RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(3)
2017年7月28日 更新

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(3)

一年戦争も終結したとは言え、未だジオン公国軍残党が地球上でも宇宙空間においても各地で大小様々な紛争を起こしていた時期であり、その最大勢力はミネバ・ザビを旗頭に火星と木星の間にあるアステロイドベルト域にアクシズを拠点に力を蓄え始めていました。このような時期にRX-78系ガンダムはどう発展し、どう変化していったかをご紹介させて頂きます。

12,804 view

はじめに

一年戦争 休戦協定

一年戦争 休戦協定

この時期は一年戦争で疲弊しきってほぼ軍の体裁を整えることもできなかった連邦軍の間隙を縫ってジオン軍残党によるゲリラ活動が頻発している頃で、終戦協定が結ばれていたとはいえ、未だに戦闘が各地で行われていました。連邦軍は一年戦争中に「V作戦」の中でも量産しずらい「RX-81計画を」UC0081年に再開します。今回はこのRX-81系と戦中のFSWS計画に基づき開発されていたRX系およびぞのベースとなった試作機なども含めてご紹介します。

RX-81計画

V作戦で一定の評価を得られたガンダムの完全量産計画である。ガンダムの量産型としてはジムが有名だが、ジムの開発は実際にはガンダムと平行して行われており、また生産性を重視していたため、ガンダムからはだいぶスペックダウンした機体となってしまった。RX-81計画ではニュータイプパイロットが搭乗した際のガンダムの機能をそのまま保持し、さらにFSWS計画による増加ウェポンシステムをはじめから盛り込む予定であった。

ジーライン 基本フレーム

RX-81 G-line Basic Frame

RX-81 G-line Basic Frame

ゲーム「機動戦士ガンダム戦記」及び漫画「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 -水天の涙-」で設定,登場した。
アーマーを装備しない素体の状態。防御力に難はあるものの、ジム系統と比較すると十分に高い戦闘能力を発揮する。
この姿のままでの作戦行動はハナから考えられてはいませんでした。これに追加装備を追加したうえで運用することが計画の中で想定されていたようです。
しかしジェネレーターやCAP・バック・パック等はRX-78系セカンド・ロットに準じたものを使用したり、装甲材がルナ・チタニウム合金だったりとやはり量産型としては高価なものとなってしまい、終戦を迎えたその時期にオーバースペックだったこともあり、その性能には満足できるものとなっていましたが、連邦軍の中では一部の者たちだけが知る忘れ去られようとしていた機体でした。
その後、ゲーム「機動戦士ガンダム戦記」等で完成していた2機と装備1式と共にベルファスト基地内で保管されていた本機を地球連邦軍遊撃特務部隊「ファントムスイープ」にゴドウィン准将が準備し、実戦に投入されたとの設定が新たに加えられたというのが事実のようです。

RX-81ST

ジーライン スタンダードアーマー

ジーライン スタンダードアーマー

全高 19.2m
本体重量 37t
全備重量 72t
装甲材質 ルナ・チタニウム
出力 1,580kW
推力 71,800kg
センサー
有効半径 8,000m
武装 バルカン砲×2
ショートビームライフル×1
ビームサーベル×2
シールド×1
(以下オプション)
ガトリングスマッシャー×2
ミサイルランチャー×2
アサルトキャノン×2
搭乗者 シェリー・アリスン
『SD CLUB』第17号が初出(当初の名称は「RX-81 スタンダード」)。
RX-81の通常タイプであり、ガンダムを直接受け継いだ機体である。ジムに取って代わる量産MSとなる予定であった。
フル装備では、作戦時間の延長を目的に中型スタビライザーを2本追加した背部バックパックを装備する。
オプション兵装機能を有したバックパック装備状態の「フル装備」形態に換装でき、オプション兵装である「ガトリングスマッシャー」「ミサイルランチャー」「アサルトキャノン」を作戦に応じて組み合わせることにより様々な武装運用例が想定された。
FSWS計画による増加ウェポンシステムというのはかなり強力なものだったんですね。無論、戦時下での計画ですから強力な兵器を送り出すことが使命だったわけで、当たり前と言えばそうなんですが・・・
しかしオールドタイプの一般兵にも扱える高性能量産機が実用化されるというのは連邦軍もジオン軍も悲願だったのではないでしょうか。

RX-81LA

ジーライン ライトアーマー

ジーライン ライトアーマー

全高 19.2m
本体重量 36t
全備重量 66.5t
装甲材質 ルナ・チタニウム
出力 1,580kW
推力 71,800kg
センサー
有効半径 11,000m
武装 バルカン砲×2
狙撃用ヘビーライフル×1
ビームサーベル×2
(オプションはST型と同様)
搭乗者 ユーグ・クーロ
RX-81の高機動タイプであり、エースパイロットに配備される高性能MSとなる予定であった。機動性を高める為に最低限の装甲のみを装着し、頭部に長距離攻撃用のセンサーユニットを装着する。
フル装備では高機動性能の向上を目的に、大型スタビライザーを1本追加した背部バックパックを装備する。
ライトアーマーと言えばジムのライトアーマーを思い出しますが、この機体も同じコンセプトで設計されています。最高速度で言えば当時のMSの中でもトップクラスだったようですし、一撃離脱の戦術を主眼に置いているなど似ているとは思いませんか?高機動を獲得するための改装も細かく設定されていますね。ただこの高機動性は功罪それぞれで、その性能のためのピーキーさからパイロットを選ぶ機体となってしまったとも言われています。

RX-81FC

ジーライン フルカスタム

ジーライン フルカスタム

Dimensions: head height 19.2 meters
Weight: empty 37.0 metric tons; max gross 72.0 metric tons
Armor materials: Luna Titanium alloy
Powerplant: Minovsky type ultracompact fusion reactor, output rated at 1580 kW
Propulsion: rocket thrusters: 73800 kg total
Equipment and design features: sensors, range unknown; thruster unit, mounted on backpack
武装 バルカン砲×2
ビーム・キャノン×2
ヘビーライフル×1
シールド・アンカー×1
ツイン・サーベル×2
(オプションはST型と同様)
漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』に登場。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(4)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(4)

終戦協定が結ばれていたとはいえ、未だに戦闘が各地で行われていました。その中でも一番大きな紛争と言えば皆さんもよっくご存知のデラーズ・フリートによるものです。0083star dust memoryで描かれていましたね。 連邦軍は「RX-81計画を」UC0081年に再開、またアナハイムエレクトロニクス社(以下AE)と共同で「ガンダム開発計画」が同年10月スタートさせていました。
yakushakowai | 20,469 view
大河原邦男氏デザイン!モデルキット『Figure-rise Mechanics ハロ』が発売決定!!

大河原邦男氏デザイン!モデルキット『Figure-rise Mechanics ハロ』が発売決定!!

株式会社BANDAI SPIRITSは、メカニックデザイナー大河原邦男氏デザインのメカが詰め込まれたプラスチックモデルキット『Figure-rise Mechanics ハロ』(1,944円・税込)を、2018年12月に発売することを決定しました。
隣人速報 | 329 view
サンライズ初のオリジナル作品「無敵超人ザンボット3」がついにブルーレイBOXとなって登場!!

サンライズ初のオリジナル作品「無敵超人ザンボット3」がついにブルーレイBOXとなって登場!!

70年代後半に放送された、サンライズ初のオリジナルロボットアニメ「無敵超人ザンボット3」が「無敵超人ザンボット3 Blu-ray BOX」として、初めてブルーレイが発売されることが決定しました。発売予定日は12月4日。
隣人速報 | 2,459 view
『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

『ガンプラり歩き旅』その78 ~16年ぶりの1/550 モビル・アーマーガンプラ! 『逆襲のシャア』のα・アジール!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,190 view
「C3AFA TOKYO」でSDガンダムの30周年記念Tシャツが発売!ガンダムベース東京でもキャンペーンを実施中!

「C3AFA TOKYO」でSDガンダムの30周年記念Tシャツが発売!ガンダムベース東京でもキャンペーンを実施中!

8月25日~26日に幕張メッセ国際展示場にて開催されるイベント「C3AFA TOKYO 2018」に出展するバンダイの大人向けファッションサイト「バンコレ!」のブースにて、「SDガンダム」の30周年を記念したグッズが販売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 285 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト