【ZIGGY】をもう一度聴いてみる!
2017年7月27日 更新

【ZIGGY】をもう一度聴いてみる!

1987年にメジャーデビューしたZIGGY。1989年にフジテレビ系ドラマ「同・級・生」の主題歌に起用された『GLORIA』が大ヒットしました。メロディアスなサウンドと、その奇抜なファッションも特徴的でしたね。今一度、彼らの音楽を聴いてみましょう!

14,688 view

ZIGGYってどんなバンド?

 (1574852)

初期メンバー

森重 樹一(もりしげ  じゅいち)・・・ボーカル、作詞、作曲。東京都国立市出身
戸城 憲夫(としろ のりお)・・・ベース、作曲。埼玉県出身
松尾 宗仁(まつお そうにん)・・・ギター。福岡県出身
大山 正篤(おおやま まさのり)・・・ドラム。北海道釧路市出身
1984年秋、東京で森重樹一を中心に結成される。ZIGGYという名前はデヴィッド・ボウイのジギー・スターダストから命名された。

1984年の結成以来、メンバーの脱退・加入・復帰、活動休止を繰り返し2008年2月に無期限の活動休止を発表した後、2010年、2014年に期間限定で活動。
また、一時期はSNAKE HIP SHAKES(スネイク・ヒップ・シェイクス)と言う名義で活動していたこともある。

海外ではモトリー・クルーやガンズ・アンド・ローゼズらの活躍により、バッドボーイズロックやLAメタルが80年代半ばに栄えていたが、彼らの音楽性、ファッション性はZIGGYのメンバーに少なからず影響を与えている[4]。同じころ、国内のロックシーンではBOØWYやREBECCAらが相次いでブレイクし、空前のバンドブームとなっており、メジャーデビュー後のZIGGYもバンドブームの隆盛に比例する形でCDセールスやライヴの動員数を伸ばしていった。

懐かしい楽曲の数々

やっぱりコレ!代表曲『GLORIA』

ZIGGY ‐ GLORIA(日本武道館) - YouTube

出典 youtu.be
おぉ~!いいですねぇ、グロリア!ノリノリです。歌詞が出てくる出てくる、ちょい聴きするつもりが本気で歌っちゃいます。

デビューシングルにして名曲!『I’M GETTIN’ BLUE』

ZIGGY「I’M GETTIN’ BLUE」 - YouTube

出典 youtu.be
こちらも最高にキャッチーです。日本人のツボ!っていうくらい、ハマるメロディラインですね。それでいてグラムロック調のファッション、というところがミスマッチで、それがなんともカッコ良かったです。
 (1574948)

初期は、メイクをして明るいロン毛をふわふわに立て、派手な服を身にまとっていましたね。ちょい悪な雰囲気がイイ感じでした。

至極のアコースティックナンバー『午前0時のMERRY-GO-ROUND』

午前0時のMERRY-GO-ROUND-ZIGGY - YouTube

出典 youtu.be
これは名曲です...!メロディの美しさが際立っていますね。

94’劇空間プロ野球イメージソング『STAY GOLD』

ZIGGY-STAY GOLD - YouTube

出典 youtu.be
とても綺麗なメロディです!切ない感じがたまりませんね。このサビを聴いて野球中継を思い出す方も多いのではないでしょうか。名曲は、無意識のうちに人々の記憶と密接に結びついていますよね。だからこそ、不意に聴くとたまらなく切なくなります。この曲もそんな一曲です。

カメリアダイアモンドCM曲『Jealousy~ジェラシー~』

ZIGGY-Jealousy -ジェラシー- - YouTube

出典 youtu.be
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

詩的な歌詞とUKロック的なサウンドが織りなす世界観が魅力的なPlastic Treeの現在の活動や名曲を紹介!

詩的な歌詞とUKロック的なサウンドが織りなす世界観が魅力的なPlastic Treeの現在の活動や名曲を紹介!

1993年にボーカルの有村竜太朗とベースの長谷川正を中心に結成され、1997年にメジャーデビュー。 数回のメンバーチェンジをしながら、現在も精力的に活動を続けるPlastic Tree。 そんな彼らの魅力は私的な歌詞とUKロックに影響を受けたサウンドが織りなす世界観です。 そこで今回は、Plastic Treeの現在の活動や名曲を紹介していきます。
蛍火 | 114 view
若くしてお亡くなりになった!フジファブリックのボーカル『志村正彦』の生涯!!

若くしてお亡くなりになった!フジファブリックのボーカル『志村正彦』の生涯!!

ロックバンド・フジファブリックのボーカリストおよびギタリストだった志村正彦さん。29歳の若さで亡くなって10年以上経ちますが、現在でも熱狂的なファンが沢山います。そんな志村さんを振り返ってみました。
ギャング | 1,401 view
世界をも熱狂させるDir en grayの魅力とは?おすすめ曲や現在の活動もご紹介!

世界をも熱狂させるDir en grayの魅力とは?おすすめ曲や現在の活動もご紹介!

1997年に大阪府で結成され、結成後急速に人気を獲得しインディーズでありながらオリコンのシングル・チャート上位に連続で作品を送り込み、インディーズ・バンドとして初の日本武道館公演もしているDir en gray。 現在も日本を始め世界各国で活動をしており、アルバム『UROBOROS』は世界17ヵ国で同時期発売され、米ビルボード誌の「Top Heatseekers」チャートでは1位を獲得するほどの人気ぶりです。 そこで今回は、Dir en grayの魅力は何なのか、おすすめ曲や現在の活動についてもご紹介していきます!
蛍火 | 282 view
PIERROTの解散理由って何だったの?懐かしいあの曲と現在についてもご紹介!

PIERROTの解散理由って何だったの?懐かしいあの曲と現在についてもご紹介!

1994年に結成され、1998年にメジャーデビュー。 インディーズ時代から“暗黒のドラマ性を持ったスタイル”を貫き、圧倒的な人気を誇っていました。 特にボーカルでありリーダーのキリトが生み出す、“狂気と退廃が渦巻くカオティックな詞世界”に熱狂し心酔してしまったなんて方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回はPIERROTの解散理由や懐かしいあの曲から現在の彼らの活動をご紹介していきます。
蛍火 | 862 view
密室系・地下室系の代表格のcali≠gariってどんなバンド?現在の活躍もご紹介!

密室系・地下室系の代表格のcali≠gariってどんなバンド?現在の活躍もご紹介!

1993年結成された、異色のヴィジュアル系バンドcali≠gari。 密室系という新たなジャンルを産み出し、ジャンルにとらわれない癖の音楽性は、不思議な魅力のあるバンドとして話題を呼びました。 また他のバンドとは異なりメンバーチェンジの回数が多く、2003年の無期限活動休止宣言の段階では第7期となっており、その後の活動を知らないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、密室系・密室系の代表格のcali≠gariってどんなバンドなのか、更には現在の活躍をしているのかもご紹介していきます!
蛍火 | 552 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト