2000年に公開、『グラディエーター』――コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿のマキシマスはかっこよかったですね。
2020年2月29日 更新

2000年に公開、『グラディエーター』――コモドゥスの統治で腐敗していくローマ帝国を止めるために戦う姿のマキシマスはかっこよかったですね。

人望があり力があるがゆえに、望まぬ政争に巻き込まれる男、マキシマスの悲劇とも言える内容には悲しくも、正義心をもって戦い抜いたその姿は漢の中の漢でした。愚帝コモドゥスとの確執の戦闘シーンは心が震えましたね。そんな『グラディエーター』振り返ってみましょう!

26 view

グラディエーターとは…

2000年に公開されたアメリカ合衆国の歴史映画。
監督はリドリー・スコット、主演はラッセル・クロウ。
第73回アカデミー賞、第73回アカデミー作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、視覚効果賞、音響賞の5部門を獲得、および第58回ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞した。

映画「グラディエーター」劇場予告

帝政ローマ時代中期を舞台とした内容です。
ラッセル・クロウ扮するローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスはある日、皇帝アウレリウスが「皇帝をお前(マキシマス)にやりたい」と言うが、それを辞退するものの、皇帝の死後、皇太子コモドゥスの確執に巻き込まれて家族を失ってしまう。
自らも奴隷に身分を落とし、マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていく。

あらすじ

西暦180年、大ローマ帝国。皇帝から次期皇帝の座を望まれるものの、主人公・マキシマスは固辞する。しかしそれを聞きつけた愛情に欠乏している皇帝の息子コモドゥスは侮辱されたと憤怒に怒り、皇帝を殺し、マキシマスの妻子をも殺害してしまう。
新皇帝についたコモドゥスに対し、マキシマスは奴隷剣闘士に身を落とし、コロセウムに挑む。そして、真の剣闘士(グラディエーター)として、復讐を果たすのだった……。

主演の紹介

ラッセル・クロウ(マキシマス)

 (2033679)

平民でありながらも、戦闘センスが天才的に高く、かつ人望にも恵まれ、皇帝に気に入られ、絶大な信頼を得てしまったために、皇帝に「お前に皇帝の座をやろう」と言われて後、彼の人生が狂いだします。

以下はマキシマスの見せどころのシーンのセリフです。
これから襲う彼の悲劇を含め思いを馳せると、マイ ネーム イズ グラディエーターと颯爽と告げる所に涙を覚えてしまった方もいるのではないかと思います。
私の名は剣闘士(グラディエーター)。

我が名はマキシマス・デシマス・メリディアス。北軍指令官にしてフィリックス団将軍。真の皇帝マルクス・アウレリアスの忠実なる僕。殺されし子の父にして殺されし妻の夫。来世になろうと復讐は必ず果たす。 
出典 映画『グラディエーター』
マキシマス演じたラッセル・クロウは、

1990年に『ザ・クロッシング』で本格的に映画デビュー(映画初主演作品でもある)。1995年に『クイック&デッド』でハリウッドにも進出、以来、非常に多彩な役をこなせる俳優として注目されています。また、
 (2031638)

「逃走遊技 NO WAY BACK」では豊川悦司と共演しています。

ホアキン・フェニックス(コモドゥス)

 (2033677)

皇帝マルクス(父)に疎まれ、姉にも疎まれ、大きくコンプレックスをこじらせてしまった皇太子。そんなある日マキシマスに皇帝の座を譲りたいという話を聞きつけ、極悪非道の道に走ります。

そして歪み切ったコモドゥスの決めセリフはこちら。実の姉がコモドゥスでなく、マキシマスに思いを寄せていることにむかっ腹を立て、息子(ルシアス)を人質に、こう言います。「愛してくれ!」がどうしてこうも歪んでしまったのか(´;ω;`)
ルシアスは我が手中にある。
もし母親が余を失望させるような態度をとるなら、彼は死ぬ。
もし気高くも己が道を選び自決するとしても、彼は死ぬ。
そなただが、余の愛に応えることになろう。
余に純血の後継ぎを授けるのだ。
さすればコモドゥスとその子孫は長きに渡り君臨するであろう。
余は慈悲深いであろう? 慈悲深いであろう!
出典 映画『グラディエーター』
そんなコモドゥスを熱演したホアキン・フェニックスは、1986年制作のアメリカ合衆国のSF冒険映画では
 (2031652)

55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2000年に公開された「グラディエーター」 アカデミーを受賞した名優ラッセル・クロウの名演技に涙しました

2000年に公開された「グラディエーター」 アカデミーを受賞した名優ラッセル・クロウの名演技に涙しました

人望があり力があるがゆえに、望まぬ政争に巻き込まれる男、マキシマス(演:ラッセル・クロウ)の悲劇とも言える内容には悲しくも、正義心をもって戦い抜いたその姿は漢の中の漢でした。愚帝コモドゥス(演:ホアキン・フェニックス)との確執の戦闘シーンは心が震えましたね。そんな『グラディエーター』振り返ってみましょう!
me*me | 4 view
2000年に公開された『17歳のカルテ』――思春期に精神科病棟で過ごす彼女たちのヒューマンドラマでした

2000年に公開された『17歳のカルテ』――思春期に精神科病棟で過ごす彼女たちのヒューマンドラマでした

2000年に公開されたアメリカ映画。「カミソリは痛い、水は冷たい、薬は苦い、銃は違法、縄は切れる、ガスは臭い。生きてるほうがマシ」心が不安定な女の子たちの物語を、よどんだセピア色に展開されるものの、小さな力強い希望を貰えるそんな映画でした。
me*me | 3 view
2000年公開された『オータム・イン・ニューヨーク』――プレイボーイな中年男性と余命幾ばくもない少女との切ない愛の物語でしたね

2000年公開された『オータム・イン・ニューヨーク』――プレイボーイな中年男性と余命幾ばくもない少女との切ない愛の物語でしたね

2000年に公開された『オータム・イン・ニューヨーク』は、親子のほど離れている恋物語でしたが、設定の中身が一味違いましたね。プレイボーイの中年が一回り下の(実は余命幾ばくもない)女性を愛するお話でした。
me*me | 1 view
2000年に公開『M:I-2(ミッション:インポッシブル2)』、愛する女を命がけで助けるイーサンを演じたトム・クルーズは最高にかっこよかったですね!!!

2000年に公開『M:I-2(ミッション:インポッシブル2)』、愛する女を命がけで助けるイーサンを演じたトム・クルーズは最高にかっこよかったですね!!!

トム・クルーズといえば、人を惹きつけてやまないカリスマ性がございますね。そんなトム・クルーズに熱狂したファンも少なくはないのではないでしょうか!?今回は彼のどんどんカッコよくなっていく愛する女を守るための快進撃とそのサバイバル&行動力に触れてみませんか?
me*me | 0 view
ディカプリオが100本以上のオファーから「タイタニック」の次に選んだ映画『ザ・ビーチ』

ディカプリオが100本以上のオファーから「タイタニック」の次に選んだ映画『ザ・ビーチ』

映画「タイタニック」で主人公を演じたレオナルド・ディカプリオが、次回作に選んだ映画が『ザ・ビーチ』だった。監督は映画「トレインスポッティング」のダニーボイル。”夢の楽園”を探し求める若者たちを描いた作品。
ひで語録 | 5,551 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト