『ねえ、友達殺したことある?』の強烈キャッチコピー!20世紀最後の問題作!「バトル・ロワイアル」衝撃シーン10選
2017年1月27日 更新

『ねえ、友達殺したことある?』の強烈キャッチコピー!20世紀最後の問題作!「バトル・ロワイアル」衝撃シーン10選

中学生達が殺し合いを強いられるという衝撃的な内容から、社会問題にもなりました。胸が悪くなるような内容や映像ですが、やはり、面白いものは面白い!生徒役の俳優・女優の現在、衝撃シーンをまじえて振り返ります。

41,509 view

バトル・ロワイアルとは?

『バトル・ロワイアル』(BATTLE ROYALE)は、高見広春の小説、およびそれを原作とした漫画、映画作品。略称は「バトロワ」「BR」。

バトル・ロワイアル | 高見 広春 | 本 | Amazon.co.jp

1
Amazon公式サイトでバトル・ロワイアルを購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp
中学生達が殺し合いを強いられるという内容。第5回日本ホラー小説大賞の最終候補に残ったものの、審査員からは「非常に不愉快」「こう言う事を考える作者が嫌い」「賞の為には絶対マイナス」など、多くの不評を買い、受賞を逃す(選者の1人が後に書くところによると、最大の落選理由は作品的に落ちるからであり、しかし、おもしろいから売れるだろうと、別の場で語り合っていたとされる)。
読後感は最悪でしたが、『面白い』ことは間違いありませんでした。
『面白い』というと、不謹慎かも?と思ってしまうような、
『面白い』ことにうしろめたさを感じるような作品。
それゆえに、映画化を知ったときは衝撃でした。

中学生たちが主人公なのに「R15」のため中学生は鑑賞できない、映画『バトル・ロワイアル』

映画チラシ

映画チラシ

『バトル・ロワイアル』は高見広春の同名小説『バトル・ロワイアル』を原作として、2000年に公開された日本映画。キャッチコピーは『ねえ、友達殺したことある?』。「R15+指定」により主人公と同じ中学生が観賞できない問題作であったが、興行収入30億円を超えるヒット作品となり、以後、シリーズ製作された。

監督は深作欣二!『中学生42人皆殺し』のキャッチコピーに『こりゃ、いけるわ!』

深作欣二監督

深作欣二監督

深作は本作品を制作するに至ったきっかけを問われ、太平洋戦争中に学徒動員によりひたちなか市の軍需工場で従事していた中学3年生当時(旧制中学校の教育課程制度下であるが、学齢は現制度での中学3年生と同じ)、米軍の艦砲射撃により友人が犠牲になり、散乱した死体の一部をかき集めていた際に生じた「国家への不信」や「大人への憎しみ」が人格形成の根底にあったこと、今日の少年犯罪の加害者少年の心情を思うと他人事でないという感情を抱いてきたことから、いつか「中学三年生」を映画の主題に取り上げたいと考えていたところに、深作の長男で助監督だった深作健太がすすめた原作本の帯にあった「中学生42人皆殺し」のキャッチコピーを見て、「あ、こりゃいけるわ」と思い立ったと答えている。

キャスト

生徒役は皆、応募総数約6,000名の中からオーディションで選ばれた42名。最終的に800名に絞られ、本読みや体力テストに半年を費やし次々とキャストが選ばれていった(小栗旬も同オーディションを受けていた)。
EVENT/バトル・ロワイアル (1686181)

現在活躍中の俳優・女優が中学生役で殺し合いする姿はもはやお宝映像!

城岩学園中学校3年B組

バトル・ロワイアル : 先っちょマンブログ (1686182)

出席番号15番 七原秋也 - 藤原竜也

神様の…&バトルロワイヤル | 舞香のまったりブログ - 楽天ブログ (1686120)

藤原竜也 | HORIPRO (1686122)

95 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2000年に公開、『グラディエーター』――コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿のマキシマスはかっこよかったですね。

2000年に公開、『グラディエーター』――コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿のマキシマスはかっこよかったですね。

人望があり力があるがゆえに、望まぬ政争に巻き込まれる男、マキシマスの悲劇とも言える内容には悲しくも、正義心をもって戦い抜いたその姿は漢の中の漢でした。愚帝コモドゥスとの確執の戦闘シーンは心が震えましたね。そんな『グラディエーター』振り返ってみましょう!
me*me | 17 view
2000年に公開された「グラディエーター」 アカデミーを受賞した名優ラッセル・クロウの名演技に涙しました

2000年に公開された「グラディエーター」 アカデミーを受賞した名優ラッセル・クロウの名演技に涙しました

人望があり力があるがゆえに、望まぬ政争に巻き込まれる男、マキシマス(演:ラッセル・クロウ)の悲劇とも言える内容には悲しくも、正義心をもって戦い抜いたその姿は漢の中の漢でした。愚帝コモドゥス(演:ホアキン・フェニックス)との確執の戦闘シーンは心が震えましたね。そんな『グラディエーター』振り返ってみましょう!
me*me | 16 view
2000年に公開された『17歳のカルテ』――思春期に精神科病棟で過ごす彼女たちのヒューマンドラマでした

2000年に公開された『17歳のカルテ』――思春期に精神科病棟で過ごす彼女たちのヒューマンドラマでした

2000年に公開されたアメリカ映画。「カミソリは痛い、水は冷たい、薬は苦い、銃は違法、縄は切れる、ガスは臭い。生きてるほうがマシ」心が不安定な女の子たちの物語を、よどんだセピア色に展開されるものの、小さな力強い希望を貰えるそんな映画でした。
me*me | 21 view
AV界屈指の性豪として知られた!AV男優『花岡じった』と言う漢が懐かしい!!

AV界屈指の性豪として知られた!AV男優『花岡じった』と言う漢が懐かしい!!

「花岡じった」と言うAV男優をご存知だろうか?1989年のデビューから2013年の引退迄の24年間で380本以上の作品に出演。ミドル世代でAVを見ている健全な男子ならご存知ではないだろうか?そんな花岡じったさんをまとめてみました。
ギャング | 9,645 view
約10年ぶりに復活したホットペッパーグルメの“関西弁CM”が「マッドマックス」の世界観そのものだと話題に!!

約10年ぶりに復活したホットペッパーグルメの“関西弁CM”が「マッドマックス」の世界観そのものだと話題に!!

2000年代にホットペッパーグルメが放送していたCMシリーズ「関西弁アフレコテレビCM」が、このたび約10年ぶりに復活しました。そのCMの世界観が、往年のアクション映画「マッドマックス」のようだとSNSなどを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 2,834 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト