夫婦は結婚後も愛し合っているのか?二人の心のかけ引きをベットシーンで演じる、大人の恋愛事情を描いたドラマ『義務と演技』
2021年8月7日 更新

夫婦は結婚後も愛し合っているのか?二人の心のかけ引きをベットシーンで演じる、大人の恋愛事情を描いたドラマ『義務と演技』

1996年10月からTBS系列で放送された、二組の夫婦関係を描くドラマ。原作は内館牧子の小説「義務と演技」で、夫は妻とのセックスを義務として行いて、それに応じる妻は演技で愛される。二組の夫婦が抱えている不安や悩みを、ベットシーンを交えて描き、男と女の性生活を見直す内容となっている。

1,386 view

夫と妻のすれ違ってしまった気持ちからドラマが展開する

大倉家と武田家、二組の夫婦が抱えるセックス問題を、赤裸々描く。
90年代のドラマならではの、大胆なキスシーンやベッドシーンが多く、現在では放送されそうもない過激な演出があるドラマだ。
大浦龍宇一が演じる大倉謙次と、黒木瞳が演じる妻のみさきは、結婚7年目の幸せな家庭を築いていた。しかしこの夫婦は、セックスレスと言う問題を抱えている。いざとなると逃げる謙次と、自分から切り出せないみさき。表向きは円満な夫婦で、セックスレスだと言うこと以外は相手に不満がなく、今の関係を壊したくないために、お互いがその問題については言い出せずにいる。
一方の夫婦、浅野ゆう子が演じる武田祥子は、佐野史郎が演じる夫の芳彦の愛情に困っていた。芳彦は、妻を喜ばせるための義務でセックスを求めるが、それに対して祥子は、演技で応えていた。

原作は、内館牧子の同名ベストセラー小説

 (2293718)

二組の夫婦を通して描かれているのは、セックスレスや不倫。男女間の恋愛観や結婚観、セックスに対する考え方や感じ方の違いについて、本音が綴られている大人の危険なラブストーリー。
照明デザイナーの祥子は、謙次が勤務している東洋電器宣伝部に出入りしている。祥子と一緒に仕事をしたことで魅力を感じた謙次は、祥子と同じ香水をみさきにプレゼントする。
謙次は祥子を思い浮かべながらみさきを求め、みさきは喜びで応える。年に1回ほどのセックスですら、義務であり苦痛だと感じていた謙次だったが、祥子への好意でそれは一変してしまう。
セックスレスが解消されたことで、再び円満な夫婦関係が戻りつつあった頃、謙次が祥子と担当したイルミネーションのお披露目が行われた。みさきは娘と見学に行った先で祥子と会い、自分と同じ香水をつけていることに気がついた。

キャリアウーマンの祥子を浅野ゆう子が好演している

浅野ゆう子がデビューした頃の女性アイドルは、小柄が好まれていたため、長身のアイドルは少なかったようだ。
また、大人びたルックスだったことから、まだ中学生なのにも関わらずテレビドラマ「太陽にほえろ!」の内勤員役で出演していた。

不倫関係に陥ってしまう謙次と祥子。

 (2293719)

祥子が自分と同じ香水をつけていると気づいたみさきは、謙次との関係がうまく行かなくなる。
そんな時、謙次は祥子と愛し合ってしまう。会社では颯爽とした仕事ぶりで隙がないキャリアウーマンだが、ベットでの違った表情を見せる祥子に、謙次は心を奪われてしまう。そして不倫関係から抜け出せずにいた。
謙次と祥子の関係に気付いたみさきは、二人を別れさせるようと、祥子の夫である芳彦に会うことを決意する。
話を聞いてくれたものの、芳彦は信じてくれないどころか、二人の関係を壊して欲しいとお願いしたみさきの考えに対して、取り合ってくれる様子もなかった。
しかし、自分とのセックスの後、何事もなかったかのように平然と仕事をする祥子を見て、浮気を確信した。

二人の女性の間で揺れ動く謙次は大浦龍宇一

94年にフジテレビで放送されたドラマ『この世の果て』のオーディションに合格し俳優デビューを果たす。
映画やドラマに出演する一方、アニメ「ウルトラマンギンガ」UPGの隊長である、陣野義昭役など多方面で活躍する。

セックスレスに悩むみさきを演じたのは黒木瞳

81年に宝塚歌劇団に入団し、月組の娘役として活躍する。退団後は『化身』で映画主演デビューを果たし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。

二組の夫婦がパートナーとの関係を見直す

 (2293720)

祥子の浮気の腹いせから、芳彦はみさきに浮気を提案する。その理由に納得できないみさきは断るが、執拗に関係を迫る芳彦は、みさきを裸にさせる。
謙次と別れた祥子は、芳彦に全てを話し許しを請うが、芳彦は離婚話を切り出す。一方、謙次とみさきは家庭が崩壊する危機を乗り越え、夫婦関係は修復されることとなった。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

人気番組のロケ中にヒグマの襲撃にあってしまった悲劇の写真家・星野道夫とは?

人気番組のロケ中にヒグマの襲撃にあってしまった悲劇の写真家・星野道夫とは?

自然の厳しさと美しさに魅せられ、アラスカに住む動物や自然を写真で伝え続けてくれた探検家であり写真家でもある星野道夫さん。大自然での経験豊富な星野道夫さんは1996年にTBSの人気番組「どうぶつ奇想天外」に出演し、ヒグマに襲われて帰らぬ人になってしまいました。でも星野道夫さんが遺してくれた数多くの写真や功績は多くの人々の心を今も打ち続けています。今回はそんな星野道夫さんの生涯や、ヒグマ襲撃事件についてご紹介します。
そうすけ | 1,777 view
同級生でも対照的な生活環境で暮らす主人公を、デビュー間もないKinKi Kidsが演じる『若葉のころ』

同級生でも対照的な生活環境で暮らす主人公を、デビュー間もないKinKi Kidsが演じる『若葉のころ』

結成して間もないKinKi Kidsが主演のドラマで、1996年4月から6月まで、TBS系で毎週金曜日の21時から放送された。堂本光一演じる藤木甲斐は、大病院の次男に産まれ、不自由なく暮らしていた。一方の、堂本剛演じる相沢武司は、貧しい家庭で育ち、自身がアルバイトをして弟妹を支えながら学校に通う生活している。 武司が高校に転入し、甲斐と出会ったことで物語がスタートしていく。ドラマの主題歌は「Friends」で、CDデビューをしていないKinKi Kidsが歌っている。
kankengon | 609 view
【PR】国内ドラマ「夜行観覧車」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

【PR】国内ドラマ「夜行観覧車」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

「夜行観覧車」は2013年1月から3月までTBSで放送されたドラマです。原作は湊かなえの同名小説。キャッチコピーは「もう、戻れない。」主演は鈴木京香。石田ゆり子、宮迫博之、杉咲花、安田章大らが出演したこの作品を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。
懐かしの『王様のブランチ』歴代の女性リポーターBRAN-KO(ブラン娘)達!!

懐かしの『王様のブランチ』歴代の女性リポーターBRAN-KO(ブラン娘)達!!

土曜日の昼間といえば『王様のブランチ』。番組の顔ともいえる女性リポーター(ブラン娘)。歴代のブラン娘達が気になりまとめてみました。但し今回は2000年迄に登場した方たちに限らさせていただきます。
ギャング | 75,781 view
コメディ映画「スーパーの女」 正直屋と安売り大魔王のスーパー対決!主役のおばさん花子があの手この手で落ち目のスーパーを盛り上げます!

コメディ映画「スーパーの女」 正直屋と安売り大魔王のスーパー対決!主役のおばさん花子があの手この手で落ち目のスーパーを盛り上げます!

1996年公開 「スーパーの女」。伊丹十三監督らしい庶民的な題材が、面白おかしく描かれています。後年に問題となる食品偽装に関しても言及している点など先見的な作品でもありました。
ひで語録 | 15,580 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト