映画「犬鳴村」の舞台の旧犬鳴トンネルで実際にあったリンチ焼殺事件とは?
2021年11月20日 更新

映画「犬鳴村」の舞台の旧犬鳴トンネルで実際にあったリンチ焼殺事件とは?

凶悪な少年事件が世間を震撼させていた1980年代。その中でも1988年に起こった「犬鳴村トンネル焼殺事件」は、殺害に至る過程と殺害方法が例を見ない程の残虐さで数十年が経過しても加害者への怒りが抑えられなくなります。今回は事件の概要や、加害者の少年たちのその後についてご紹介します。

497 view

犬鳴村トンネル焼殺事件の概要

旧伊勢神トンネルから見た景色 - No: 22244982|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2315862)

事件は1988年12月7日に起きました。
被害者はUさんは6日の夕方、仕事から軽乗用車で帰宅途中に少年たちから不運にも、声をかけられてしまったのです。
信号待ちをしていたUさんに少年たちは「車を貸してほしい」と迫りましたが、当然ながら見ず知らずの少年の申し出をUさんは断ります。
車を貸してほしいと頼んだ理由も「女を送るのに車が無いと格好がつかない」という理不尽な物でした。
断られた少年たちは怒りをUさんにぶつけ、Uさんを車から引きずり出し、その場で5人がかりで暴行を加えたのです。
そして軽乗用車と共にUさんは拉致されてしまったのです。
一目につかない場所まで取れ廻されたUさんは、その場でまた暴行を加えられ、更に少年たちは港まで連れて行き、Uさんを海に突き落とす計画を立てたのでした。
このままでは殺されると、必死にフェンスにしがみつくUさんに対して更に暴行を加える少年たち。
激しい暴行でUさんは大ケガを負ってしまいます。
Uさんをダムに沈めようとした少年たちでしたが、遺体が浮いて事件が発覚することを恐れ、なんと身元がわからないように焼殺することにしたのでした…。
そしてUさんが連れてこられたのが、殺害現場になった犬鳴トンネルです。
途中のガソリンスタンドでバイクが動かなくなったからと、ペットボトルにガソリンを入れてもらった少年たちは、そのガソリンを必死の抵抗をするUさんにかけました。
両手両足を縛り、石で頭を殴り動けなくなった所に火を付けたのです。
Uさんは苦しさからのたうち回り、トンネルの入り口まで逃げた所で力尽きてしまったのでした。
Uさんにかけられたガソリンはたったのペットボトル1本。(たったの700ミリリットル)
人に致命傷を与えられるような量ではなく、Uさんの死因は頭部からの失血死でした。
亡くなるまでとても苦しかった事と思います。
少年たちは火を付けた後逃走し、3度も様子を見に戻ってきたという事です。


少年たちのその後

パトカー - No: 3153625|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2315921)

1991/03/08、福岡地裁で行われた控訴審判決において、主犯(21、
犯行当時19。福岡県田川郡の露天商手伝い)の男は一審で無期懲役を
言い渡され、「確定的な殺意はなく、量刑は重過ぎる」と減刑を求め
て控訴しましたが、前田一昭裁判長は「犯行は他に類例を見ないほど
残虐。 被告はその中心的な役割を果たしており、責任は重い」として
それを棄却、他のメンバーも有罪となりました。
犯人の少年たちは全員未成年だったため、本名は明らかにされていません。
主犯の少年は、無期懲役が確定していて裁判長のコメントも「犯行は他に類を見ないほど残虐」として少年の控訴を棄却してしますから、事件の悪辣さが伝わってきます。
当時はネットも普及していない時代ですから、名前の特定などもされていません。
相手が少年だろうが、成年だろうが被害者からすれば変わりないので、少年法で守られてしまうのは納得できません。
しかも主犯は「量刑が重すぎる」と控訴しているので、反省をしていたのかどうか疑問が残ります。

被害者は親孝行で優しい青年だった

夜の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2315925)

被害者のUさんは、給料の10万円の内7万円を母親に渡すような親孝行の青年でした。
その日乗っていたミラは、祖母が購入してくれた物だったので、余計に少年たちに渡したくなかったのでしょう。
内気な性格でしたが、優しく真面目な青年と自分勝手で残虐な少年たち。
命に優越は無いと言いますが、優しいUさんがなぜこんなひどい目に合わなければいけなかったのか…悔しいです。
10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2004年是枝裕和監督の映画「誰も知らない」は巣鴨子供置き去り事件がモチーフだった

2004年是枝裕和監督の映画「誰も知らない」は巣鴨子供置き去り事件がモチーフだった

映画「誰も知らない」は実際にあった「巣鴨子供置き去り事件」だった!ここでは「巣鴨子供置き去り事件」の真相を見ていきます。原因は何だったのか?そこで何が起こっていたのか?事実に勝るものはなしです。映画よりも現実に起きた出来事の方がやはり凄惨…、ここでは真実に基づきまとめています。
あおい@ | 614 view
【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

出演したAV作品は一本限りなのに、その圧倒的な存在感は、現在にも語り継がれるほどの葉山レイコさん。そんな彼女に注目して、エピソードや出演作を中心にご紹介していきたいと思います。現在もその美しさは健在ですが、全盛期の葉山レイコさんの魅力をご一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 53,311 view
部屋に男が侵入!『田村英里子』アイドル時代に体験した2度の恐怖!

部屋に男が侵入!『田村英里子』アイドル時代に体験した2度の恐怖!

1988年にデビューした田村英里子さん。帰国子女ということで注目を集めたアイドルでしたね。そんな田村さんがアイドル時代に遭遇した事件や、ハリウッドに進出した現在をまとめてみました。
ガチャまま | 5,057 view
永山則夫連続射殺事件がきっかけの「永山基準」と「少年犯罪」に与えた影響の大きさとは?

永山則夫連続射殺事件がきっかけの「永山基準」と「少年犯罪」に与えた影響の大きさとは?

1968年に起こった永山則夫連続射殺事件がきっかけでできた「永山基準」があります。刑事裁判で”死刑”を選択する時の判断基準と言われています。その後の未成年の犯罪に対してもこの基準が大きく影響することになりました。そしてここでは永山則夫が死刑執行された際の真相にも触れていきます。
あおい@ | 47 view
少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の日記がヤバイ!両親が有名人の真相と犯人の現在は?

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の日記がヤバイ!両親が有名人の真相と犯人の現在は?

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件と聞いて言葉の通りを想像するとどんなに惨い事件かと思う方も多いでしょう。猟奇的なこの事件で注目点は身の毛もよだつ日記の存在と犯人家族と被害者家族の両方が有名人だったということです。少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の犯人の異常性と双方の家族について、そして犯人の現在をまとめていきます。
あおい@ | 2,119 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト