2018年2月10日 更新

【ナナちゃんだがね!】名古屋の面白いモノ【地域限定ネタ】

中日ドラゴンズへの松坂大輔投手の入団で盛り上がり、史上最大の利益を計上する見込みのトヨタ自動車を近隣に擁する愛知県の県都名古屋市。名古屋にまつわる名物の中から、2点ネタをご紹介します。

1,565 view

名古屋といえば、今はSKE48ですが・・・。

名古屋の魅力は、SKE48だけではありません!!。

待ち合わせは「ナナちゃん」で。

公式サイトによると、「ヤングのための」商業施設。

「ナナちゃん」なる、巨大なセクシー人形があるそうです。
所有する名鉄百貨店さん(リンク貼り付けも禁止なので、要約します。)のホームページによると、ナナちゃんは、1972年に開業した、「ヤングを対象とした」セブン館(なぜ”セブン”なのかは不明)の開業1周年を記念した1973年に、セブン館のシンボルとして建立されたとのこと。
「セブン」なので「7=ナナ」=ナナちゃん、という名前になったとのことです。

ナナちゃんプロフィール(名鉄百貨店サイトより)。

生年月日 昭和48年4月28日
身長 6メートル10センチ
体重 600キログラム
バスト 2メートル07センチ
ウエスト 1メートル80センチ
ヒップ 2メートル15センチ
写真で見ると、相当デカそうですね。
今年2018年で45歳を迎えるナナちゃん。
しかし、”ヤング”の象徴らしく、若々しい体で名古屋の街を魅了してくれています。
ここまで「ナナちゃん」の紹介でした。

実は「博覧会の開催がうまい」愛知県。

非常に多くの人を魅了した「愛・地球博」。

非常に多くの人を魅了した「愛・地球博」。

リニモ。

リニモ。

2005年、「愛・地球博」を大成功に導いた愛知県。
「リニモ」も、この時に造られました。
しかし、「愛・地球博」の前にも、愛知県は博覧会で大成功を収めています。
世界デザイン博覧会(せかいでざいんはくらんかい)とは、名古屋市制100周年を記念して、平成元年(1989年)7月15日から11月26日の4ヶ月間、名古屋市内の3会場で開催された博覧会である。テーマは「ひと・夢・デザイン───都市が奏でるシンフォニー」。マスコットは、デポ。略称は「デ博」・「デザイン博」。会期中(平成元年10月18日~21日)には、開催のきっかけともなった「世界インダストリアル・デザイン会議(世界デザイン会議)」が開催された。

開催前は入場券の売り上げが芳しくなく、博覧会協会理事長の加藤誠之が自ら売り歩くなどしたが、3会場合わせた入場者数は目標の1,400万人を上回る約1,518万人に達し、「もっとも成功した地方博」と呼ばれた。
最大の会場・白鳥会場。

最大の会場・白鳥会場。

名古屋港会場で開門を待つ人々。

名古屋港会場で開門を待つ人々。

名古屋城会場の夜景-ガウディの城シンボルタワー。

名古屋城会場の夜景-ガウディの城シンボルタワー。

その数年後に東京で開催されるはずだった、東京都の黒歴史「都市博の中止」(1996年)以前に、名古屋でも博覧会の開催で売り上げに苦労したようですが、ふたを開けてみると「もっとも成功した地方博」となったこの「デザイン博」。
イベントを開かせたら、愛知県の右に出るところはないのかもしれません。
前回、1970年の万博を成功させた大阪はどうかな?。

デザイン博のマスコットがまた素晴らしい。

n逸品 世界デザイン博 名古屋 デポちゃん オ... - ヤフオク! (1974867)

デザインで世界に名古屋の魅力を発信!!というコンセプトだと思うのですが、そのマスコットキャラクターがこちら。
名前は「デポちゃん」。
なんと「芋虫」をモチーフにしたキャラとのこと。
これが、1,518万4,000人(名古屋商工会議所HPより)を動員した、もっとも成功した地方博で、このデザインのグッズがばんばん売られていたということです。
なんともシュールな光景が頭に浮かんできます。
しかも、おおむね好評だったようです。
「妖怪ウォッチなんかより数倍イイ!」という声もツイッターには。

2020東京オリンピック・パラリンピックも愛知を見習えば・・・。

あくまで個人的な印象でしかありませんが、2020年に開かれる予定の東京オリンピック・パラリンピック。
しかし、「レガシー」だのなんだのと、言葉は威勢がいいのですが、どうも東京という街の特性なのか、「無難な方向にまとめようとしている」感が否めないのです。
「デザイン博」「愛・地球博」を立て続けに成功させ、グッズのデザインもシュールで大好評のものを作った愛知県こそ、レガシーを作り上げる才能のある県ではないでしょうか。
同じ日本ですし、是非ここは愛知県のお知恵をお借りして、ぜひ東京オリンピック・パラリンピックも成功してほしいものだと、思います。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【黄金の表紙が秀逸】1996年発行【VOW8】より下品なネタを

【黄金の表紙が秀逸】1996年発行【VOW8】より下品なネタを

表紙が豪華な黄金色の、1996年に発行された宝島社「VOW8」。そこから、アホらしい下品なネタをご紹介します。
どこにカイワレ植えてんねん!!1998年発行【VOW101人より】

どこにカイワレ植えてんねん!!1998年発行【VOW101人より】

1998年に発行された「VOW101人」。触れ込みでは101人の有名人がVOWネタにコメントするというものですが、実際は101という数字はテキトー。しかし特にエロネタに破壊力があります。エロというにはちょっとアホ!というネタをご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,279 view
名だたる有名歌手もコテンパンに【VOW7の有名人誤植シリーズ】

名だたる有名歌手もコテンパンに【VOW7の有名人誤植シリーズ】

1995年に発行された、宝島社発行「VOW7」。この号の特徴は、有名人に関する新聞記事などに祭られた誤植が多く掲載されていることが挙げられます。「VOW7」からご紹介します。
あなたはテキストで笑えるか?【まぐまぐVOW】よりテキストVOWネタを

あなたはテキストで笑えるか?【まぐまぐVOW】よりテキストVOWネタを

1999年に宝島社から発行された、「まぐまぐVOW」という本があります。通常の画像中心の「VOW」ではなく、テキストで作られたVOWネタ。その中から、懐かしさを感じさせるようなネタを探してみました。
街はゴルゴでいっぱい!縮みゆく赤鬼ルスカも登場【VOW7】1995年発行のネタより。

街はゴルゴでいっぱい!縮みゆく赤鬼ルスカも登場【VOW7】1995年発行のネタより。

巷にあふれる「誤植」などを詰め込んで紹介している、宝島社発行「VOW」。その中から今回は、1995年に発行された「VOW7」から、ご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト