オレの魔球が打てるか?「侍ジャイアンツ」の魅力に迫る!
2016年1月5日 更新

オレの魔球が打てるか?「侍ジャイアンツ」の魅力に迫る!

ズンタタター、ズンタッター・・・ねっとりとした歌い方でつい耳に残ってしまうこの曲。それに野球ファンなら大喜びの実物のキャラも勢ぞろい。スポ根アニメの要素が詰まったこのアニメ、もう一度おさらいしてみた。

4,710 view

よくある野球漫画とはどう違う?

時は昭和45年度シーズンオフ。巨人監督・川上哲治は、野性味がありスケールのでかい豪傑肌、いわばサムライが巨人に必要と考え、無名の選手・番場蛮を入団させる。入団早々、型破りな言動で周囲を騒然とさせる蛮だったが、その真意は、自分を丸ごと受け入れてくれた巨人への愛であった。

「ホレたら、そこが男の死に場所よ!」。蛮は、眉月、ウルフ、大砲といったライバルたちと、球場をサムライの合戦場にかえるような死闘を繰り広げていく。
番場蛮(ばんばばん)なんて、主人公の名前じゃないよな。
主人公の番場蛮の父は漁に出て、クジラに船を壊され亡くなってしまう。その頃、監督の川上は野性味あふれる選手を求めていた。川上野球の不人気を払しょくするため、サムライのような選手を・・・。その話を偶然聞いていたチームメイトに番場蛮の事を聞いた監督と長嶋は早速スカウトに行き、その破天荒なフォーム、野球魂に触れて唖然とする。その後、蛮と直接話し、クジラと巨人は大嫌い、もし巨人に入団したら大嫌いな巨人をぶっつぶすことはできないという蛮の言葉を聞いて入団させる。なぜなら、そんな蛮だからこそ観客が喜ぶ試合ができると信じたからだ。紳士の揃った巨人の選手の中で蛮の試合は周囲を騒然とさせるものだった。巨人がテコ入れのために全く無名の選手を入団させるなんてアニメならでは。

ノリのいいリズムのOPは耳に残る。

自分で伴奏を歌うのも当時は斬新だった。蛮のイメージがわくオープニングとなっている。

登場人物にはあの人も?

番場 蛮(ばんば ばん)

番場 蛮(ばんば ばん)

主人公。その破天荒な野球で観客や他の選手を圧倒する。その身体能力をフルに生かしさまざまな魔球を生み出す。
出典 gensun.org
八幡太郎平(はちまん たろへい)

八幡太郎平(はちまん たろへい)

蛮の3つ先輩で、川上と長嶋に蛮を紹介した。蛮の捕手として魔球の開発に命がけで挑み、蛮を支える。
長嶋茂雄

長嶋茂雄

この青髭にあごの特徴、どう見ても長嶋さんです。川上監督と一緒に蛮をスカウトに行く。
出典 gensun.org
川上監督

川上監督

つまらないと観客にヤジを飛ばされ、球団のテコ入れをしようとサムライを探しているとき、蛮の事を聞き、興味を持つ。
王 貞治

王 貞治

蛮の魔球開発に多大なヒントを与えた。
出典 ameblo.jp
金田正一

金田正一

実況中継の場面で登場
野村克也(右)

野村克也(右)

南海ホークスの監督兼4番バッターとして登場
実在の人物を描くときはその人に似せるように描かないといけないので難しいが、このアニメは本当によく特徴をとらえて描かれている。

いろんな魔球も勢ぞろい

今思えばどの魔球もボークだったり、硬球をこんなに曲げることは無理。いかに蛮が無鉄砲だったのかがよくわかる。
ハイジャンプ魔球

ハイジャンプ魔球

同じようにハイジャンプし、エビぞりになって投げる魔球もあった。蛮の身長よりも高く飛び上がる。いくら鍛えてもこのジャンプ力はすごすぎる。
大回転魔球

大回転魔球

マウンド上で体をコマのように回し、早く回転させることで手が何本もあるように見え、どのタイミングで投げるのかを分からなくさせる魔球。遠心力のためエビ投げハイジャンプ魔球よりも威力はあった。
分身魔球

分身魔球

もはや再現は無理。ボールを驚異の握力で握りつぶして投げるため、ボールが激しく揺らぎながら飛んでくるのであたかも分身したように見える。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2018/6/10 11:19

    さては、アニメ見たことがないのでは?

    あぱらちゃのもげ太 2018/6/5 00:01

    なんで最終回はアニメではなく原作の方を書いたの?

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
「水島新司」先生の国民的野球漫画「ドカベン」について語るスレ。

「水島新司」先生の国民的野球漫画「ドカベン」について語るスレ。

1972年から「週刊少年チャンピオン」で連載された野球漫画の巨匠「水島新司」先生の「ドカベン」!明訓高校を舞台とした高校野球時代から、続編ではプロ野球と長きにわたり連載された「ドカベン」シリーズに関して語りましょう!
まさに魔球!すごい変化球を投げた往年の名選手たち

まさに魔球!すごい変化球を投げた往年の名選手たち

プロ野球史を彩る往年の名選手たち。その中には、見た事もないような軌道を描き、強打者のバットに空を切らせる「魔球」を放つ名ピッチャーも存在ました。そこで今回、記憶に残る変化球を投げていたかつての名投手を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 7,726 view
週刊少年ジャンプ  マニアック連載特集  Part2  野球少年が1度はチャレンジした魔球「スカイラブ投法」と言えば異色野球漫画「アストロ球団」!!

週刊少年ジャンプ マニアック連載特集 Part2 野球少年が1度はチャレンジした魔球「スカイラブ投法」と言えば異色野球漫画「アストロ球団」!!

1968年に創刊された少年雑誌「週刊少年ジャンプ」。そのなかでもマニアックな印象的な連載をビックアップしてお送りするわ!第2回は、野球少年がチャレンジする「魔球」のひとつ「スカイラブ投法」が登場する「アストロ球団」よ!
あだち充による野球漫画『MIX』に『タッチ』の主人公・上杉達也が登場!約30年ぶりに投球シーンが描かれる!

あだち充による野球漫画『MIX』に『タッチ』の主人公・上杉達也が登場!約30年ぶりに投球シーンが描かれる!

「ゲッサン」4月号(小学館)に掲載されているあだち充の野球漫画『MIX』に、同じくあだち充の漫画『タッチ』から主人公の上杉達也が登場している。「これが明青学園 上杉達也のストレート!」の実況とともに達也が投球している。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト