角川映画でヒロインの相手役を演じた『高柳良一』の現在が気になる!
2019年7月19日 更新

角川映画でヒロインの相手役を演じた『高柳良一』の現在が気になる!

1981年頃から、尾美としのりさんと共に、角川映画でヒロインの相手役を演じた『高柳良一』さん。多くの映画やドラマで活躍されていましたが、いつの間にか芸能界から姿を消しました。そんな高柳さんのこれまでの活躍や現在を探ってみたいと思います。

4,011 view

高柳良一プロフィール

【高柳良一プロフィール】
名前:高柳 良一
(たかやなぎ りょういち)
戸籍上:髙栁 良一
生年月日:1964年1月31日(55歳)
出身地:東京都
身長:178㎝


高柳良一さんは、慶応義塾高等学校在学中の1981年、薬師丸ひろ子さん主演の

角川映画『ねらわれた学園』のオーディションに合格して、

芸能界に入りました。


1978年に『野生の証明』でデビューした薬師丸ひろ子さんは、同作品で一躍注目を集めましたね。

薬師丸さんを更にメジャーにするためにも、『ねらわれた学園』の相手役・関耕児は非常に重要になるわけです。

そこで、関耕児役は

一般からのオーディションで選ぶことに。


そして、応募総数18000人の中から選ばれたのが高柳良一さんでした。

確かに、育ちが良さそうな爽やか青年でしたよね。

因みに、クリス松村さんやフジテレビアナウンサーの笠井信輔さんも、同オーディションに書類を送った過去があるようですよ。
 (2120592)

ねらわれた学園

ねらわれた学園は、1981年7月に公開。

同作品は、大林監督の独自の映像スタイルに拘った『大林ワールド』を確立させた映画でもあります。

映画のヒットにより、主演の薬師丸ひろ子さんの人気が更に上昇したこともあって、

同作品は『アイドル映画』の先駆け

と呼ばれるようになりました。

時をかける少女

ねらわれた学園で知名度を上げた高柳良一さんは、原田知世さんのスクリーンデビュー作

『時をける少女』に出演しました。

この映画は、1983年7月に公開され、

配給収入28億円を記録して、

邦画では年間2位となりました。


高柳さんは深町一夫を演じていたのですが、演技が『棒』過ぎて…

前作より下手になったんじゃない?

なんて思っていたのですが、実は未来人の役柄のため、敢えて棒読みにするよう

『監督から演技指導』

があったようなんです。

それでしたら納得ですね。
また、この映画で元ザ・タイガースの『岸部一徳』さんが漢文の教師役を演じていました。

この時、慶應義塾高等学校に在籍していた高柳さん。

高校(実生活)では、漢文の教諭で元ザ・タイガースの『瞳みのる』さんから授業を受けていました。

映画の高校では岸部一徳さんから

実生活の高校では瞳みのるさんから


元タイガースの2人から漢文を習うという

希有な経験をされているようです。

時をかける少女ending

角川映画の常連に

ねらわれた学園でデビューした高柳良一さんは、角川映画の常連キャストとして活躍していました。

『里見八犬伝』『少年ケニア』『天国にいちばん近い島』など多くのヒット映画に出演。

『角川三人娘』と称された

✔薬師丸ひろ子さん
✔原田知世さん
✔渡辺典子さん

らと共演され、

角川映画及び大林宣彦監督作品には欠かせない存在となっていきました。

ところが、1986年4月公開の映画『キャバレー』を最後に、

俳優業を引退されたのです。

現在の高柳良一は?

1986年慶応義塾大学の卒業と共に、俳優業を退いた高柳良一さんは、角川書店に入社。

雑誌『野生時代』の編集などを担当。

その後、1994年に角川書店を退社して、ニッポン放送に入社されています。

2008年12月20日には、フジテレビ系『決定!!芸能界100人アンケート 今見たい聴きたいベストヒット!』の

『もう一度会いたい俳優』コーナーに出演して

ニッポン放送の促進部で副部長を務めていることを明かしました。

原田知世と交流を続けていた!

2011年5月7日、有楽町で開催された『時をかける少女』のトークイベントに、

客席から高柳良一さんが参加して

会場を沸かせたそうです。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

こんなに素敵な場所があるなんて!大林宣彦監督の尾道三部作をロケ地とあわせて振り返ります。

こんなに素敵な場所があるなんて!大林宣彦監督の尾道三部作をロケ地とあわせて振り返ります。

大林監督の1982年から始まる尾道三部作。主演した小林聡美も原田知世も富田靖子も、みんな初々しい!しかも、三作品とも日本を代表する名作ときたもんだ。尾道のロケ地とあわせて振り返ります。きっと尾道に行きたくなりますよ。
obladioblada | 2,963 view
80年代女性アイドルの直筆サインまとめ!!(1980年~1982年デビュー編)

80年代女性アイドルの直筆サインまとめ!!(1980年~1982年デビュー編)

いつの時代も、アイドルファンにとって憧れのアイテムってありますよね。それが貴重であればあるほど、他のファンに自慢出来たりしたものです。この記事では、そんな貴重な品の筆頭である「直筆サイン」について特集してみたいと思います。
【週刊 20世紀Walker】Vol23号 新企画!「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第2弾は「原田知世」

【週刊 20世紀Walker】Vol23号 新企画!「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第2弾は「原田知世」

さあ~【週刊 20世紀Walker】の新企画!その名も「編集長・山本圭亮と助手・富田葵の昭和ヒットパレード!毎週1アーティストをチョイスして編集長と助手のオススメを1曲ずつお送りする至ってシンプルな企画。一部では企画の内容より二人のやり取りが面白いとの怪情報も~w
『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
余命3ヶ月で新作を撮り切った大林宣彦!角川映画や家族と共に振り返る『文藝別冊 大林宣彦 』が発売!

余命3ヶ月で新作を撮り切った大林宣彦!角川映画や家族と共に振り返る『文藝別冊 大林宣彦 』が発売!

70年代後半から、日本映画界を支え続けてきた映画作家・大林宣彦。新作『花筐/HANAGATAMI』の公開を前に大林宣彦監督のこれまでの軌跡を振り返る、文藝別冊『大林宣彦 「ウソからマコト」の映画』が河出書房新社より発売された。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト