【篠田正浩】大嶋渚・吉田喜重と並ぶ映画界の名監督!女優・岩下志麻の夫としても有名!
2021年3月18日 更新

【篠田正浩】大嶋渚・吉田喜重と並ぶ映画界の名監督!女優・岩下志麻の夫としても有名!

数々のコンテンツを手掛けてきた映画界の第一人者・篠田正浩さん。女優・岩下志麻さんと結婚され、公私にともに渡るパートナーとしても知られています。今回の記事では、そんな篠田正浩さんをフォーカスして、その半生やご活躍ぶり・代表作品などを紹介したいと思います。ぜひ記事をご覧になってくださいね。

318 view

幅広い活躍ぶりを見せた篠田正浩さん

篠田正浩さんのプロフィール

篠田正浩さんのプロフィール

生年月日:1931年3月9日
出身地 :岐阜県岐阜市
職業  :映画監督
活動期間:1960年~2003年

篠田正浩さんの経歴

1931年、岐阜県岐阜市に生まれ、幼少期を地元で過ごした篠田正浩さん。公立高校を卒業すると、早稲田第一文学部に入学しました。卒業後は松竹に入社し、映画製作に関わっていくこととなります。

1960年代に全盛期を迎えた日本映画界の流行”ヌーベルバーグ”の担い手として、同じく松竹所属の大嶋渚さん・吉田喜重さんたちと共に注目を集める存在となります。会社との衝突を繰り返し、早々に独立していった二人とは異なり、篠田正浩さんがフリーとなるのは1966年と松竹映画に多大な貢献を果たしました。
1967年には独立プロダクションの表現社を設立。前衛的・先鋭的なものから大手映画会社による配給作品も手掛け、映画監督として幅広い分野のコンテンツを手掛けています。
https://www.suruga-ya.jp/product/detail/980002673 (2264561)

1986年には映画監督という枠から離れ、TBS系列の情報番組『日本が知りたい』に出演されてキャスターも務めました。
1990年には映画『少年時代』で日本アカデミー賞・監督賞を獲得。国際的な祭典としても有名なカンヌ国際映画祭にも3度の出品をしており、グローバルな活躍ぶりという観点でも目を見張るものがあります。
2003年、篠田正浩さんは映画『スパイ・ソルゲ』の公開を最後に、映画監督から引退することを発表しました。引退後の2016年には、京都国際映画祭で牧野省三賞を獲得し、公の場で元気そうな姿を見せてくれたのは印象的でしたね。

篠田正浩さんにまつわるエピソード

大学生時代は駅伝走者として活躍

https://www.irasutoya.com/2012/07/blog-post_935.html (2264566)

高校生のころは陸上部に所属し、400m走の選手として国体に出場するほどの選手だった篠田正浩さん。しかし、国体では予選で敗退し、その悔しさから大学でも陸上を続けようと、志望校を京都大学から陸上競技の強豪である早稲田大学に変えたのだとか。
当時、早稲田大学で篠田正浩さんを指導してくださったのは、後に瀬古利彦さんを育てた中村清さん。そして、中村清さんはライバルがひしめく中距離で世界を目指すのは難しいと言い、中距離のスピードで5000mを走り切れれば世界記録だとも話したそうです。
こうして長距離に転向した篠田正浩さんは箱根駅伝に出場し、早稲田大学の二区に走者に抜擢されたといいます。しかし、翌年には足の故障で走るのを断念せざるを得ない状況に。
現在でも大学駅伝には強い思い入れがあるようで、毎年、レースを熱心に見入っているそうですよ。

白石かずこさんと結婚していた?

https://www.amazon.co.jp/Dedicated-Late-John-Coltrane-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AB%E6%8D%A7%E3%81%90/dp/B0002LHWO4/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%99%BD%E7%9F%B3%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%81%93&qid=1614831921&sr=8-5 (2264570)

詩人として知られる白石かずこさん。自由な発想で、常識に捕らわれない強い女性像というイメージが強いですよね。篠田正浩さんとは早稲田大学に在籍中から親交があり、じつはお二人は結婚していたのです。
しかし、結婚生活は長続きせず、間もなくして離婚してしまったようですね。
お二人の結婚生活に関わる情報はほとんどなく、結婚・離婚された時期も分かりません。ただし、白石かずこさんは、詩人として”離婚”にまつわる名言を残しています。
離婚は結婚した人間の選択できる生き方である――白石かずこ(詩人)
上記のリンク先では、この言葉に込められた意味も解説されていますので、併せてご覧になってみてください。
のこの言葉を残した彼女、篠田正浩さんとの離婚後は独身を貫いています。そうした事実を踏まえて考えてみても、この言葉に込められた想いは重いですよね。

女優・岩下志麻さんとの再婚

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

熊田曜子、熊切あさ美、塩地美澄がアラフォートリオ「ピラミッドLADIES」を結成!デジタル写真集でセクシーな姿を披露!

熊田曜子、熊切あさ美、塩地美澄がアラフォートリオ「ピラミッドLADIES」を結成!デジタル写真集でセクシーな姿を披露!

芸能事務所「アーティストハウス・ピラミッド」に所属するタレント、熊田曜子(38)、熊切あさ美(40)、塩地美澄(38)がこのたび、アラフォートリオ「ピラミッドLADIES」を結成し、デジタル写真集『ピラミッドLADIES 艶めきの金字塔』を発売しました。
隣人速報 | 17,869 view
森田芳光の生誕70周年記念!「全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX」が発売決定!!

森田芳光の生誕70周年記念!「全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX」が発売決定!!

森田芳光の生誕70周年を記念した完全限定プレミアムボックス『⽣誕70周年記念 森⽥芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX』(完全限定版)の発売が決定しました。
隣人速報 | 140 view
【幸福の黄色いハンカチ】第1回(1978年度)日本アカデミー賞を振り返る!【高倉健】

【幸福の黄色いハンカチ】第1回(1978年度)日本アカデミー賞を振り返る!【高倉健】

1978年と言えば、新東京国際空港(現・成田国際空港)が開港された年。日中平和友好条約が調印されたり、超高層ビル「サンシャイン60」が開館したりした年でもあった。そんな1978年の日本アカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 247 view
【有馬稲子】萬屋錦之介や実業家との結婚・離婚!市村崑との不倫騒動についても調査!

【有馬稲子】萬屋錦之介や実業家との結婚・離婚!市村崑との不倫騒動についても調査!

元タカラジェンヌとして殿堂入りも果たした昭和の名女優・有馬稲子さん。今回の記事では、その経歴や活躍ぶりをまとめました。二度の結婚・離婚について、映画監督で有名な大村崑さんとの不倫疑惑などもリサーチしています。現在の暮らしぶりも調べてみましたので、ぜひ記事をご覧になってくださいね。
tsukumo2403 | 868 view
恋愛ドラマの神様・北川悦吏子さんのドラマまとめ

恋愛ドラマの神様・北川悦吏子さんのドラマまとめ

あすなろ白書、愛していると言ってくれ、ロングバケーションなど1990年代から数々の恋愛ドラマをヒットさせ「恋愛の神様」とも言われた北川悦吏子さん。その作品を振り返ってみましょう。
saiko | 1,286 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト