2017年4月21日 更新

【1993年秋放送】第2回空耳アワードノミネート作品の超・個人的セレクト

テレビ朝日系「タモリ俱楽部」で、1992年からコーナーが始まり、2017年で25周年を迎えた「空耳アワー」。1993年秋に放送された、「第2回空耳アワード」にノミネートされた曲から個人的にセレクトし、原曲で聴いていきたいと思います。再生開始時間を空耳部分が聞きやすいところに設定してあります。

3,979 view

第2回「空耳アワード」の審査員(ゲスト)

審査委員長 タモリさん
司会進行  安斎 肇さん(ソラミミスト)
ゲスト   マイケル富岡さん(ヤキソバン)
      萩原 健太さん(音楽評論家)
      蛭子 能収さん(漫画家)

撮影はなんとほんものの「耳鼻科」の中で行われました。

それでは、ノミネート作品を見ていきましょう。

「花のパリ側~なめこそば~」 クイーン 

Queen - My Melancholy Blues (BBC Version)

クイーン「マイ・メランコリー・ブルース」より。
「花のパリ”側”」っていう日本語はないし、「パリ”ざわ”」に聞こえますが、それはご愛嬌と
いうことで。
「なめこそば」は確実に聞こえますね。

フレディ・マーキュリーさんの高音域が冴えわたっています。
また、フレディさん独特の衣装ですよね。

原詞:「ANOTHER PARTY'S OVER - AND I'M LEFT COLD SOBER 」

「阿部係長、理系」 ナジマ

najma 「Baabul」

ナジマ「バーブル」より。
これも、「阿部係長、理系~」と連呼しています。
邦題では、「私の家」という意味だそうです。
イギリス生まれのインド人の歌手の方だそうです。
インドっぽい歌ですね確かに。
ヒンズー語なのでしょうか。

原詞:「BAABUL KA GHAR CHOR KE」

農協牛乳! プリンス(アワードグランプリ獲得作品)

Batman - BatDance

プリンスの「バットダンス」より「農協牛乳!」
かの有名な映画「バットマン」の曲ですね。
この後「農協牛乳!」を連呼しています。

第2回空耳アワードでは、この作品がグランプリを受賞しました。

原詞:「DON'T STOP DANCIN'」

元気出せよ、佐藤、、、。 ドクター・ジョン

Dr John Same old same old 1973

映像では、女の子にフラれ、がっかりして彼女と2人で写っている想い出の写真を破っている「佐藤君」のそばに友達が来て、「元気出せよ、佐藤、、、。」と、半分同情しながらなぐさめているシーンが描かれています。
「佐藤!」ではなく、つぶやくように、「佐藤、、、。」と言っているところが、「俺も佐藤の気持ちはわかるぜ。元気出せよ、、、。」と言っているようで、よりおかしさを増しています。

原詞:「DIG IT THAT'S AS FAR AS I'VE DONE」

「千代田生命に行こう!」定番のメタリカ

Metallica - Enter Sandman [Official Music Video]

クイーンと並ぶ空耳の双璧、メタリカの「エンター・サンドマン」。千代田生命に行こう!と聞こえます。

原詞:「TILL THE SANDMAN HE COMES」
千代田生命保険相互会社(ちよだせいめいほけん)は、かつて存在した日本の生命保険会社。2000年に経営破綻し、2001年にAIGスター生命保険株式会社へ包括移転されたが、その後プルデンシャル・ファイナンシャルが買収した事に伴い2012年1月にジブラルタ生命保険へ吸収合併され、同社に承継されている。
1993年の作品ですが、まさかこの後千代田生命がこのようになってしまうとは・・・。

ハッハッハッハ・・・おー頭痛い ソウル・ドラキュラ

ソウル ドラキュラ  ホット・ブラッド

HOT BLOODはフランスのスタジオミュージシャンが集まって結成された。メンバーの名前や人数、経歴など詳しいプロフィールは明らかにされていない。
代表曲「ソウルドラキュラ」が日本で大ヒットし、オリコンチャートでは7位にランクイン、売り上げは40万枚以上と好成績を収めた。
「ソウルドラキュラ」のヒットで日本では「奇怪ディスコ」がブームとなり、次々と類似した楽曲(「ソウル・フランケンシュタイン(キャプテン・ダックス)」、「セクシー・ドラキュラ(ムッシュ・ゴラゲール)」等)がリリースされ、自身もその後数曲を発表したが、ソウル・ドラキュラに匹敵するほどの大きなヒットは出なかった。
1976年の作品だそうです。
てか、ディスコってこういう曲がかかってたんですかね?
これで踊るんですかね。
DO IT TO YOU と言っているそうです。それがなぜ「頭痛い」に聞こえるのでしょうかね。

この映像のシチュエーションは、夜残業しているサラリーマンが、これを終わらせて早く帰るぞ!と頑張って書類の山を整理している時に、「はいこれもね」と、無慈悲にまた未処理の書類の山が積まれて、思わず「ハハハハ・・・」と笑い、「おー頭痛い」と、頭を抱えるシーンです。
この「ハハハハ・・・」と笑いたくなる心境、わかりますね。

変なオッチャン言うた、ヨッシャ!もう1回飯島にしよう!他にしよう!他にしよう!他にしよう!

The Prodigy Fire (Sunrise Version)

ザ・プロデイジー「ファイアー」より
これはもう、私の大好きな空耳ですね。
この長さと、ストーリーが完結しているところ。
そしてハッキリと聴こえ、しかも連呼している。
空耳マジックを代表する1作ですね。

英語にすると、「WHEN I WAS A YOUTH I USED TO BURN CALI WEED IN A RIZLA A RIZLA A RIZLA A…」となるそうです。
安斎さんによると、ジュリアナ東京などで盛んに演奏されていたそうです。つまりディスコミュージック?
ディスコって結構音楽としては前衛的な場所だったんですかね。これで踊るのか?という・・・。
1993年春に第1回空耳アワードが放映され、その半年後にはもうこの第2回が放映されています。
音楽評論家の萩原健太さんは、最近の空耳アワードにも、たまに登場するなど、すでに現在の空耳アワーのスタイルが出来上がってきています。
現在もテレビ朝日系列でタモリ俱楽部、そして空耳アワーは放映されていますので、興味のある方は、テレビ欄を参考にして観てみてはいかがでしょうか。
(地域により、放映日や時間が全然違うみたいです。)
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】その2

【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】その2

1992年からコーナーが始まり、今年(2017年)で25周年を迎えた、テレビ朝日系列の番組「タモリ俱楽部」の「空耳アワー」。不定期で、爆笑作品をピックアップしてゲストを交え放送する「空耳アワード」というものがありますが、アワードに惜しくもノミネートされなかった作品もたくさんあります。その中で、1993年に放映されたものをいくつかピックアップして、楽しみたいと思います。(第2弾)。
【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】

【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】

1992年からコーナーが始まり、今年(2017年)で25周年を迎えた、テレビ朝日系列の番組「タモリ俱楽部」の「空耳アワー」。不定期で、爆笑作品をピックアップしてゲストを交え放送する「空耳アワード」というものがありますが、アワードに惜しくもノミネートされなかった作品もたくさんあります。その中で、1993年に放映されたものをいくつかピックアップして、楽しみたいと思います。
【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1992年放映分】

【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1992年放映分】

1992年から始まり、2017年で25周年を迎えるテレビ朝日系の番組「タモリ俱楽部」内のコーナー「空耳アワー」。優秀な空耳作品を一堂に集めて、「空耳アワード」と称した番組が不定期に放映されますが、惜しくもアワードにノミネートされなかった作品の中にも、素晴らしいものはいくつもあります。その中から、1992年に放映された作品をご紹介します。
ジバニャンLOVE | 1,113 view
【1995年夏放送】第4回空耳アワードノミネート作品の超・個人的セレクト

【1995年夏放送】第4回空耳アワードノミネート作品の超・個人的セレクト

テレビ朝日系「タモリ俱楽部」で、1992年からコーナーが始まり、2017年で25周年を迎えた「空耳アワー」。1995年夏に放送された、「第4回空耳アワード」にノミネートされた曲から個人的にセレクトし、原曲で聴いていきたいと思います。再生開始時間を空耳部分が聞きやすいところに設定してあります。
伝説の特撮「電光超人グリッドマン」が新作アニメになって復活!!グリッドマン役は緑川光!

伝説の特撮「電光超人グリッドマン」が新作アニメになって復活!!グリッドマン役は緑川光!

1993年の特撮「電光超人グリッドマン」を原案にした、新作テレビアニメの放送が決定しました。放送時期は2018年秋で、タイトルは「SSSS.GRIDMAN」。グリッドマン役は特撮版でもグリッドマンを演じた緑川光!
隣人速報 | 343 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト