【2時間ドラマの裏女王】山村紅葉といえばサスペンスの申し子出演作品は500本を超える
2015年10月30日 更新

【2時間ドラマの裏女王】山村紅葉といえばサスペンスの申し子出演作品は500本を超える

「月曜ミステリー劇場」「金曜プレステージ」「土曜ワイド劇場」他ミステリーに関わる作品に出演している山村紅葉さんをサックリとまとめてみました。

4,728 view

山村紅葉 

プロフィール

プロフィール

本名: 吉川 紅葉
生年月日: 1960年10月27日
出身地: 京都府
サイズ: 156cm 靴22.5cm
血液型: A型
学歴: 国税庁国税専門官試験合格(1984年) 早稲田大学 政治経済学部卒業(1985年)
趣味: 読書
特技: 京ことば、英語、ドイツ語

ミステリー作家“山村美紗”の娘でもある。愛称は「もみちゃん」。

女優 山村紅葉

山村美紗の作品などを中心にサスペンスドラマの代表シリー...

山村美紗の作品などを中心にサスペンスドラマの代表シリーズに出演する。

大学在学中に「燃えた花嫁〜殺しのドレスは京都行き〜」で女優デビュー。卒業後は大阪国税局に勤務にするが結婚退職。ふたたび女優の道へ。

「赤い霊柩車 」 「名探偵キャサリン 」「京都祇園芸妓 」「狩矢警部 」他/出演
山村美沙サスペンスといえば山村紅葉

山村美沙サスペンスといえば山村紅葉

山村美沙サスペンスといえば京都が舞台。近年は、京都のシーンは五重の塔とか祇園をちらっと…。あと琵琶湖のホテルに泊まるシーンがなくなってきたようです。
山村紅葉が今日は何の役かがひそかに楽しみ。
山村美紗サスペンス「赤い霊柩車シリーズ」

山村美紗サスペンス「赤い霊柩車シリーズ」

現在、第35作(2015年) 「黒の審判」まで続く人気シリーズ。
冒頭はお約束の大村崑&山村紅葉の口喧嘩からはじまる。「...

冒頭はお約束の大村崑&山村紅葉の口喧嘩からはじまる。「仕事せぇ~」

秋山役の大村崑さんとの掛け合いが面白い。「ちゃっちゃと動かんか」
内田良恵(うちだ よしえ)役の紅葉さん

内田良恵(うちだ よしえ)役の紅葉さん

役柄は、京おんなでシリーズ途中から「はんなり」とは程遠く色気より食い気へ。菓子ばかり食べダラダラしているが、電話の応対・葬儀本番での受付や会場の設営等の仕事は真面目に行える。
秋山さんも、『推理ごっこばっかして、先代の社長に顔向けができませんわ!』と秋子を怒るワリには 『○丁目の○○さん、もうすぐかな?』とか『特級の葬儀でっせー笑』とか、不謹慎な発言連発(笑)
山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ

山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ

“サスペンスの帝王”船越英一郎&“裏女王”山村紅葉タッグ作品
サスペンスドラマによく登場する場所の一つ「東福寺の通天橋」

サスペンスドラマによく登場する場所の一つ「東福寺の通天橋」

紅葉さんは、西村京太郎の作品にも多く出演【西村京太郎トラベルミステリー / 十津川警部シリーズ / 他】
十津川シリーズの紅葉さんは、固い役柄とゆーか、コメディ0ですよね
2時間サスペンスドラマ年間最多31本

2時間サスペンスドラマ年間最多31本

紅葉さんの幼少期、公園でブランコから落ちてもすぐに母親が飛んでくるため、母親がスーパーマンでなんでも知っていると思っていたという。実は母親の美紗さんにワイヤレスマイクをポケットに入れられていたため、という後日談がある。
紅葉さんとミステリーの関係性は本筋とは関係のない脇役で...

紅葉さんとミステリーの関係性は本筋とは関係のない脇役であることが定番。

そろそろ紅葉が主役のサスペンスドラマがあってもいいんじゃないかと思う
南禅寺水道橋もサスペンスの定番ロケ地

南禅寺水道橋もサスペンスの定番ロケ地

紅葉さんが是非やってみたいシーンは「断崖絶壁で刑事に追い詰められて、心情を吐露してさめざめ泣く」というあの名シーン。
お家騒動で次のお家元をめぐる殺人事件なんてもうたまらん 。でも出ている俳優さんで犯人がだいたいわかっちゃうけどね

おちゃめな山村紅葉さん

和服の紅葉さん

和服の紅葉さん

和服で出演する際は、身長を高く見せるヒール足袋(シークレット足袋)を装着している。(京都祇園芸妓シリーズ6他で確認されている)

【土曜ワイド劇場 十津川警部シリーズ】の紅葉さんが演じる北条早苗の設定身長は160cmだったような…。しかし…そんなものがあったのですね~世の中進化スゴイです。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【2時間ドラマの女王】片平なぎさ主演!サスペンスドラマを振り返る90年代

【2時間ドラマの女王】片平なぎさ主演!サスペンスドラマを振り返る90年代

片平なぎさといえばサスペンスの女王。「小京都ミステリー」そして「 赤い霊柩車シリーズ」など人気作品に出演。この2大作品と“若かりしなぎささん”をサクっと振り返る。
90年代の『女子アナブーム』を牽引したアイドル的アナウンサー

90年代の『女子アナブーム』を牽引したアイドル的アナウンサー

アイドルアナウンサーというのは言いすぎかもしれませんが、女子アナウンサーのアイドル化・タレント化傾向が特に強く見られた1990年代の女子アナブームの火付け役となった元フジテレビのアイドル並に人気のあったアナウンサーほか、その人気に便乗してアイドル化・タレント化していった他局の人気アナウンサーを振り返ってみましょう。単なるアナウンス以外の大きな役割、人気のバラエティ番組などで共感される人気者になることが特に重要でしたね。2000年以降は、アナウンサーにアイドル・タレント的要素が求められるのは当たり前になった感があります。
ガンモ | 22,216 view
キー局とNHK東京アナウンス室の女子アナウンサー大全集。歴代女子アナウンサーのまとめ 現職・部署移動・退職された女子アナウンサーのまとめです。

キー局とNHK東京アナウンス室の女子アナウンサー大全集。歴代女子アナウンサーのまとめ 現職・部署移動・退職された女子アナウンサーのまとめです。

在京キー局とNHK東京アナウンス室の歴代の女子アナウンサーのまとめ。各写真は、可能な限りアナウンサー当時の写真を使うようにしています。そのため画質が劣化している写真が多々あります。また1970年代よりも古い情報など再現の難しさとボリューム上の関係から省略している部分もあります。
ガンモ | 227,720 view
ジョンベネだけじゃない!90年代~2000年に発生した平成の「未解決事件」まとめ!!

ジョンベネだけじゃない!90年代~2000年に発生した平成の「未解決事件」まとめ!!

社会を震撼させる大事件の数々。その大半は警察の尽力により解決するのですが、中には未解決で公訴時効を迎えてしまうものもあります。この記事では、90年代に発生した未解決事件をいくつかご紹介したいと思います。
70年代、恋人に殺害された悲劇の女優「菊容子」

70年代、恋人に殺害された悲劇の女優「菊容子」

皆さんは「菊容子」という女優をご存知でしょうか?ドラマ「好き!すき!!魔女先生」のヒロイン役やNHK「連想ゲーム」のレギュラー回答者などで活躍していました。
となりきんじょ | 12,939 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト