2017年5月18日 更新

1976年のリメイク版「キングコング」の漫画版こそ、正に神レベル!映画を遥かに越える、その感動の内容とは?

過去80年以上に渡って何度もリメイクされて来た怪獣映画のレジェンド「キングコング」!今回紹介するのは、1976年版「キングコング」公開時に発表された、幻のコミカライズ(映画を漫画化した物)版だ!

5,736 view
先頃公開され、全国の怪獣映画ファンの心を熱くさせた映画「キングコング・髑髏島の巨神」!
思えば「キングコング」こそ、日本の「ゴジラ映画」のルーツでもあり、過去80年以上に渡って何度もリメイクされて来た、怪獣映画のレジェンドだと言える。

最近では2005年のピータージャクソン監督版「キングコング」が、オリジナルの世界観にかなり寄せて作られていたのも、記憶に新しいところだ。
しかし、ミドルエッジ世代にとっては、やはり1976年版の「キングコング」こそ、心の映画では無いのだろうか?(もちろん、続編の「キングコング2」を愛する方も多いとは思うが)
1976年版「キングコング」公開当時のチラシ。

1976年版「キングコング」公開当時のチラシ。

お正月映画として全国拡大ロードショーされた。
ちなみに、このチラシに描かれているような、ジェット戦闘機を素手で鷲づかみにするシーンは、本編中には無い。
出典 滝口アキラ
当時の技術で果敢に等身大ロボットを作るという無謀さも含めて、ヒロインがキングコングに好意を持つ、という新たな解釈には、子供心にも新鮮な感動を覚えたものだ。
公開当時は、お正月映画の超大作として期待され、前年に公開された「タワーリング・インフェルノ」を越えるヒットが期待された本作。
見事に興行的には成功し、日本では1977年の配給収入第1位(30億円)を記録している。
残念ながら、当時の映画評論家からは酷評されてしまった本作だが、今でも映画ファンの間では根強い人気を誇っているのも事実。
そう、美女に尽くして、ラストで非業の死を遂げるキングコングに、実は自分自身を投影したミドルエッジ世代の方は、きっと多いに違いない。
今回紹介するのは、その1976年版「キングコング」公開時に発表された、幻のコミカライズ(映画を漫画化した物)版だ。
現在と違い、洋画を劇場に見に行くという行為が、まだまだ子供にはハードルが高かった70年代。
そんな子供達の強い味方だったのが、映画本編をラストまで漫画で紹介してくれる、「劇画ロードショー」という素晴らしい日本の漫画文化だ。恐らくミドルエッジ世代の方なら、一度は子供時代に読まれたことがあるのでは?
もちろん、この「キングコング」も例外では無く、これだけの話題作だけに、当時の漫画雑誌には、「キングコング」の記事や漫画が多数掲載されていた。
今回紹介するのは、当時少年誌に掲載されていた「キングコング」のコミカライズ版2本。
中でも、後述する一峰大二先生版「キングコング」こそ、映画の100倍素晴らしい、正に「神レベル」の作品だと断言出来る!

1976年版の映画「キングコング」とは?

詳しくは以下のリンクよりご確認下さい。

月刊少年マガジン掲載版「キングコング」概略

実は、1976年版「キンコング」公開時の宣伝として、2本のコミカライズ版がそれぞれ別の雑誌に掲載されていた。
まず紹介するのは、月刊少年マガジン1976年10月号と11月号に掲載された物だ。
本作が掲載された、月刊少年マガジン1976年11月号の表紙。

本作が掲載された、月刊少年マガジン1976年11月号の表紙。

「超大作映画50ページ」の文字が躍るこの号。ちなみに、当時他の掲載作品には、ど根性ガエルの吉沢やすみ先生の新連載「おいら飛太郎」、手塚治虫先生の「メタモルフォーゼ」、矢口高雄先生の「釣りキチ三平」などの人気漫画が連載されていた。
出典 滝口アキラ
残念ながら、後編の掲載号が入手出来ていないため、ここでは前編のみを紹介させて頂くことにしよう。
本作は、前編・後編に渡って掲載された大長編漫画であり、前編ではコングが島で捕獲され、アメリカへ輸送されるまでが描かれている。
35ページの長編漫画と合わせて、11ページに渡るキングコング特集も掲載されるなど、当時としてもかなりの力の入れようだった。

月刊少年マガジン版「キングコング」あらすじ紹介

「キングコング」前編の表紙がこれだ!

「キングコング」前編の表紙がこれだ!

コングの迫力あるアップを書いたのは、田上憲治先生。
この前編は、35ページに渡る長編漫画として掲載された。
出典 滝口アキラ
「ウオオッ!」 いけにえにされたドワンの前に、遂にその...

「ウオオッ!」 いけにえにされたドワンの前に、遂にその姿を現したキングコング!

出典 滝口アキラ
石油採掘のためにある孤島にやって来た探検隊の一行。
ところが、紅一点であるドワンが島の原住民にさらわれて、何かのいけにえに捧げられてしまう。ドワンの前に、島の守り神として原住民から崇められている巨大なキングコングが現れた!
「なにさ、この気の狂った、うすでかいバケモノ!!」

「なにさ、この気の狂った、うすでかいバケモノ!!」

オリジナル版キングコングでの、悲鳴を上げて助けを呼ぶ弱いヒロイン像から、70年代の行動する強い女へと変更されたのが、この76年版キングコングの特色だと言える。
しかし、コングを素手で殴るとは・・・。
出典 滝口アキラ
怖がるどころか、逆にコングにケンカを売るドワン!
ドワンを狙って突如襲って来た大蛇を、真っ二つに引きちぎ...

ドワンを狙って突如襲って来た大蛇を、真っ二つに引きちぎるコング!

このシーン、映画では画面が暗くていまいちハッキリ見えなかったのだが、こういう細部の確認にもコミカライズは非常に役に立つし、後の資料性も高いのだ。
出典 滝口アキラ
ドワンを狙って現れた巨大な蛇を、真っ二つに引き裂くコング!
自分を守ってくれたコングに対して、ドワンは命の恩人としての感情を抱くようになるのだが・・・。
さすがのコングも麻酔薬には勝てなかった!

さすがのコングも麻酔薬には勝てなかった!

探検隊に救出されたドワンを追ってジャングルの外に出たコング。だが、待ち受けた人間達の罠にかかって捕獲されてしまう。
出典 滝口アキラ
コングと大蛇が戦っている間に、仲間の探検隊が無事にドワンを救出!
ドワンを追って来たコングだったが、人間の罠にかかり、ドラムカン入りの麻酔薬で眠らされ捕獲されてしまう。
巨大なタンカーでニューヨークへと輸送されるコング。

巨大なタンカーでニューヨークへと輸送されるコング。

出典 滝口アキラ
石油採掘用に用意していた巨大タンカーで、ニューヨークへ輸送されるコング。
あのビートルズが演奏したことでも有名なシェアスタジアムで、コングを見世物にして大金を稼ごうというのだ。
甲板でコングを心配そうに見守るドワン。やがて強い風が、...

甲板でコングを心配そうに見守るドワン。やがて強い風が、彼女が首に巻いていたスカーフを飛ばしてしまう。

風に飛ばされたスカーフがコングの顔の上に落ち、その匂い...

風に飛ばされたスカーフがコングの顔の上に落ち、その匂いでコングが目を覚ます!

動物としてのコングの本能を描いた、素晴らしいシーンだ。
出典 滝口アキラ
甲板に立ち、心配そうにコングを見守るドワン。
やがて彼女のスカーフが風で飛ばされ、その匂いでコングが目覚める。
「おねがいだから、もう暴れたりしないで、静かにお休みなさい」

「おねがいだから、もう暴れたりしないで、静かにお休みなさい」

ドワンの両目から流れる涙の描写といい、この漫画でのドワンとコングの関係は、男女の恋愛や友情と言うよりも、母と子の関係に近いものがある。
出典 滝口アキラ
先ほどケンカを売っていた態度とは違って、やさしくコングに語りかけるドワン。その目には涙が・・・。

いかがだろう?、後編に期待を持たせる素晴らしい前編のエンディングではないか。
これは次号の予告ページ。

これは次号の予告ページ。

後編では、いよいよニューヨークに上陸したコングの大暴れが描かれる!と書いてある。
後編の掲載号の発売日が10月6日なので、映画公開の2ヶ月前に掲載されていたことが判る。
出典 滝口アキラ
残念ながら後編掲載号が入手出来なかったのだが、次号予告にもある通り、後編では映画と同様に都会でのコングの大暴れが描かれている。。
漫画と一緒に掲載されていた、「新作キングコングのすべて...

漫画と一緒に掲載されていた、「新作キングコングのすべて」という11ページの特集記事より。

コングの身体データや、コングの棲む島の見取り図など、非常に貴重な資料や情報が満載!
ちなみに、76年版コングの身長は20メートルであることが判る。
出典 滝口アキラ
この前編掲載号には、漫画の他にも10ページのキンコング大百科が掲載されていた。
島の図解やコングの能力の紹介などは、今見ても非常に資料的価値が高く貴重な資料となっている。

この頃の月刊少年マガジンでは、こうした映画のコミカライズに力を入れていて、他にもあの名作「ロッキー」や、大林宣彦監督の「ハウス」などが掲載されていた。

映画を越える感動!幻の一峰大二先生版「キングコング」漫画って?

続いて紹介するのは、もはや映画の100倍素晴らしい!と言っても過言では無い、一峰大二先生による「キングコング」のコミカライズ版だ!
実は映画ではヘリコプター止まりで、ポスタービジュアルの様にジェット戦闘機を握り潰す!というファン待望のシーンは実現しなかった。
しかし、この漫画ではそれ以上のことをやってのけている!果たして、気になるその内容とは、いったいどんな物なのだろうか?
一峰大二先生版「キングコング」が掲載された、「別冊テレ...

一峰大二先生版「キングコング」が掲載された、「別冊テレビランド」1976年12月号の表紙と本編の扉絵。

出典 滝口アキラ

別冊テレビランド掲載版「キングコング」の概略

本作が掲載されたのは、別冊テレビランドの1976年12月号。
少年マガジンとは違いコングの迫力あるイラスト図解が、扉絵に加えてカラーで数ページ掲載されていた。
ただ、こちらも非常に入手が困難なため、今回資料として使用したのはこちらの本になる。
こちらは香港で発行されていた物。

こちらは香港で発行されていた物。

テレビランドに掲載されていたカラーイラストや、映画の写真なども収録されているスグレ物。別冊テレビランド自体の入手が現在では困難なため、セリフが中文に訳されていても、内容の確認には非常に役立つ。
出典 滝口アキラ
これは香港に旅行した際に下町の古本屋で偶然発見した、「キングコング」の香港版コミカライズ雑誌。中身は一峰大二先生のテレビランド版「キングコング」を中文訳で収録した物なのだが、形態がアメコミ誌の様に薄い中綴じ本になっているため、ページ数の関係で見開き2ページを1ページに収録する!という苦肉の策が取られているのが珍しい。

別冊テレビランド掲載版「キングコング」あらすじ紹介

70 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

2017年8月26日公開の映画「幼な子われらに生まれ」。”親愛なる、傷だらけのひとたちへ。”と綴られたこの映画には結婚、離婚、再婚、連れ子、大事な人の死と、ミドルエッジ世代に無関係でない幾つもの人生の”ひだ”が描かれています。傷つきながらも幸せを紡ごうとするオトナたちを、ドキュメンタリーのようなリアリティで表現した三島有紀子監督に、インタビューの機会を頂戴しました。
映画『未知との遭遇』公開40周年記念アニバーサリー・エディションが発売決定しました!

映画『未知との遭遇』公開40周年記念アニバーサリー・エディションが発売決定しました!

40周年アニバーサリー・エディションにはオリジナル劇場版(135分)、特別編(132分)、ファイナル・カット版(137分)の本編3バージョンなどファンにはたまらない仕様となっています!
【バック・トゥ・ザ・フューチャー】デロリアンの特殊性のふりかえり

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】デロリアンの特殊性のふりかえり

【バック・トゥ・ザ・フューチャー 】のデロリアンですが、1作目のタイムスリップ出来る車という設定に驚きましたが、2作目からは更に次元が違う改造車になっております。今回はそれを淡い記憶として残る仮説も織り交ぜながら振り返りたいと思います。
たまさん | 4,691 view
俺達の007、ロジャー・ムーア追悼記念!「私を愛したスパイ」と「ムーンレイカー」が、何と日本でコミック化されてた! 気になる世界の007コミック事情とは?

俺達の007、ロジャー・ムーア追悼記念!「私を愛したスパイ」と「ムーンレイカー」が、何と日本でコミック化されてた! 気になる世界の007コミック事情とは?

ミドルエッジ世代が最初に劇場で見た007映画であろう、「私を愛したスパイ」と「ムーンレイカー」は、今もなおファンの間で絶大な人気を誇っている。実はこの2本、公開当時に日本でコミカライズ(映画のコミック化)されていたのをご存知だろうか?
滝口アキラ | 1,478 view
3月25日公開『キングコング:髑髏島の巨神』の新たな予告動画とポスターが公開!

3月25日公開『キングコング:髑髏島の巨神』の新たな予告動画とポスターが公開!

1933年に製作された特撮映画の古典「キング・コング」から、多くの映画で扱われてきたキングコング。その2017年版のハリウッド作品『キングコング:髑髏島の巨神』が、3月25日に公開される。本稿では予告動画とポスター、出演したサミュエル・L・ジャクソンのコメント等をお伝えする。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト