あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?
2018年10月6日 更新

あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

往年の人気ヒーロー『フラッシュ・ゴードン』のパロディポルノ映画として製作された本作は、『スター・ウォーズ』への憧れと、SF映画の魅力に目覚めてしまった世代にとって、文字通り大注目の作品。日本公開時に奇跡的に雑誌掲載されていた、この『フレッシュ・ゴードン』コミカライズ版を紹介しよう!

5,382 view
1978年夏のスター・ウォーズ日本公開を控え、とにかくSF映画に飢えていた、当時の観客たちと日本の映画興行界。
実はその当時、ミドルエッジ世代の少年たちの好奇心を刺激しまくった、一本の作品があったのを覚えておいでだろうか?
『フレッシュ・ゴードン』日本版ポスター

『フレッシュ・ゴードン』日本版ポスター

そう、その映画こそ、この『フレッシュ・ゴードン』だ!
往年の人気ヒーロー『フラッシュ・ゴードン』のパロディポルノ映画として製作された本作は、『スター・ウォーズ』への憧れと、SF映画の魅力に目覚めてしまった我々ミドルエッジ世代にとって、文字通り大注目の作品だったのだ。
都内では、新宿東急や丸の内東映パラスで公開されたが、当時小中学生だったミドルエッジ世代には、内容が内容だけに残念ながら見に行くことが出来なかった本作。きっと皆、新聞広告やチラシ・ポスターなどから何とかその内容を読みとろうと、出来る限りの想像力を働かせた覚えがあるのではないだろうか。
『フラッシュ・ゴードン』日本版ポスター

『フラッシュ・ゴードン』日本版ポスター

ちなみに、本家『フラッシュ・ゴードン』のリメイク版が公開されたのは、『フレッシュ・ゴードン』公開から3年後の1981年のことだった。
もちろん『フレッシュ・ゴードン』も、現在ではヘア解禁版が普通にソフト化されているので、好きなときに自宅で鑑賞することが可能な環境にある。しかし、やはり我々の頭に今も浮かんでしまうのは、少年の日に憧れた妄想上の『フレッシュ・ゴードン』に他ならない。
そこで今回紹介したいのが、日本公開時に奇跡的に雑誌掲載されていた、この『フレッシュ・ゴードン』コミカライズ版だ。
ただ、掲載誌が「月刊プレイコミック」という大人向けの漫画誌だったため、今までその存在すら知らなかったという方が多いはず。そんな幻の迷作コミカライズを、今回は振り返ってみたいと思う。
*映画『フレッシュ・ゴードン』については、下記のリンクよりご確認下さい。

コミカライズ版『フレッシュ・ゴードン』概略

掲載誌表紙

掲載誌表紙

本作が掲載されたのは、「月刊プレイコミック」1978年4月号。作者は石川森彦先生で、全31ページに渡って掲載されていた。ちなみに石川先生はこの他にも、「月刊プレイコミック」1978年10月号に『ザ・ドライバー』のコミカライズ版を執筆されている。
折込ピンナップにも、『フレッシュ・ゴードン』が!

折込ピンナップにも、『フレッシュ・ゴードン』が!

画像の通り、コミカライズ版以外に折込ピンナップにも『フレッシュ・ゴードン』のポスターが使用されるなど、いかに当時の注目度が高かったかが分かる本作。果たしてその内容は映画版に近いものだったのだろうか?

コミカライズ版「フレッシュゴードン」内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

迫力ある見開き扉絵には、石川森彦先生のアメコミ調の絵柄が実に良く合う。
エキサイト星に到着したフレッシュたち。

エキサイト星に到着したフレッシュたち。

映画にも登場する一つ目の怪物!

映画にも登場する一つ目の怪物!

映画の序盤の展開をすっ飛ばし、本作はフレッシュたちがポコチンロケットで敵の本拠地であるエキサイト星に降り立つ所から、いきなりスタートする。到着するなり敵の軍隊に捕まってしまった三人が連れて行かれたのは、満貫大王の宮殿だった。
悪役"満貫大王"登場!

悪役"満貫大王"登場!

コミカライズ版の影の主役、暗黒の女王アモーラ登場!

コミカライズ版の影の主役、暗黒の女王アモーラ登場!

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

「ジョーズ」の大ヒットから始まった動物パニック映画ブーム。70年代後半のこの時期にドッと日本の映画興行界に溢れだした巨大化し暴れる動物たち。そんな動物パニック映画の中でも『ジョーズ』並に期待された大作?映画『テンタクルズ』のコミカライズ版を紹介!
滝口アキラ | 1,278 view
『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

黄色いトラックスーツに身を包んだブルース・リーのビジュアルと、その不吉なタイトルが印象的な映画『死亡遊戯』。1978年のゴールデンウィークに日本でも公開された本作により、第二次ブルースリーブームが再び日本に巻き起こることになった!『死亡遊戯』のコミカライズ版を紹介します!
滝口アキラ | 2,980 view
「スターウォーズ」旧三部作の日本版コミカライズ列伝・前編:エピソードⅣ「新たなる希望」

「スターウォーズ」旧三部作の日本版コミカライズ列伝・前編:エピソードⅣ「新たなる希望」

いよいよ12月15日より、シリーズ最新作「最後のジェダイ」が公開される映画「スターウォーズ」シリーズ!日本に初めて上陸した記念すべきエピソードⅣ「新たなる希望」の、日本公開当時発表されたコミカライズ版を紹介!
滝口アキラ | 1,668 view
1976年のリメイク版「キングコング」の漫画版こそ、正に神レベル!映画を遥かに越える、その感動の内容とは?

1976年のリメイク版「キングコング」の漫画版こそ、正に神レベル!映画を遥かに越える、その感動の内容とは?

過去80年以上に渡って何度もリメイクされて来た怪獣映画のレジェンド「キングコング」!今回紹介するのは、1976年版「キングコング」公開時に発表された、幻のコミカライズ(映画を漫画化した物)版だ!
滝口アキラ | 8,000 view
「夢想花」とんでとんでとんでとんでとんででお馴染みにの【円広志】の代表曲を振り返る

「夢想花」とんでとんでとんでとんでとんででお馴染みにの【円広志】の代表曲を振り返る

円広志さんの「夢想花」といえば、あの頭から離れないサビですよねぇ(^^)/ 1978年にリリースされポプコンでも世界歌謡祭でもグランプリを受賞した名曲中の名曲を、今回は振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 395 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト