【ユーミン】ジュリーも!?トシちゃんも!?ユーミンが楽曲提供してヒットした歌手7選
2023年1月31日 更新

【ユーミン】ジュリーも!?トシちゃんも!?ユーミンが楽曲提供してヒットした歌手7選

ユーミンは、20歳過ぎの頃から楽曲提供を行っており、結婚前の荒井由実、結婚後の松任谷由実、ペンネームの呉田軽穂と、クレジット名も多岐に渡ります。役割も様々で、作詞のみ、作曲のみ、作詞作曲両方、日本語詞など。歌い手も男性、女性、アイドル、フォークシンガーと守備範囲の広さが窺えます。今回はその中から、昭和にヒットした歌手7選をご紹介します。

1,285 view

『いちご白書』をもう一度 / バンバン

リリース日:1975年8月1日

作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:瀬尾一三


1971年のデビュー以後、4枚のシングルをリリースするも未だヒットのなかったバンバン。その救世主となったのが、当時人気急上昇中だった荒井由実でした。バンバンのばんばひろふみは、荒井由実の楽曲に感銘を受け、松任谷正隆の伝で楽曲を依頼。5枚目のシングルとなった『『いちご白書』をもう一度』は、なんといきなりオリコンシングルチャートでナンバーワンを獲得しました。年間チャートでは1975年に13位、1976年に31位を記録しています。

因みに『いちご白書』とは、1970年公開のアメリカ映画のタイトルで、1960年代の学園紛争がもとになった作品です。

『いちご白書』をもう一度 / バンバン

ウィンクでさよなら / 沢田研二

リリース日:1976年5月1日

作詞:荒井由実
作曲:加瀬邦彦
編曲:大野克夫


荒井由実は、1976年に松任谷正隆と結婚して松任谷由実となりますが、その年の結婚前に楽曲提供した一つが『ウィンクでさよなら』です。沢田研二の16枚目のソロシングルで、オリコンシングルチャートでは最高位7位を記録しました。作曲は、ザ・ワイルドワンズの解散後、沢田研二の音楽プロデュースに携わっていた加瀬邦彦。あの名曲『勝手にしやがれ』がリリースされるのは、ちょうどここから一年後です。

1978年には、フジテレビの音楽番組「ミュージックフェア」で沢田研二と松任谷由実が共演。その際、『静かなまぼろし』という楽曲を提供しますが、音源化されたのは1989年の沢田研二のアルバム『彼は眠れない』でした。

ウィンクでさよなら / 沢田研二

赤いスイートピー / 松田聖子

リリース日:1982年1月21日

作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆


1980年代、アイドル・松田聖子がヒット曲を量産していた当時、曲作りの中心だった二人が、作詞・松本隆作曲・松任谷由実でした。コンビ最初の曲が、8枚目のシングル『赤いスイートピー』です。

松本隆は、6枚目の『白いパラソル』から作詞を担当していましたが、松任谷由実はこの時が初めて。知名度で選ばれたくないという思いから、ペンネーム・呉田軽穂の使用を条件に作曲を快諾しました。本曲は松田聖子を代表する曲となり、オリコンシングルチャートでナンバーワンを獲得。年間チャートでも12位を記録しています。

『渚のバルコニー』『小麦色のマーメイド』『秘密の花園』『瞳はダイアモンド』『Rock'n Rouge』なども二人が手がけた作品で、聖子ファンならずとも知る名曲ばかりです。

赤いスイートピー / 松田聖子

時をかける少女 / 原田知世

リリース日:1983年4月21日

作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆


『時をかける少女』は、原田知世の3枚目のシングルで、自身の主演映画『時をかける少女』主題歌です。作詞・作曲を松任谷由実、編曲を松任谷正隆が手がけた松任谷夫婦による作品で、原田知世にとっては初のヒット曲となりました。B面の『ずっとそばに』も夫婦による作品です。オリコンシングルチャートでは最高位2位、年間チャートでも11位を記録しています。

本人出演の角川文庫「ザテレビジョン」のCMソングとしても起用されました。因みに、4枚目のシングル『ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ』は、原田知世、松任谷由実が同じ年に二人そろってシングルリリースした楽曲です。

時をかける少女 / 原田知世

角川文庫「ザテレビジョン」CM

雨音はショパンの調べ / 小林麻美

リリース日:1984年4月21日

作詞:Gazebo, P.L.Giombini
作曲:Gazebo, P.L.Giombini
編曲:新川博
日本語詞:松任谷由実


『雨音はショパンの調べ』は、女優やモデルとして活躍していた小林麻美の8枚目のシングルで、アイドル歌手時代以来8年ぶりのリリースです。原曲はイタリアのシンガー、ガゼボ『アイ・ライク・ショパン』で、日本語詞を友人の松任谷由実が手がけました。オリコンシングルチャートでナンバーワンを獲得し、年間チャートでも12位を記録しています。曲は大ヒットしましたが、音楽番組には一度も出演していません。

因みに、ガゼボの原曲は、イタリア、ドイツ、スイスなどでナンバーワンを獲得。日本でもオリコン9位にランクインしました。

雨音はショパンの調べ / 小林麻美

アイ・ライク・ショパン / ガゼボ

Woman "Wの悲劇"より / 薬師丸ひろ子

リリース日:1984年10月24日

作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆


『Woman "Wの悲劇"より』は、薬師丸ひろ子の4枚目のシングルで、自身の主演映画『Wの悲劇』主題歌です。松田聖子ではおなじみの松本隆&松任谷由実コンビが手がけた楽曲で、ペンネームも呉田軽穂名義でクレジットされています。オリコンシングルチャートでは、『探偵物語/すこしだけやさしく』に続く2曲目のナンバーワンを獲得しました。

本人出演の資生堂「ポーセリア」のCMソングとしても起用され、映画だけでなくテレビでも親しまれた曲です。

Woman "Wの悲劇"より / 薬師丸ひろ子

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【松田聖子】B面なのにA面より名曲!? 独断と偏見のカップリング名曲7選

【松田聖子】B面なのにA面より名曲!? 独断と偏見のカップリング名曲7選

シングルのB面というと、A面のおまけのような扱いをされがちですが、彼女のB面曲は違います。その人気ぶりは、B面だけのベストアルバムができるほどで、中には、ファンならずとも知る超有名曲まであります。今回は、筆者の独断と偏見で、松田聖子のB面曲7選をご紹介します。
izaiza347 | 921 view
天才過ぎる!20代前半の荒井由実が他人に提供した名曲たち

天才過ぎる!20代前半の荒井由実が他人に提供した名曲たち

今なお、音楽業界の第一線で活躍を続けるユーミンこと松任谷由実。もともと作曲家としてデビューした彼女は、「荒井由実」と名乗っていた70年代から、その才能を遺憾なく発揮し、数多くのアーティストへ楽曲提供を行ってきました、今回はその中でも特に有名な数曲を紹介していきます。
こじへい | 8,788 view
ユーミンが呉田軽穂の名前で他のアーティストに提供した曲は、それはもう名曲ばかり!

ユーミンが呉田軽穂の名前で他のアーティストに提供した曲は、それはもう名曲ばかり!

ユーミンこと松任谷由実は、結婚前の荒井由実時代から素晴らしい曲を様々なアーティストに提供しています。中でもネームバリューを活かさずに曲だけで評価されたいということから呉田軽穂というペンネームで発表した曲はさすがに名曲ばかりです。
obladioblada | 28,436 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
八神純子、佐野元春、渡辺美里、原田知世…2枚組LP『大村雅朗の奇跡〜Compiled by佐橋佳幸&亀田誠治〜』が発売!

八神純子、佐野元春、渡辺美里、原田知世…2枚組LP『大村雅朗の奇跡〜Compiled by佐橋佳幸&亀田誠治〜』が発売!

ソニー・ミュージックダイレクトより、昭和の時代のポップスシーンを彩った作編曲家・大村雅朗(1997年に46歳で死去)の2枚組コンピレーションLP『大村雅朗の奇跡〜Compiled by 佐橋佳幸 & 亀田誠治〜』の発売が決定しました。
隣人速報 | 438 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト