ソルトシェイカー『水戸泉』強力な右上手投げを武器に平幕優勝を成し遂げた人格者
2016年12月17日 更新

ソルトシェイカー『水戸泉』強力な右上手投げを武器に平幕優勝を成し遂げた人格者

豪快な塩まきで人気を博し、ソルトシェイカーと呼ばれた大相撲の元関脇『水戸泉』。怪我に悩まされながらも平幕優勝を成し遂げた実績と人柄、現在の活動について紹介。

12,420 view

豪快な塩まきで人気を博した『元関脇 水戸泉』現・錦戸親方

水戸泉 政人(みといずみ まさと)

水戸泉 政人(みといずみ まさと)

生年月日:1962年9月2日
出身地:茨城県水戸市
生涯戦歴 :807勝766敗162休(136場所)
最高位:東関脇
三賞:7回、幕内優勝:1回
身長194cm、体重192kg(最高200kg)
愛称は「水戸ちゃん」、「イズミちゃん」など
幼少の頃に父を亡くし弟の昭二(元十両の梅の里)とともに母1人の手で育てられた。
茨城県水戸市立飯富中学時代には母の勧めで柔道に打ち込み初段になる腕前の持ち主だった。

1977年、貴ノ花のサイン会だと思って力士のサイン会に行ったが実は高見山と富士櫻のサイン会だった。
この時髙見山に「大きね~!お相撲さんにならないかい。」と勧誘される。
数日後には高砂親方からも勧誘され、入手困難だった29cmの靴をもらって高砂部屋への入門を決めたという。
また、「幼い頃から苦労をかけた母に少しでも親孝行がしたいと思い力士になった」と常々語っていた。

水戸泉の四股名は出身地の水戸、本名の小泉、そして「枯れることなき泉のごとく出世を」という願いを込めて髙砂が命名した。
1978年3月場所に初土俵

1978年3月場所に初土俵

初土俵時の水戸泉

豪快な塩まきが生まれた理由と、愛称「ソルトシェイカー」の由来

新十両の場所の8日目から付人をつとめていた奄美富士に「勝ち星に恵まれないときはせめて塩だけでも景気よくまいたらどうですか」と進言され、大量の塩を撒くようになった。

初めの頃は1回目から大きく撒いていたが、後に制限時間いっぱいの時にのみ大きく撒くようになった。
1回にとる塩の量は何と600gにもなったという。

イギリス巡業で「ソルトシェイカー」と紹介され、日本でも「水戸泉といえば豪快な塩まき」として定着した。
同時代で同様に大量の塩を撒く力士には朝乃若がおり、対戦した際には豪快に撒き上げる水戸泉と叩きつける朝乃若の両者の塩撒きに観客が沸いた。

高砂部屋で、朝潮や小錦とともに巨漢トリオを形成した水戸泉。

水戸泉は194cm、体重192kg(最高200kg)という日本人離れした体格を持ち、早くから将来を期待されていた。
また、同門には朝潮・小錦という巨漢もおり、巨漢トリオとも呼ばれた。
朝潮太郎 (4代目)

朝潮太郎 (4代目)

身長183cm、体重183kg
近畿大学で2年連続してアマチュア横綱のタイトルを獲得し、高砂部屋に入門。
「大ちゃん」の愛称で人気を博す。
最高位:大関
朝潮とは部屋の同期であり、水戸泉は手ごろな稽古相手と目をつけられていた。
二度の学生横綱を獲得した朝潮との稽古は、中学卒業間もない少年にはつらいものだったが、これが後々の財産にもなったという。
朝潮とのエピソードは数多く残り、洗濯して干していた朝潮のパンツを神社に置き忘れて叱られた逸話などが伝わっている。
1979年9月ごろに大相撲での挫折に耐えかね相撲に見切りをつけようとした朝潮に対し、「今日稽古はどうしたんですか?」とさりげなく声を掛けて立ち直らせたとも伝わっている。
小錦 八十吉

小錦 八十吉

身長187cm、体重275kg(最重量時は285kg)
外国人力士として初の大関として活躍した。
幕内での優勝回数は3回。
最高位:大関
外国人力士である小錦は入門当初に兄弟子からいじめを受けたこともあったという。
しかし、「入門当時、水戸関だけは差別なく優しく僕に接してくれた」と水戸泉に対する感謝を述べている。

吊り気味の寄りと、右上手投げを武器に活躍

得意の左四つ右上手の体勢になった際の強さは圧倒的なもので、パワフルな吊り気味の寄りから「走る起重機」の異名をとった。
「走る起重機」と呼ばれた寄り

「走る起重機」と呼ばれた寄り

右上手投げの威力も絶大であり、横綱貴乃花を投げ飛ばしたこともある。
このため水戸泉と対戦する力士らは総じて右上手を警戒しており、その攻防が取り口の中で最大の見せ場といえる。
ただし水戸泉も右四つが不得手というわけではなく、懐の深さを活かした引き、相手の差手を極めるなどの対抗策をしばしば見せている。
豪快な右上手投げ

豪快な右上手投げ



53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

若貴、曙、武蔵丸よりも先輩!大相撲に「1986年初土俵」の50歳現役力士が誕生!!

若貴、曙、武蔵丸よりも先輩!大相撲に「1986年初土俵」の50歳現役力士が誕生!!

大相撲における現役最年長力士・華吹(はなかぜ)が、5月28日に50歳の誕生日を迎えました。現役力士で50代となるのは、昭和以降初めての快挙となります。
隣人速報 | 4,058 view
錚々たる昭和の大横綱が兼任した「横綱大関」が38年ぶりに復活することが明らかに!!

錚々たる昭和の大横綱が兼任した「横綱大関」が38年ぶりに復活することが明らかに!!

日本相撲協会は、両国国技館で3月より開催される春場所にて、38年ぶりに横綱が大関を兼ねる「横綱大関」の記載が復活することを明らかにしました。
隣人速報 | 2,176 view
【訃報】親日家で知られたジャック・シラク元仏大統領が死去。相撲や奥の細道へ深い造詣

【訃報】親日家で知られたジャック・シラク元仏大統領が死去。相撲や奥の細道へ深い造詣

1995年から2007年にかけてフランスの大統領を務めたジャック・シラク氏が26日、亡くなったことが明らかとなりました。86歳でした。
隣人速報 | 643 view
【訃報】元関脇・逆鉾として活躍した井筒親方が死去。鶴嶺山、逆鉾、寺尾の「井筒三兄弟」を振り返る!

【訃報】元関脇・逆鉾として活躍した井筒親方が死去。鶴嶺山、逆鉾、寺尾の「井筒三兄弟」を振り返る!

大相撲の元関脇・逆鉾として活躍した井筒親方(本名・福薗好昭さん)が、9月16日に東京都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。58歳でした。
隣人速報 | 2,189 view
40歳【安美錦】引退。若手時代には”貴乃花の現役最後の相手”として金星も、その後苦悩

40歳【安美錦】引退。若手時代には”貴乃花の現役最後の相手”として金星も、その後苦悩

大相撲の名古屋場所で優勝争いが盛り上がる中、元関脇で西十両11枚目の安美錦(伊勢ケ浜)が、現役引退を表明しました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト