サスペンスドラマの顔と言えば…
2020年7月18日 更新

サスペンスドラマの顔と言えば…

2時間サスペンスドラマや刑事ドラマ。必ず登場する俳優と言えば、この人。あなたの思う俳優は誰ですか?

883 view
なとり ゆうこ
1957年8月18日(62歳)

片平なぎさに次ぐ「2時間ドラマの女王」の異名を持ちますが、かつては松本清張作品に映画・テレビドラマ合わせて、17本出演し「清張女優」と呼ばれていました。実際、松本清張本人とも交流があったそうです。

法医学教室の事件ファイルシリーズ - 主演・二宮早紀(監察医) 役
地獄の花嫁シリーズ - 主演・末永卯月 役
特命刑事 カクホの女シリーズ - 主演・北条百合子 役(麻生祐未とダブル主演)
など、多数出演。

家政婦だけではありません!「市原悦子」

市原悦子 ことばの宝物 | 市原 悦子 |本 | 通販 | Amazon (2211668)

いちはら えつこ
1936年1月24日 - 2019年1月12日(82歳没)

テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」で、すべての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。
1983年からは、テレビドラマ「家政婦は見た!」に主演し、四半世紀以上に渡って演じ続ける当たり役となります。
シリーズは好評で高視聴率を獲得し、土曜ワイド劇場を代表する作品となりました。
2018年12月下旬に盲腸のため入院。手術は行わず投薬治療開始し、一時復調し正月を自宅で過ごすことができましたが、再び体調を崩し1月5日から再入院。一週間後の12日13時31分、心不全のため、東京都の病院で死去しました。

西新宿俳句おばさん事件簿シリーズ - 主演・里宮初子 役
バスガイド愛子シリーズ - 主演・徳丸愛子 役
弁護士高見沢響子シリーズ - 主演・高見沢響子 役
おばさんデカ 桜乙女の事件帖シリーズ - 主演・桜乙女 役
など、多数出演。

この人がいないとサスペンスではない「山村紅葉」

新橋演舞場8月『京都都大路謎の花くらべ』 山村紅葉 コメント映像

やまむら もみじ
1960年10月27日(59歳)

母・山村美紗の本が原作のテレビドラマ「燃えた花嫁〜殺しのドレスは京都行き〜」で女優デビューします。
母の作品が原作のドラマ 、及び母と親交の深かった西村京太郎原作のドラマに多く出演しています。
2016年時点で500本以上出演し、「2時間ドラマの裏女王」と言われるほど、サスペンスドラマには欠かせない女優ですね。

土曜ワイド劇場 西村京太郎トラベルミステリー - 北条早苗 役
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ」 - 内田良恵 役
月曜ドラマスペシャル「十津川警部シリーズ」 - 安原美知子 役
など、多数出演。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【2時間ドラマの裏女王】山村紅葉といえばサスペンスの申し子出演作品は500本を超える

【2時間ドラマの裏女王】山村紅葉といえばサスペンスの申し子出演作品は500本を超える

「月曜ミステリー劇場」「金曜プレステージ」「土曜ワイド劇場」他ミステリーに関わる作品に出演している山村紅葉さんをサックリとまとめてみました。
【2時間ドラマの女王】片平なぎさ主演!サスペンスドラマを振り返る90年代

【2時間ドラマの女王】片平なぎさ主演!サスペンスドラマを振り返る90年代

片平なぎさといえばサスペンスの女王。「小京都ミステリー」そして「 赤い霊柩車シリーズ」など人気作品に出演。この2大作品と“若かりしなぎささん”をサクっと振り返る。
「2時間ドラマの女王」と言えば、片平なぎさ。5大基幹局全ての2時間ミステリードラマ枠で主役を演じました。

「2時間ドラマの女王」と言えば、片平なぎさ。5大基幹局全ての2時間ミステリードラマ枠で主役を演じました。

近年各局から2時間ドラマ枠がなくなり寂しい思いをしている方は多いのではないでしょうか?2時間ドラマと言えば、片平なぎさを抜きにしては考えられません。何といっても5大基幹局全ての2時間ミステリードラマ枠で主役を演じるという快挙を成し遂げたのですからね。
obladioblada | 1,981 view
桑田佳祐、昭和を感じさせる歌謡曲テイストの新曲「悪戯されて」MVを公開!ホステス役として広末涼子を起用!

桑田佳祐、昭和を感じさせる歌謡曲テイストの新曲「悪戯されて」MVを公開!ホステス役として広末涼子を起用!

桑田佳祐が、広末涼子が出演する新曲「悪戯されて」のMVを公開した。同MVは、昭和を感じさせる歌謡曲テイストの楽曲イメージから、1970年代のサスペンス劇場さながらのドラマ風に仕上がっている。
冷めきった夫婦生活から、妻が見つけた新しい愛の結末とは?ドラマ『この愛に生きて』の愛憎劇!

冷めきった夫婦生活から、妻が見つけた新しい愛の結末とは?ドラマ『この愛に生きて』の愛憎劇!

何気ない日常生活を送っている夫婦が、ある出来事をきっかけにまさかの展開を迎えてしまう、サスペンスドラマ。安田成美演じる妻の曙美が、岸谷五郎演じる悠作に出会い、勘違いから始まった二人の関係。曙美の大胆な行動から、物語が急展開していく。夫役の豊川悦司は元妻と浮気する日々。気付いていないふりをしながら生活する曙美は、悠作との一夜が忘れられず、もう一度会いたいと探し出し、ダブル不倫が始まっていく。
kankengon | 559 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト