【ジュニアスポーツ自転車の進化】フラッシャー自転車・多段変速自転車の歴史を調査!当時の広告がおもしろい!
2016年2月3日 更新

【ジュニアスポーツ自転車の進化】フラッシャー自転車・多段変速自転車の歴史を調査!当時の広告がおもしろい!

フラッシャー自転車や、多段変速自転車は70年代から80年代後半にかけて子供達の憧れでしたね。進化を続けたジュニアスポーツ自転車の歴史を調べてみました。当時の広告キャッチコピーがおもしろい!!

115,138 view
変わった!

変わった!

インパクトありますね。

アラヤのツバメ自転車
あいつにはゆずれないこれがオレの最後のエレクトロマシンだ!

あいつにはゆずれないこれがオレの最後のエレクトロマシンだ!

「ツンツン友の会」というのも気になりますね。
ツノダの自転車

1970年代後半〜80年代 時代はフロントライトへ

時代はフロントライト

時代はフロントライト

1970年代後半に入るとコテコテの自転車は「ダサイ」と言われるようになり、子供達は、自分でフラッシャーを外して乗る様になったとか。メーカーも次々と「後部フラッシャーの無い」モデルを投入することになります。それが「フロントライト競争」です。日本はスーパーカーブームでリトラクタブルライトが流行りましたね。しかし、自動車は大人の乗るもの、このリトラクタブルライトのシステムがジュニアスポーツ自転車に取り入れられました。
ブリヂストン モンテカルロ 1978年発売

ブリヂストン モンテカルロ 1978年発売

70年代後半の自転車は実にシンプルだ。この自転車はポルシェをイメージして作られそうです。ハンドルについているレバーでリトラクタブルライトの開閉ができるのが特徴。
富士 コンコルドFF5 1979年発売

富士 コンコルドFF5 1979年発売

初期のリトラクタブルライトの開閉にはワイヤーで引っ張る方式を採用していましたが、このモデルはボックス内にモーターを設置してスムーズに開閉するのが特徴。
ミヤタ スーパーサリーZERO 1980年

ミヤタ スーパーサリーZERO 1980年

リトラクタブル式のスーパカーライトを開発!当時のCMでもゴリ押し!

ミヤタ スーパーサリーゼロ デュアルスーパーカーライト - YouTube

ライト以外も進化しています

デジタルコンピューター

デジタルコンピューター

右にインジケーター方式でスピードを表示、左にギヤの段数。まさに当時の最先端!
ギヤも車のように

ギヤも車のように

ギアチェンジも車のシフトノブのように。憧れでしたね。
ナショナルFFセンサー

ナショナルFFセンサー

コンソールにギヤとスピードメーターを表示なんと時速25キロ超で警告音まで出るという。まさに車の100キロを超えると、キンコンキンコンとなるのと同じですね。

当時のキャッチコピーを振り返る! もちろんライト押し!

おっ!電動式だ。マシーンライトで差をつけろ。

おっ!電動式だ。マシーンライトで差をつけろ。

これまた、フラッシャーの時代と同様に、今度は「リトラクタブルライト」どんだけ!!!と言いたくなるような広告。


富士 コンコルドFF5
1979年
システム宣言 あしたのライダーたちへ。

システム宣言 あしたのライダーたちへ。

ブレーキシステムの進化も見逃せませんね。
すごいヤツは、ヘッドが違う!

すごいヤツは、ヘッドが違う!

相変わらずの他人と差をつけろ的なキャッチコピーが基本。
あの「モンテ」イメージがいまスポーツ車に。

あの「モンテ」イメージがいまスポーツ車に。

当時流行したスーパーカーを意識してますね。
おーっ、ポルシェタイプ。

おーっ、ポルシェタイプ。

ポルシェの935でしょうか。憧れですね。
でも自転車の広告ですよ。
シフトが冴える!君のマシーン。

シフトが冴える!君のマシーン。

シフト重視の広告ですが、やはりスーパーカーブームの影響でしょうね。
怪鳥襲来!-----コンコルドスタイルで登場!

怪鳥襲来!-----コンコルドスタイルで登場!

コンコルドが話題になった次期の広告ですね。
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 1,016 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 1,043 view
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 1,018 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,966 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 1,234 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト