ドカベンだけじゃない!?水島新司の野球漫画、一球さんを知っていますか?
2020年3月29日 更新

ドカベンだけじゃない!?水島新司の野球漫画、一球さんを知っていますか?

水島新司といえば野球漫画の名作「ドカベン」ですが、ほかにも野球漫画をたくさん描いていらっしゃいます。そのなかのひとつ「一球さん」を皆さんは知っていますか?

1,791 view

野球漫画の第一人者水島新司

昔からスポ根ものは人気があり、野球漫画も数多くありますね。
水島新司さんも野球漫画を多く生み出したことで知られます。

「ドカベン」、「あぶさん」、「野球狂の詩」など読んだことがなくてもタイトルを聞いたことがあるものばかりですよね。
そのほかにも多数の野球漫画を描いておられます。
その中で今回ご紹介するのは「一球さん」です。
こちらの作品もタイトルを見ただけで野球漫画だとわかりますね。

「一球さん」は実は別の作品、原作佐々木守の「男どアホウ甲子園」の続編として作られた作品でした。(実際には原作の佐々木さんは野球を全く知らず、試合の話になると水島さんがはなしを作っていたといいます。)

既に「ドカベン」や「あぶさん」の連載も始まっていたなかでの「一球さん」はどのような作品だったのでしょうか?
 (2177830)

一体どんな作品?

ほぼオリジナルストーリーだった

前作「男どアホウ甲子園」終了からほどなくして連載が始まった今作。
時系列的には前作から7年後の世界で前作の登場人物たちも登場するなど一部のキャラクターや設定を引き継いではいるものの原作は立てておらず水島自身のオリジナルストーリーとなっています。
 (2178208)

忍者の末裔!?

「一球さん」の主人公である真田一球。
彼の出生がまず驚きます。
驚異的な身体能力を持っており、実は忍者の末裔だというのです。
真田幸村に仕えた忍者真田一心の19代目の末裔である真田鉄心を父に持ちます。

その父を幼くして亡くし野球とは無縁の環境で育つが巨人学園の理事長に見いだされ、
野球強豪校巨人学園の野球部に突如入部。
この時点で一球は野球を全く知らないのです。
漫画とはいえ驚きの経歴ですよね。

野球の知識が皆無なので破天荒なプレーが続出するのですが、その身体能力の高さから強豪校にあっても活躍していきます。

この作品に込めた思い

雑誌のインタビューで水島さんが「一球さん」について語ったことがありました。

「一球さん」はアニメにしたかった作品。
「ドカベン」などとは違い野球を知らない子供たちにルールや、楽しさを教えていく作品。
興味を持って、野球を知ってほしい。


確かに、身体能力はずば抜けているけれども野球を全く知らない主人公がおこす破天荒なプレーは見ているほうもワクワクするものがありましたし、はたしてこのプレーはルール違反なのか否か、という関心も持てました。

そのうえ主人公である一球はその身体能力を活かして活躍していくのに奢ることなくいつも天真爛漫で前向きな、ともすれば純粋すぎるほどの少年です。
そういう点でも子供たちに向けての想いがあったのかもしれませんね。
 (2178213)

まとめ

「男どアホウ甲子園」からの「一球さん」、そしてクロスオーバー的に他作品へとキャラクターや設定が繋がっていく水島新司作品。

「ドカベン」の山田太郎の高校三年の夏を描いた「大甲子園」ではそれまでに描いてきた多くの高校野球漫画の登場人物たちが作品の枠を超え共演を果たしています。

そんな各作品のつながりを今一度感じるもの面白いかもしれません。
 (2178216)

 (2178217)

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

甲子園100周年を前にマンガコラボ企画!「ドカベン」篇が公開 !カラー素材をふんだんに使用した映像でドカベンが蘇る

甲子園100周年を前にマンガコラボ企画!「ドカベン」篇が公開 !カラー素材をふんだんに使用した映像でドカベンが蘇る

2024年8月1日の開場100周年に向け、2022年8月1日から「阪神甲子園球場100周年記念事業」を始動し、その一環として、甲子園にゆかりのある名作野球マンガ9作品による夢のコラボレーションムービーを展開しており、その特別バージョンとして第五弾「ドカベン」篇が新たに公開されました。
甲子園にゆかりのある名作野球マンガ9作品が集結! 全271巻より抜粋した名シーン・名台詞で作る動画が公開中!

甲子園にゆかりのある名作野球マンガ9作品が集結! 全271巻より抜粋した名シーン・名台詞で作る動画が公開中!

阪神甲子園球場が2024年8月1日に開場100周年を迎えるにあたり、特別企画として甲子園にゆかりのある名作野球マンガ『ドカベン』『巨人の星』『ダイヤのA』『ダイヤのA actII』『タッチ』『H2』『MIX』『プレイボール』『ROOKIES』の全9作品による夢のコラボレーションムービーを展開しています。
【訃報】漫画家の水島新司さんが死去。ちばてつや、森川ジョージら漫画家が追悼コメント

【訃報】漫画家の水島新司さんが死去。ちばてつや、森川ジョージら漫画家が追悼コメント

漫画家の水島新司さんが10日、肺炎のため東京都内の病院で死去していたことが明らかとなりました。82歳。葬儀は家族のみで行われています。
【〇〇のドカベン】と呼ばれた球児たち

【〇〇のドカベン】と呼ばれた球児たち

水島新司さんによる長編野球漫画「ドカベン」。その主人公の山田太郎の影響でしょうか、ぽっちゃり系の強打で強肩の高校球児が甲子園に出場すると、とかく「〇〇のドカベン」とマスコミはつけたがるものです。ここではそんな「〇〇のドカベン」と呼ばれた高校球児たちをご紹介します。
和尚 | 18,499 view
【ドカベンルール】えっ!4アウトがあるの!? 水島新司が描いた「ルールブックの盲点の1点」

【ドカベンルール】えっ!4アウトがあるの!? 水島新司が描いた「ルールブックの盲点の1点」

『ドカベン』の作者・水島新司は、実の選手以上に野球のルールを熟知していたことで有名です。それを象徴するのが「ルールブックの盲点の1点」、通称 "ドカベンルール" のエピソード。その複雑すぎるルールは、プロ・高校野球の世界でも、知らない選手がいたほどです。今回は、ドカベンで描かれた試合内容と、その解決策となる「4つ目のアウト」についてご紹介します。
izaiza347 | 1,520 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト