可愛い女の子と下ネタの組み合せが斬新!イッパツ危機娘の各エピソード!
2020年3月17日 更新

可愛い女の子と下ネタの組み合せが斬新!イッパツ危機娘の各エピソード!

独特の世界観で展開されるイッパツ危機娘はショートアニメ作品ながら、ユニークで面白いコンテンツです。今回の記事では、ストーリーや登場人物だけではなく、豪華に各エピソードの動画と解説も紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

2,714 view

イッパツ危機娘とは?

原田重光さんによる原作のコミックで、週刊ヤングマガジンに連載されて単行本は全6巻となります。TBS系列の深夜番組「ワンダフル」の1つのコーナーとしてアニメ化も実現しており、1999年10月より約1ヵ月の限られた期間に放送されたコンテンツです。
アニメ版においては、間違いなく一般的に知られたタイトルではなく、知る人ぞ知るマニアックでコアな作品といえるでしょう。

イッパツ危機娘の主題歌

「願いがかなうように」

【作詞】渡瀬マキ
【作曲】川添智久
【編曲】LINDBERG
    前野知常
【歌手】LINDBERG
編曲に名前がある前野知常さんは違いますが、作詞を担当している渡瀬マキさん、作曲を担当している川添智久さん、二人はLINDBERGのメンバーなので、実質的にLINDBERGが書き下ろした楽曲といえます。1970年生まれ、1980年代生まれにとっては懐かしく感じるグループですよね。
LINDBERGを代表する楽曲といえば「今すぐKISS ME」で、フジテレビ系列の月9枠で放送された人気ドラマの主題歌になって当時は人気の高かったアーティストです。

イッパツ危機娘のあらすじ

フリー百科事典であるWikipediaの内容を抜粋します。
中国からの留学生・クーニャンは容姿端麗、スポーツ万能、学業優秀なスーパーガール。だが完璧すぎる彼女にも致命的な弱点があった。それは「どんな状況でも命懸けの事態に巻き込まれる」こと。人呼んで“イッパツ危機娘”のクーニャンは、今日もどこかで危機的状況に巻き込まれている。
上記のように記載されていますが、アニメ版においては、クーニャンがどのような背景をもった人物なのか、本編では一切描かれておらず、毎回、可愛らしい女性キャラクターのクーニャンが危機的な状況に陥っていて、その中で悪戦苦闘する姿を描いているのみ。
つまり、この作品には、そもそもストーリーやあらすじと呼べるようなものは存在しないのです。

イッパツ危機娘の主な登場人物

クーニャン

主人公にして、毎回、何故か危機的な状況に陥っている女性キャラクター。
外見はゲームやアニメでお馴染み「ストリートファイター」シリーズの春麗にそっくりで、とても可愛らしい美人です。頭の回転は早いのですが、頭脳明晰とは言えません。

リンダ

クーニャンの友人で、アメリカ人の女性キャラクター。
外見はブロンド金髪の白人で日本人が思い浮かべるアメリカ人の代表例といった印象で、話し方が片言なところもアメリカ人といった設定を踏襲したものといえるでしょう。

ナジャ

クーニャンの友人ですが、登場回数が少なくて、外見ではリンダほどの個性はないです。
眼鏡をかけたクールビューティーといった印象ですが、クーニャンとともに危機に陥っているときはお馬鹿な行動も目立ってギャップがあります。

イッパツ危機娘の各エピソード

今回は豪華に第9話以外の各エピソードの本編をご紹介できますので、それぞれの内容とともにご覧になってください。

1.阿鼻叫喚サウナ

サウナ室で両肩両足を骨折してしまい、身動きが取れず、脱水症状と戦うクーニャン。
このピンチをどう乗り切るか、必見のエピソードです。

2.顔面甲殻の流血

クーニャンの顔面にカニを貼り付いてしまった話で、友達のリンダ初登場。
カニって意外と凶暴で危険な生き物です。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト