランド株式会社は、ダンス・ミュージックに欠かせない歴史的な名器として人気の高いリズムマシン「TR-808」や「TR-909」のサウンドを精密に再現し、さらに最新のサウンドと組み合わせた音色で新しい音楽表現を実現するリズム・パフォーマー『TR-8S』を、2018年3月24日(土)に発売します。
初年度販売予定台数は7,000台(国内/海外計)となっています。

Roland TR-8S Rhythm Performer

※製品プロモーション動画
1980年代以降に隆盛を極めたヒップホップやハウス、テクノなどの音楽シーンにおいて、「TR-808」や「TR-909」をはじめとするローランドのリズムマシンは、アナログ回路から生み出される重厚な低音、機械的ながら独特なグルーブ感、望み通りのリズム・パターンを作成できる自由度などが評価され、革新的な楽器として多くのアーティストに愛用されました。

それらのサウンドは、現在の音楽シーンにおいても重用され、市場では“TRサウンド”を収録した楽曲制作用のオーディオ素材なども数多く流通しています。

市場ではその音色を模したハードウェアやソフトウェアが多くのメーカーから発表されていますが、オリジナル・メーカーであるローランドへ「TRシリーズ」音色の再現を求める強い声がありました。

このような要望に応え、ローランドは、2014年に新たに「AIRAシリーズ」を発表。代表機種である「TR-8」は、「TR-808」「TR-909」の音色はもちろん、アナログ回路の振る舞いまでを独自技術「ACB(Analog Circuit Behavior)」で忠実に再現し、アナログのサウンドと、デジタルならではの機能を兼ね備えた先進的な楽器として世界中で高く評価されています。
『TR-8S』演奏イメージ

『TR-8S』演奏イメージ

リズム・パフォーマー『TR-8S』の特長

このたび発売する『TR-8S』は、「TR-8」の基本機能を継承しつつ、ミュージシャンやクリエーターからのさらなる要望に応えて音質・機能を強化したハイグレード・モデルです。

パワーアップした新開発の音源を搭載し、「TR-808」「TR-909」をはじめとする歴代「TRシリーズ」の音色も新たにブラッシュアップしました。また現在のダンス・ミュージックに対応する最新サウンドやリズム・パターンも多数内蔵。

さらに、ユーザー自身が本体に好みのオーディオ・サンプルを取りこむことも可能です。ビンテージのサウンドと、最新のサウンドを組み合わせたユーザー独自のドラム・キットを作ることができ、これまで以上に創造性豊かな音楽制作を行えます。

また、『TR-8S』は、視認性に優れ、好みのカラーに設定可能なLEDフェーダーやつまみの操作で音色に変化を加えたり、エフェクターを駆使して音色を劇的に変化させるなど、印象的なパフォーマンスをリアルタイムに行うことが可能です。

リズムの各音色を個別に出力できる8系統の出力端子も装備し、ミキサーなどの外部機器と組み合わせた音作りにも対応。USBケーブルでパソコンと接続すれば、音楽制作ソフトウェアと連携してデジタル・レコーディングを行うなど、ライブ・パフォーマンスから音楽制作まで、さまざまな場面で活躍します。
リズム・パフォーマー『TR-8S』

リズム・パフォーマー『TR-8S』

「TR-808」

1曲分のリズムを自由に作成できる画期的なリズムマシンとして1980年に発売。当時のミュージシャンやプロデューサーの音楽制作に大きな影響を与えました。

歯切れのよいスネアドラム、重低音のバス・ドラム、特徴的なカウベルやハンドクラップ(手拍子)など、その独特なサウンドは、発売後30年経った今もなお、根強く支持されています。
「TR-808」

「TR-808」

「TR-909」

1983年に「TR-808」の後継として登場した、アナログとデジタルのハイブリッドな音源による個性的なサウンドが特長のリズムマシン。

1980年代後半から隆盛したハウスやテクノなどのダンス音楽において欠かすことのできないものとなり、現在も多くのアーティストに愛用されています。
「TR-909」

「TR-909」

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの未公表写真が45年ぶりに発掘!それらを1冊にまとめたデジタル写真集「アグネス・ラム 砂浜の恋人」が、小学館より現在好評発売中です。
隣人速報 | 5,947 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 639 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 214 view
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 1,670 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト