80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品
2018年5月6日 更新

80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

懐かしい80年代の甘酸っぱい青春時代の記憶と当時の空気感も満喫できる不朽の名作『めぞん一刻』など少年誌の「ラブコメ」作品を振り返ってみましょう。名作は色あせず。昭和臭がむしろ良いですねえ。

36,362 view

ドタバタ喜劇的要素を伴った恋愛漫画『おくさまは18歳』(原作1969 - 70年連載)は典型的な「ラブコメ」のスタイルを生み出した作品

ドタバタ喜劇的要素を伴った恋愛漫画『おくさまは18歳』...

ドタバタ喜劇的要素を伴った恋愛漫画『おくさまは18歳』(原作1969 - 70年連載)

元来少女漫画の世界では、ドタバタ喜劇的要素を伴った恋愛漫画(特に『おくさまは18歳』(原作1969 - 70年連載)は典型的なスタイルを生み出した作品とされる)を指していた用語だったが、1970年代の終わりから1980年代の前半にサンデーの『うる星やつら』(高橋留美子、1978 - 87年連載)、ビッグコミックの『みゆき』(あだち充、1980 - 84年連載)、マガジンの『翔んだカップル』(柳沢きみお、1978 - 81年連載)などの作品のヒットによって少年漫画の世界にも近似の手法が確立した時代に、「ラブコメ」という略称とともに広く一般に定着した。

隠れラブコメ:不良ものから徐々にさわやか路線に変わっていった「750ライダー」とギャグものの体裁を保ちながら恋愛を主題にした「月とスッポン」

不良もの路線で始まった「750ライダー」

不良もの路線で始まった「750ライダー」

『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1975年から1985年まで連載された。「高校2年生の青春」をテーマにした学園漫画。人気の高まりで連載が10年続いた。
「750ライダー」の連載当初では、主人公はアウトローで...

「750ライダー」の連載当初では、主人公はアウトローで暴走族とも争っていたが・・・。

「750ライダー」は、さわやかな青春グラフィティ路線に...

「750ライダー」は、さわやかな青春グラフィティ路線に変更された。隠れラブコメ。

当初は登場人物も少し劇画風で内容もシリアスだったが、徐々に恋愛を絡ませたさわやかな青春漫画となる。
「750ライダー」の後半は、さわやか「ラブコメ」路線に...

「750ライダー」の後半は、さわやか「ラブコメ」路線になっていた。隠れラブコメ。

最終回は巻頭カラーで1985年1月25日号。高校3年に進級する春を目前にした冬、主人公と仲間たちが10年後の自分にレターを書き、瓶に入れて地面に埋め、タイムカプセルとするところで終わっている。
ギャグものの体裁を保ちながら恋愛を主題にした「月とスッポン」

ギャグものの体裁を保ちながら恋愛を主題にした「月とスッポン」

『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1976年24号から1982年9号まで連載された。

ドジでチビな土田新一(つちだ・しんいち)と可愛くてスタイル抜群な花岡世界(はなおか・せかい)、まるで月とスッポンのようなデコボコカップルを描いた学園ラブコメディ。
当時の柳沢は『翔んだカップル』執筆以前であり、少年誌にラブコメの概念がなく、柳沢自身もギャグ漫画家として世間に認知されていたため、連載時はギャグ漫画に位置づけされている。

しかし、物語全体の流れから見ると恋愛物語として捉えることもできるため、後年の『チャンピオン』ではラブコメとして紹介されたこともある。
幼なじみ以上、恋人未満の微妙な関係にある新一と世界のカ...

幼なじみ以上、恋人未満の微妙な関係にある新一と世界のカップルの恋愛を軸に、中学から高校時代の学校生活、家族関係、恋愛を描いた作品である。

うる星やつら(SFとラブコメの融合) 1978年39号 - 1987年8号

うる星やつら(SFとラブコメの融合) 1978年39号...

うる星やつら(SFとラブコメの融合) 1978年39号 - 1987年8号

高橋留美子の初期代表作で、後年に本作と『めぞん一刻』を(自身の)20代の漫画で自分の青春と語っている。

浮気者の高校生諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に架空の町、友引町や宇宙や異次元などを舞台にしたラブコメタッチのギャグ漫画。
その内容の斬新さと魅力的なキャラクターは1980年代のみならず以降の漫画界とアニメ界に衝撃を与え、当時の若者たちの圧倒的支持を受けて一大ブームを引き起こし、若者文化にも影響を与えた。
恋多き男・あたると宇宙から来た押しかけ女房・ラムの果て...

恋多き男・あたると宇宙から来た押しかけ女房・ラムの果てしなき鬼ごっこが始まる。

「うる星やつら」最終話

「うる星やつら」最終話

結局「好き」と言わずじまいで鬼ごっこは終結するが、最後には「いまわの際にいってやる!!」と、遠回しの表現でラムを生涯愛するという意思を見せ、「一生痴話げんか続ける気か」と周囲から突っ込まれつつも幸せそうに二人で駆けていく後ろ姿で物語は終わる。

Urusei Yatsura - TV Theme Song Best

1 ラムのラヴソング (松谷祐子) 0:00
2 宇宙は大ヘンだ! (松谷祐子) 02:39
3 心細いな (ヘレン笹野) 06:06
4 星空サイクリング (ヴァージンVS)09:38    
5 I・I・You&愛 (小林泉美)  13:03
6 Dancing Star (小林泉美) 17:18
7 夢は Love me more (小林泉美)20:27
8 パジャマ・じゃまだ! (成清加奈子)23:15 
9 恋のメビウス (リッツ)26:57
10 Chance on Love (シンディ)30:01
11 Open Invitation (シンディ)33:24
12 Rock The Planet (ステファニー) 36:58
13 Every Day (ステファニー)40:28
14 殿方ごめん遊ばせ (南 翔子) 43:57
15 Good Luck ~永遠より愛をこめて~ (南翔子)47:18

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』発売告知CM(30秒)

攻殻機動隊の監督を務めた押井守の原点であり出世作でもある高橋留美子原作の『うる星やつら』劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作がファン待望のBlu-ray化!!

うる星やつら 劇場版メドレー URUSEI YATURA

うる星やつら オンリー・ユー
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ
うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー
うる星やつら 完結篇
うる星やつら いつだってマイ・ダーリン

「翔んだカップル」(1978年~)少年マガジン

「翔んだカップル」(1978年~)少年マガジン

「翔んだカップル」(1978年~)少年マガジン

100 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
高橋留美子のプロデビュー前のペンネーム「けも・こびる」とは?

高橋留美子のプロデビュー前のペンネーム「けも・こびる」とは?

日本を代表する女性漫画家・高橋留美子。ミドルエッジ世代であれば誰もが彼女の作品に触れたことがあるでしょう。そんな彼女が1978年に「勝手なやつら」でデビューする前に、別名義で同人活動をしていたのを皆さんご存知でしょうか?この記事では、高橋留美子の別名義での作品にスポットを当ててみたいと思います。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 9,935 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト