【石原豪人】怪奇・怪獣の挿絵で少年少女を震え上がらせた奇才イラストレーター
2017年6月27日 更新

【石原豪人】怪奇・怪獣の挿絵で少年少女を震え上がらせた奇才イラストレーター

幽霊・妖怪・怪獣・宇宙人などを劇画調のイラストで描き、少年少女を恐怖へ陥れた石原豪人(いしはら ごうじん)。 昭和30年頃から挿絵画家として活動を始め、リアルかつエロティックな表現で40年に渡ってあらゆるイラストを世に送り出した奇才の功績を振り返る

25,744 view
エロやSMへ進出した石原豪人だが、その勢いはとどまることを知らない。
女性のエロスを書くだけでは飽き足らず、男性同士のエロ・ホモにまで手を伸ばす。

ゲイ雑誌『さぶ』の中面や巻末には、林月光として読者投稿のホモ体験談を脚色して絵物語に仕立てた『月光・天狗劇場』も掲載していた。
「今昔男色寺」

「今昔男色寺」

「体臭」

「体臭」

板前と客?

板前と客?

こっ、この手は?

こっ、この手は?

水面の下では…

水面の下では…

石原豪人の挿絵・イラスト『マリオブラザーズ』編

マリオブラザーズ①

マリオブラザーズ①

ファミコン通信1990年11月23日号増刊「嗚呼!感動 マリオブラザーズの青春」
マリオブラザーズ②

マリオブラザーズ②

やたらとセクシーなピーチ姫。
ナンパな感じのルイージ
マリオブラザーズ③

マリオブラザーズ③

石原豪人先生にかかればマリオとルイージがこんな姿に…
『さぶ』だよっ!
『さぶ』の世界になっちゃったYO!

奇才イラストレーター・石原豪人はどんな人物だったのか?

豊かな想像力と、卓越した画力。
その両方を兼ね備え、膨大な作品を生み続けた石原豪人はどんな人物だったのか?
石原 豪人(いしはら ごうじん)

石原 豪人(いしはら ごうじん)

1923年(大正12年)3月15日生まれ
本名:石原徹
出生地:島根県簸川郡大社町
血液型:不明
(写真は29歳頃の石原豪人)

少年時代から発揮されていた石原豪人の圧倒的な画力

天才的な挿絵の魅力は幼少時代に、郷土の島根県出雲市大社町で芝居小屋に通い続けた経験から起因し、映画雑誌に投稿し続けた少年時代にすでに大半が確立されていたという。
15歳の時には映画雑誌『オール松竹』の似顔絵募集で一等に当選している。

旧制中学を卒業後、満州へ行き壮絶な経験をする

旧制中学を卒業後、18歳で現在の満州(中国・内蒙古自治区)に渡り、電気関係の会社に就職する傍ら、アルバイトで映画の看板描きをする。
そこで戦争を体験し、徴兵されて日本軍の情報部でスパイ活動もしていたという。
死の危険を常に感じる環境で激烈な青春時代を過ごした。

帰国後、学業に付きながら絵を描き続ける。

終戦後は日本へ帰国し、松江市で映画の看板や紙芝居を描く仕事をした後、上京して高校に進学。
この頃、知人から「石原豪人」のペンネームをもらう。
通学しながら映画関連の仕事を続け、日本大学芸術学部に進学。
しかし、肺結核の治療のため学費の支払いが困難になり、また仕事が多忙になったこともあり中退した。
手書きが主流だった映画看板

手書きが主流だった映画看板

映画館によって大小・縦横比がバラバラなため、ポスターではなく一枚一枚を職人が描いていた。
客を引き付ける迫力ある画力と、大きな絵を納期までに確実に仕上げるスピードの両方が求められる過酷な仕事であった。
93 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • まりっぺ。 2018/11/19 14:51

    石原豪人さんが描いた、妖怪の本は子供の頃見た時は超怖かったけど。
    他にも、エロ画集も描いてたなんて初耳です。(笑)
    追伸、慎んでご冥福をお祈りします。合掌。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト