【デビー・ブーン】70年代の一発屋!懐かしの「You Light Up My Life」を聴き直す
2018年8月23日 更新

【デビー・ブーン】70年代の一発屋!懐かしの「You Light Up My Life」を聴き直す

デビ―・ブーンは今でいうところの一発屋なのですが、その一発が大変強烈でした!一時期はあのオリビア・ニュートン・ジョンをも凌ぐ人気だったとか。さっそく聴き直してみましょう(^^)/

331 view

デビ―・ブーンとは

デビ―・ブーンは1970年代に大ヒット「You Light Up My Life」を歌ったアメリカの歌手です。
アメリカで著名な歌手であるパット・ブーンの3番目の娘として生まれました。
Amazon | ベスト / ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ | デビー・ブーン | ポップス | 音楽 (2041843)

当初は父親であるパット・ブーンのツアーに同行したり、4人姉妹のグループであるブーン・シスターズでの活動をしていましたが、ソロとして抜擢され、デビュー曲から大ヒットを飛ばすことになります。
ヒット曲をリリースした当時は、あのオリビア・ニュートン・ジョンをも凌ぐ人気がありました。

著名な父 パット・ブーン

パット・ブーン(Pat Boone, 1934年6月1日 - )は、アメリカ合衆国出身のポピュラー音楽の歌手。フロリダ州ジャクソンビル出身で、本名はCharles Eugene Patrick Boone。 西部開拓史上の英雄ダニエル・ブーンの子孫で、娘は歌手のデビー・ブーンである。
Amazon | ベスト・オブ・パット・ブーン | パット・ブーン | ポップス | 音楽 (2041869)

パット・ブーンは、大変清楚なイメージがあり、折り目正しい唱法で1950年代から絶大な人気を誇りました。

代表曲に「砂に書いたラブレター」や「四月の恋」などがあります。

この方がデビ―・ブーンのお父さんであり、下で紹介するブーン・シスターズのお父さんでもあります。

砂に書いたラブ・レター/パット・ブーン

ブーン・シスターズ

ブーン・シスターズは、パット・ブーン家の4姉妹がグループとして活動したもので、その中には後にソロデビューするデビー・ブーンも含まれていました。

メンバーは長女のチェリー・ブーン、次女のリンディー・ブーン、三女のデビ―・ブーン、四女のローリー・ブーンで、全員10代から父親のパット・ブーンと一緒に芸能活動をしていました。

残念ながらこのブーン・シスターズはあまり売れませんでしたが、ソロとしてデビューするデビー・ブーンの良い経験になったのではないかと思われます。

 (2042364)

ちなみに、グループとしての活動は、デビ―・ブーンのソロデビューの影響もありますが、姉2人も結婚しており、丁度活動が難しくなっていた様子です。
その為、デビ―・ブーンのソロデビューは丁度良かったのかもしれませんね。

デビ―・ブーンのソロ「You Light Up My Life」

ブーン・シスターズが活動中の頃から、アメリカの音楽業界では大物のマイク・カーブがデビ―・ブーンをソロデビューさせたいと考えていました。4姉妹の中で唯一ブロンドの髪で青い瞳のデビ―・ブーンは、絶対に当たると踏んでいたそうです。
そこで、「You Light Up My Life」をデビ―・ブーンに歌わせたところ、瞬く間に大ヒットとなり、10週連続で全米 No.1 という偉大なる結果を残すことになりました。

尚、この曲でデビューしたデビ―・ブーンは、グラミー賞を獲得しました。
Amazon | YOU LIGHT UP MY LIFE (40TH ANNIVERSARY EXPANDED EDITION) | DEBBY BOONE | 輸入盤 | 音楽 (2041834)

作詞・作曲:ジョセフ・ブルックス
見た目も良く、それに負けない歌唱力があったデビ―・ブーンは、日本でも大人気を博し、この曲をリリースした当時は既に日本で人気のあったオリビア・ニュートン・ジョンを凌ぐほどだったといいます。

ただ、この曲の邦題には難点がある様に思いました(笑)
直訳すると「貴方は私の人生を輝かせてくれる」となりますが、それを「恋するデビ―」って・・・
流石にそれはないだろ?って思いました(^^)/ もうちょっと良い邦題があった様に思いますねぇ

You Light Up My Life [日本語訳・英詞付き] デビー・ブーン

作詞・作曲のジョセフ・ブルックス

「You Light Up My Life」を作詞・作曲したジョセフ・ブルックスは、当時アメリカで人気のあった俳優であり、この曲を主題歌とした映画の監督でもありました。

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

堀ちえみがブログで大好きな「ABBA」への想いを語る。ほのぼのとした日常を綴った日記がファンを楽しませています

堀ちえみがブログで大好きな「ABBA」への想いを語る。ほのぼのとした日常を綴った日記がファンを楽しませています

80年代を代表するアイドル・堀ちえみが9月9日、自身の公式ブログを更新し、現在公開中のロマンティック・コメディ・ミュージカル映画「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」を鑑賞したことを報告しました。
隣人速報 | 183 view
親父にそっくり!?「ビートルズ」メンバーの息子たちの魅力!!

親父にそっくり!?「ビートルズ」メンバーの息子たちの魅力!!

日本の芸能界で定期的に話題となっている「二世タレント」。最近ではキムタクと工藤静香の次女が世間を騒がせていますよね。一方、海外では二世タレントはどのような活躍をしているのでしょうか。この記事では、世界を代表するバンドである「ビートルズ」の息子たちについて書いてみたいと思います。
ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

偉大なるブリティッシュ・ハードロックバンドにして、ハードロック界最大の巨星「ディープ・パープル」。今年でデビュー50周年を迎える彼らの伝説のキャリアを総括するオールタイム・ベストアルバム『ア・ファイアー・イン・ザ・スカイ』の日本盤が9月26日に発売されます。
隣人速報 | 651 view
【訃報】「ベイ・シティ・ローラーズ」で一世を風靡したアラン・ロングミュアーさん死去。

【訃報】「ベイ・シティ・ローラーズ」で一世を風靡したアラン・ロングミュアーさん死去。

70年代に一世を風靡したロックバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」のメンバーで、ベーシストのアラン・ロングミュアーさんが、現地時間の7月2日にスコットランドの病院で死去していたことが明らかとなりました。70歳でした。
隣人速報 | 653 view
毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

株式会社KADOKAWAは、ロックアルバムの解説本『ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド』を発刊しました。その内容が、今までにない画期的なロック・ディスクガイドだと話題になっています。
隣人速報 | 587 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト