「ドラえもんのうた」の歌手・山野さと子さんが目の前に!?会ってデビューから現在までを聞いてきた!!
2019年3月28日 更新

「ドラえもんのうた」の歌手・山野さと子さんが目の前に!?会ってデビューから現在までを聞いてきた!!

「ドラえもんのうた」や「メイプルタウン物語」などのアニメソング(アニソン)で知られる、ファミリーソングシンガー・山野さと子さんにインタビューをしてきました!歌手デビューのきっかけであるコロムビアレコード主催「地球(テラ)へ・・・」主題歌コンテストの出場時の様子など色々と伺って参りました!

1,378 view

「ドラえもんのうた」でもお馴染み『山野さと子』さんに会ってきた!

「こんなこといいな できたらいいな♪」

このフレーズを聴けば、多くの日本人が懐かしさを覚えるのではないでしょうか。そう、ご存知「ドラえもんのうた」ですね!

今回ミドルエッジ編集部は、「ドラえもんのうた」をはじめ、これまでに1,000曲以上の童謡・アニメソングをレコーディングしてきた山野さと子さんにインタビューさせていただきました!

4月7日(日)に愛知県みよし市で開催される「新沢としひこ&山野さと子 わくわくコンサート」の情報も合わせてお伝えします!
「ドラえもんのうた」

「ドラえもんのうた」

歌:山野さと子、ドラえもん(大山のぶ代)
インタビューでは、山野さと子さんが歌手デビューするきっかけとなった、コロムビアレコード主催「地球(テラ)へ・・・」主題歌コンテストへの出場時の様子など、知られざるエピソードを伺って参りました。

と、その前に当時高校2年生だった山野さと子さんがデビューされてから、現在に至るまでのご活動をご紹介します!皆さんにとって思い出の楽曲は登場しますでしょうか!?

ファミリーソングシンガー『山野さと子』さん

大阪府ご出身の山野さと子さん。

1980年に前述のコロムビアレコード主催「地球(テラ)へ・・・」主題歌コンテストで、グランプリを獲得され、注目されることとなります!

同年、庄司陽子さんによる学園漫画「生徒諸君!」のドラマ版オープニングテーマ「ハーイ!生徒諸君」で、歌手デビューを果たしています。スクールメイツと歌を担当し、「ラッキー ナッキー プリティ♪」などのリズミカルな歌詞を、とても初々しく元気に歌われています。
山野さと子さん

山野さと子さん

出身:大阪府
誕生日:8月2日
血液型:O型
身長:151cm
さらに1986年から放送されたウサギの女の子パティを中心としたアニメ「メイプルタウン物語」では、オープニングテーマの「メイプルタウン物語」をはじめ、エンディングテーマ 「パティの日曜日」や多くの挿入歌、声優などを担当。メルヘンの世界観に歌と声で彩りを加えられました。

また、同年から5年間、NHK教育テレビ「ゆかいなコンサート」に司会と歌のお姉さんとしてレギュラー出演されています。
「メイプルタウン物語」

「メイプルタウン物語」

そして、1989年の映画「ドラえもん のび太の日本誕生」からは、山野さと子さんが歌う「ドラえもんのうた」が、映画版・テレビ版ともにオープニング主題歌として長らく使用されました。

1997年にはディズニーワールドオンアイス1,000万人突破イベント」にスペシャルゲストとして出演。ミッキー・ミニーと共演されるなど、多岐にわたってご活躍されてきました。
ドラえもんと一緒にパシャリ!

ドラえもんと一緒にパシャリ!

近年は、童謡・アニメソング歌手の第一人者としてのご活躍に加え、幼稚園教員免許・保育士資格を保有されていることを活かし、育者向け研修会などの講師も務められています。

また、楽曲製作としては、2012年に新沢としひこさんプロデュースによる卒園と旅立ちのうた「さくら♪SONGS」を発売。2016年には、日本コロムビアから35周年記念CD「Your Songs」を発売し、その後に行われた35周年記念リクエストコンサートを成功させています。

山野さと子さんにインタビュー!

1980年にコロムビアレコード主催の「地球(テラ)へ・・・」主題歌コンテストで、グランプリを獲得された瞬間のお気持ちは覚えてらっしゃいますか?

名前を呼ばれた時は「まさか」「え?」「うそ?うそ!私が」といった感じで泣いてしまいました!
でも実は風邪を引いていたんです!鼻声でよくグランプリを頂けたなと。

決戦大会は中野サンプラザで開催されて、そこには、ささきいさおさん、水木一郎さんもゲストにいらっしゃいました。

もともとは妹がアニメのコンテストを紹介してくれて。それが「地球(テラ)へ・・・」主題歌コンテストでした。
私は大阪出身なので、大会へは母と上京したんですね。

当時は高校2年生になったばかりで、東京の決戦大会に招待されるなんて信じられなくて、母と「だまされてるんとちゃう?」と話していたんです。
すると新幹線のチケットが送られてきて、「ほなパンダでも見てかえろか」と冗談を言っていました笑

デビュー曲はドラマ「生徒諸君!」のオープニングテーマ「ハーイ!生徒諸君」でした。

その楽曲を作詞・冬杜花代子さん、作曲・小林亜星さんという超大物がご担当されています。プレッシャーは感じられていましたか?

ボイトレしてからレコーディングに臨みました!小林亜星さんともスタジオで写真を撮って頂いたんです!本当に嬉しかったですね。

それとよく覚えているのは、ヘッドフォンから自分の声が聴こえるのが面白かったこと。緊張よりもその状況が面白かったです。「これで私デビューするんだ」と不思議な感覚にもなりました。

あとは「エブリバディ!トゥギャザー!」のフレーズが恥ずかしかった。プレッシャーを感じる間もなく、必死でした。
その後、家族皆でレコーディングの歌を聴いたら「うわぁ」と恥ずかしくなりました!

NHK教育テレビ「ゆかいなコンサート」にレギュラー出演されていた際には、歌唱はもちろん司会や数多くのアーティストの方と共演されています。

約5年間ものレギュラー時代に、何か思い出深いエピソードはございますか?

オーケストラの楽器を紹介する小学校4年生向けの音楽番組でした。フルートや打楽器などにフィーチャーして、その楽器で有名な方を招いていました。

私は招かれた方にインタビューするのですが、一番はじめのゲストはヴァイオリニストの千住真理子さんでした。そこで緊張せずに話せる度胸がつきました。

また、15分の番組なのに2、3時間かけて撮影をしていました。昔のNHKのスタジオは22時が締め切りなんですが、演奏を撮影する際にプロの方々からはなかなかOKがもらえなくて、途中で照明が落ちるなんてこともありました!

失敗談としては、リコーダーのように音を出す紙笛を使った撮影の際に、「ほらね、鳴るよね」のシーンが本番ではできなくて、ディレクターから怒鳴られたことがあります。焦って汗がダラダラした思い出です!

あとNHK児童合唱団の子供たちと歌うと、私が小さいから子供に混じってカメラさんが見つけられないということもありました笑

代表曲のひとつ「ドラえもんのうた」は、国民的人気アニメの主題歌です。
「アン アン アン とってもだいすきドラえもん」のフレーズを聴くだけで、ミドルエッジ世代にとってはそれぞれに思い出が蘇ってくるかと思います。

大山のぶ代さんによるドラえもんの声も収録されていますが、レコーディングはご一緒されたんでしょうか?

44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「誰がために」歌い続ける!伝説のアニソンシンガー成田賢が、55年の歌手人生とこれからを語ります!!

「誰がために」歌い続ける!伝説のアニソンシンガー成田賢が、55年の歌手人生とこれからを語ります!!

1967年にグループサウンズでデビュー。シンガーソングライターの顔にアニメソングシンガーの顔、また数多くのCMソングシンガーでもある伝説の歌手、成田賢。今でも現役で歌うその姿は、全国で数多くのファンを魅了している。そんな伝説のシンガー成田賢に、歌手を志した青春時代からデビュー50年を超えてこれからについて大いに語って頂きました。
≪売野雅勇氏インタビュー・前編≫1980~90年代の音楽を彩った作詞家に聞く!ガンダムはじめアニソンの世界観、アイドルブームとバンドブーム!!

≪売野雅勇氏インタビュー・前編≫1980~90年代の音楽を彩った作詞家に聞く!ガンダムはじめアニソンの世界観、アイドルブームとバンドブーム!!

中森明菜やチェッカーズ、矢沢永吉、中谷美紀with坂本龍一など、80~90年代ヒット曲の作詞を数多く手掛けられた売野雅勇氏。そんな無数のヒット曲を生み出した売野氏にミド編が突撃インタビュー!前編では、アニソンの世界観構築の手法やアイドルブームとバンドブームなどについてお話を伺った。
サンリオデザインのドラえもんグッズが発売!「I'm Doraemon」シリーズを展開!

サンリオデザインのドラえもんグッズが発売!「I'm Doraemon」シリーズを展開!

サンリオは昨年発売したドラえもんとハローキティのコラボ商品が好評だったことから、藤子・F・不二雄プロとライセンス契約を結び、サンリオデザインのドラえもん商品を発売する。Tシャツ(メンズ)やトートバックなどの可愛いグッズがラインナップされている!
ドラえもんのスクリーンデビューとなった【ドラえもん のびたの恐竜】の映画を語る!

ドラえもんのスクリーンデビューとなった【ドラえもん のびたの恐竜】の映画を語る!

1980年に公開された「ドラえもん のびたの恐竜」は長編アニメとしても、映画としても初めて製作されたシリーズ第1作目です。テレビアニメのキャラクター映画が始まったのも、これが初めてではないでしょうか。 そんな記念すべき映画を振り返りながら、ご紹介したいと思います。
takaboo | 4,765 view
1980年代を代表する超大作邦画

1980年代を代表する超大作邦画

1980年代、デートの大定番といえば、やはり映画だった。インターネットもない時代、娯楽の中心が映画と言っても過言でない時代の大ヒットしたスケールの大きい超大作邦画を紹介します。
yt-united | 5,707 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト