君の心に印はあるか『超電子バイオマン』
2017年1月31日 更新

君の心に印はあるか『超電子バイオマン』

スーパー戦隊シリーズにおける革新的な作品だった『超電子バイオマン』は、毎週登場する等身大の怪人の廃止(ただし新しい巨大メカが毎週登場)、連続ドラマ要素の強化などが試みられました。現在においても非常に人気の高い作品です。

8,176 view

バイオマンとは

1984年に放送されたスーパー戦隊『超電子バイオマン』。
ダイナマンから徐々に作風などが変化しつつあったスーパー戦隊シリーズですが、本格的な革新が行われたのはやはりバイオマン以降でしょう。
「超電子バイオマン」とは、最強の地球人科学者「ドクターマン」率いる悪の組織「新帝国ギア」と戦う為に選ばれた戦士達の物語であり、1984年2月4日から1985年1月26日にかけて毎週土曜日18時にテレビ朝日系列で放送されたスーパー戦隊シリーズ第8作目である。制作は東映。全51回。
 (1595042)

番組タイトル及びヒーローの名前に「戦隊」の文字が入らない。
ヒーローの名前に戦隊名(の一部)が入らない。
メンバーに女性が二人いるダブルヒロインを初めて採用。

等身大での戦闘時の敵役が固定されていて、作戦に応じて起用される。
敵の巨大ロボのみ毎回変わる。


宇宙からの技術による正義の味方と、地球人の科学者個人の能力との戦い。
シリーズ初の「自分の運命や境遇に苦悩するレッド」。
メンバーが素人ゆえか戦隊シリーズ唯一の女性メンバーが戦死する程苛烈なストーリー展開。
といったマンネリ打破な新機軸で、伝統芸能的なシリーズの中で更なる方向性と多様性を広げようとする新たな試みに満ちた作品である。
今までやこれ以降の戦隊は基本敵にその回で登場し倒された怪人が巨大化したものとロボが戦うというパターンになっていますが、バイオマンでは敵の巨大メカが毎回違う代わりに怪人は固定であるという方式が取られていたのが最も印象的な違いでしょう。
これ以降の戦隊では『特命戦隊ゴーバスターズ』のみ、逆に怪人は毎週違うものが登場し巨大勢力は数種類で固定という方式が取られていました。

物語のあらすじ

 (1595057)

かつて高度な文明によって栄えたバイオ星は、その超科学によって生み出された物質活性化をもたらす「バイオ粒子」をめぐる戦争により滅んでしまう。

バイオ粒子の平和利用を目指していた「バイオ星平和連合」の人々は、宇宙一美しい星「地球」では将来自分達のような科学をめぐっての悲劇を繰り返させてはならないと、自我を持つ巨大ロボット・バイオロボとそのサポートロボ・ピーボを地球に送りこむ。

それから500年。ドクターマンと名乗る狂気の天才科学者が、自らが作り出したメカ人間による「新帝国ギア」を率いて世界征服を開始した。科学による地球の危機に目覚めたピーボは5人の若者を召喚する。
彼らは500年前、バイオロボによって肉体と精神を強靱にするバイオ粒子を浴びせられた5人の若者の子孫だった。

登場人物

それでは、ここでバイオマンの5人を振り返ってみましょう。
レッドワン/郷史朗

レッドワン/郷史朗

番組の主人公にふさわしいマジメな熱血漢タイプのキャラクターでした。
彼とその死に別れたはずの父とのドラマは物語後半の見せ場だったため、覚えている方も多いでしょう。
高杉真吾/グリーンツー

高杉真吾/グリーンツー

ネット上で隠れた人気を誇っているグリーンツー。ひょうきんなキャラクターでした。
南原 竜太/ブルースリー

南原 竜太/ブルースリー

なんといっても変身後の名前にインパクトがあるブルースリー。こちらもレッドワン=郷のような熱血系の若者でした。
出典 ameblo.jp
矢吹ジュン/イエローフォー

矢吹ジュン/イエローフォー

番組序盤で戦死してしまった初代イエローフォー=小泉ミカに代わって登場した2代目のイエローフォー。登場直後の回には真田広之がゲスト出演していました。
桂木ひかる/ピンクファイブ

桂木ひかる/ピンクファイブ

ピンクファイブはお嬢様系のキャラクターでした。しかし徐々にたくましく成長していった人物です。
ピーボ

ピーボ

ピーボはバイオマンとなる5人を集めるため、バイオロボとともに地球に現れたサポートキャラクターでした。

彼の友人が登場したエピソードなどもあり、5人に劣らず、あるいはそれ以上に存在感のあるキャラクターでした。
バイオロボ

バイオロボ

基本的にはバイオマンによって操縦されるロボットですが、意思を持っており自分で行動している場面も見られました。
赤、黒、白の渋い配色は今見ても魅力的です。
当時の超合金の入手は困難ですが、プラモデルは度々再販されているため模型屋さんなどに在庫がある場合もあります。
ドクターマン

ドクターマン

新帝国ギアの総統・ドクターマンは戦隊シリーズでも数少ない、自身を機械で改造してはいるものの人間である悪の組織のボスでした。
元々は人間であるという設定はしっかりと劇中で生かされており、息子が登場するエピソードもありました。

当時のCM

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

戦隊が同時に2つも登場!?2018年のスーパー戦隊は史上初の「W戦隊」になると話題に!!

戦隊が同時に2つも登場!?2018年のスーパー戦隊は史上初の「W戦隊」になると話題に!!

2018年、2月11日より、スーパー戦隊シリーズの第42弾である「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」がテレビ朝日系列で放送されます。シリーズ史上初の「W戦隊」で挑む本作に、今注目が集まっています!
隣人速報 | 4,276 view
スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」の初モノのエピソードと新しい要素の定番化(お約束)の歴史を振り返ってみましょう。恒例のニセ戦隊の話やスーパー戦隊ヒロインのコスプレ七変化ほか。クリスマスには戦隊シリーズの2号(3号)ロボが発売されてデパートで子供が買って買ってと泣き叫ぶのが昭和のお約束でしたね。
トントン | 36,554 view
宇宙規模のスーパー戦隊『電撃戦隊チェンジマン』

宇宙規模のスーパー戦隊『電撃戦隊チェンジマン』

マニアにも強い人気を誇っていた『電撃戦隊チェンジマン』は、宇宙スケールの物語が展開された作品でした。 主題歌を初めて影山ヒロノブさん(KAGE)が歌ったのもこの作品です。
ワトソン525号 | 3,923 view
爆発『科学戦隊ダイナマン』

爆発『科学戦隊ダイナマン』

戦隊シリーズが転換期に向かっていく最中に製作された『科学戦隊ダイナマン』。有尾人一族のジャシンカ帝国と戦う科学戦隊の活躍が見どころでした。
ワトソン525号 | 1,395 view
覚えてる?【後楽園ゆうえんちで僕と握手!】 ~スーパーヒーロー大集合~

覚えてる?【後楽園ゆうえんちで僕と握手!】 ~スーパーヒーロー大集合~

「君たち、後楽園ゆうえんちで僕と握手!」のフレーズで締めくくるテレビCMを覚えていますか!? ジェットコースターに乗って活躍する戦隊ヒーローの姿に胸が躍った、後楽園ゆうえんち野外ステージで開催されていた“ヒーローショー”を振り返ります。
ヤマダゴロー | 25,938 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト