ワトソン525号さんの記事

悪の恐竜対D戦隊!『恐竜大戦争アイゼンボーグ』

悪の恐竜対D戦隊!『恐竜大戦争アイゼンボーグ』

特撮による恐竜や背景と、アニメによるキャラクターを組み合わせて製作された『恐竜大戦争アイゼンボーグ』。なかなか語られることのない作品ではありますが、見た人の記憶には強く残る作品でした。
ワトソン525号 | 2,943 view
宇宙規模のスーパー戦隊『電撃戦隊チェンジマン』

宇宙規模のスーパー戦隊『電撃戦隊チェンジマン』

マニアにも強い人気を誇っていた『電撃戦隊チェンジマン』は、宇宙スケールの物語が展開された作品でした。 主題歌を初めて影山ヒロノブさん(KAGE)が歌ったのもこの作品です。
ワトソン525号 | 4,277 view
爆発『科学戦隊ダイナマン』

爆発『科学戦隊ダイナマン』

戦隊シリーズが転換期に向かっていく最中に製作された『科学戦隊ダイナマン』。有尾人一族のジャシンカ帝国と戦う科学戦隊の活躍が見どころでした。
ワトソン525号 | 1,821 view
Junperson Fights for justice!『特捜ロボジャンパーソン』

Junperson Fights for justice!『特捜ロボジャンパーソン』

ロボットが主人公であり、なおかつ変身ものでもない平成のロボット刑事的存在のジャンパーソン。紫と銀の渋いカラーリングや主題歌など、見所満載の傑作でした。
ワトソン525号 | 5,315 view
立ち上がれ『大戦隊ゴーグルファイブ』

立ち上がれ『大戦隊ゴーグルファイブ』

スーパー戦隊シリーズ安定期の作品『大戦隊ゴーグルファイブ』。現在まで繋がるスーパー戦隊シリーズのフォーマットは、この作品でほぼ完全に定まったと言えるでしょう。
ワトソン525号 | 1,230 view
やるっきゃないが合言葉『ビーファイターカブト』

やるっきゃないが合言葉『ビーファイターカブト』

『重甲ビーファイター』に続くシリーズ第2弾『ビーファイターカブト』。メタルヒーローシリーズにおける、変身ヒーローものの最終作でもあるこの作品について振り返ってみましょう。
ワトソン525号 | 10,452 view
国際派ヒーロー『バトルフィーバーJ』

国際派ヒーロー『バトルフィーバーJ』

『スパイダーマン』からの流れで製作された、東映原作のスーパー戦隊シリーズ・真の第1弾である作品『バトルフィーバーJ』。その魅力について迫りたいと思います。
ワトソン525号 | 17,208 view
元祖スーパー戦隊!『秘密戦隊ゴレンジャー』

元祖スーパー戦隊!『秘密戦隊ゴレンジャー』

現在放送中の『動物戦隊ジュウオウジャー』で40作品を迎えたスーパー戦隊シリーズ。『秘密戦隊ゴレンジャー』は、その第1作として今も人気を誇っている作品です。
ワトソン525号 | 9,830 view
オーストラリアのウルトラマン『ウルトラマンG(グレート)』

オーストラリアのウルトラマン『ウルトラマンG(グレート)』

「新しいヒーロー」ウルトラマングレートは、1990年代前半のウルトラマン冬の時代に製作された、海外のウルトラマンです。日本版主題歌は京本政樹さんが担当、さらに主人公の吹替も担当ということで、京本政樹ファンには欠かせない作品です。
ワトソン525号 | 3,975 view
特撮ではないウルトラマン『ザ☆ウルトラマン』

特撮ではないウルトラマン『ザ☆ウルトラマン』

「誰もが知ってるウルトラの戦士」ウルトラマンジョーニアスが登場する『ザ☆ウルトラマン』は、1979年に放送された、特撮ではなくアニメ版のウルトラマンです。現在は一部のレンタルショップでDVDを借りることができるようにもなり、視聴が容易になったこの作品について紹介したいと思います。
ワトソン525号 | 4,569 view
いつの日も『電光超人グリッドマン』~円谷の平成特撮ヒーロー~

いつの日も『電光超人グリッドマン』~円谷の平成特撮ヒーロー~

ウルトラマンが日本で特に製作されておらず、空白期間が続いていた1993年に突然始まった『電光超人グリッドマン』は、コンピューター内部、パソコン通信の世界で怪獣とヒーローが戦いを繰り広げるという斬新な特撮ヒーロー番組でした。
ワトソン525号 | 5,698 view
君の心に印はあるか『超電子バイオマン』

君の心に印はあるか『超電子バイオマン』

スーパー戦隊シリーズにおける革新的な作品だった『超電子バイオマン』は、毎週登場する等身大の怪人の廃止(ただし新しい巨大メカが毎週登場)、連続ドラマ要素の強化などが試みられました。現在においても非常に人気の高い作品です。
ワトソン525号 | 8,607 view
メタルヒーローシリーズ最大の異色作『ブルースワット』

メタルヒーローシリーズ最大の異色作『ブルースワット』

1994年に放送された『ブルースワット』は、これまでのメタルヒーローシリーズから一気に対象年齢を上げ、海外ドラマやSF映画のようなリアル調の作風で製作された作品です。志半ばで作風には軌道修正が入ってしまいましたが、異色作、そして意欲作として今も語り継がれています。
ワトソン525号 | 11,027 view
1979年・空を飛ぶ『仮面ライダー(スカイライダー)』

1979年・空を飛ぶ『仮面ライダー(スカイライダー)』

主演は村上弘明。『仮面ライダーストロンガー』から約4年間の沈黙を破り、新しく始動した『仮面ライダー』。タイトルは『仮面ライダー』ですが、登場する仮面ライダーは空を飛ぶ新しい仮面ライダー・スカイライダーでした。
ワトソン525号 | 15,770 view
衝撃の最終回!『時空戦士スピルバン』

衝撃の最終回!『時空戦士スピルバン』

『宇宙刑事ギャバン』~『宇宙刑事シャイダー』、『巨獣特捜ジャスピオン』に続く5作品目のメタルヒーロー『時空戦士スピルバン』。なかなか再評価の機会に恵まれていませんが、見所満載の作品でした。
ワトソン525号 | 23,677 view
地元の不良からサタンまで、幅広い層を相手に戦ったヒーロー『特捜エクシードラフト』

地元の不良からサタンまで、幅広い層を相手に戦ったヒーロー『特捜エクシードラフト』

『特捜エクシードラフト』は、シリアスに刑事ドラマに走りすぎてしまった前作の良かった点を残しつつ、新たに宇宙人や宗教、超能力などなんでもありの世界観として仕切りなおした作品です。その衝撃の結末を覚えている方も多いのでは?
ワトソン525号 | 7,113 view
初の兄弟戦隊・1990年『地球戦隊ファイブマン』

初の兄弟戦隊・1990年『地球戦隊ファイブマン』

平成に入ってから2作品目のスーパー戦隊『地球戦隊ファイブマン』。試行錯誤が繰り返されつつ、幅広い内容の物語が展開されたこの作品を振り返ってみたいと思います。
ワトソン525号 | 8,981 view
もはや刑事ドラマそのもの?伝説の子供向けヒーロー番組『特救指令ソルブレイン』

もはや刑事ドラマそのもの?伝説の子供向けヒーロー番組『特救指令ソルブレイン』

現在は平成仮面ライダーシリーズが放送されている日曜朝8時。かつて、この時間に放送されていた『特救指令ソルブレイン』は、明らかに子供向けから逸脱しているようなドラマ”も”展開されることがしばしばありました。
ワトソン525号 | 9,205 view
突然アニメに?斬新な演出の特撮ヒーロー番組『プロレスの星アステカイザー』

突然アニメに?斬新な演出の特撮ヒーロー番組『プロレスの星アステカイザー』

変身シーン(序盤のみ)と毎回の敵との戦いのラストがアニメで演出された、円谷の特撮ヒーロー『アステカイザー』。2013年にはTOKYOMXでも再放送され、若い世代にも人気を博しました。本項では、この作品の魅力に迫りたいと思います。
ワトソン525号 | 2,482 view
戦隊シリーズ2作目!『ジャッカー電撃隊』は硬派なアクションドラマだった

戦隊シリーズ2作目!『ジャッカー電撃隊』は硬派なアクションドラマだった

2年間の長きに渡って放送された『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975~1977年)に続いて放送された『ジャッカー電撃隊』。放送期間がスーパー戦隊シリーズにおいて唯一一年未満であるこの作品ですが、見どころは満載でした。制作サイドの試行錯誤も伺える、いま見ても面白いヒーロー番組です。
ワトソン525号 | 18,014 view
20 件