『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?
2018年2月25日 更新

『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

黄色いトラックスーツに身を包んだブルース・リーのビジュアルと、その不吉なタイトルが印象的な映画『死亡遊戯』。1978年のゴールデンウィークに日本でも公開された本作により、第二次ブルースリーブームが再び日本に巻き起こることになった!『死亡遊戯』のコミカライズ版を紹介します!

2,978 view
黄色いトラックスーツに身を包んだブルース・リーのビジュアルと、その不吉なタイトルが印象的な映画『死亡遊戯』。『燃えよドラゴン』公開時には、まだ子供で見にいけなかったミドルエッジ世代の方でも、この『死亡遊戯』で改めてブルース・リーにハマったという人も多いのでは?
そこで今回は、あまり知られていない『死亡遊戯』のコミカライズ版について取り上げてみたいと思う。

ブルース・リーの遺作「死亡遊戯」とは?

『死亡遊戯』日本版チラシ

『死亡遊戯』日本版チラシ

『燃えよドラゴン』への出演により、制作が一時中断したままでいたこの『死亡遊戯』。残念ながら主演のブルース・リーがそのまま亡くなってしまったため、世界中のファンがその完成を待ち望んでいた幻の作品だったのだ。

その後何度と無く撮影再開のニュースと中止が繰り返される中、遂に『燃えよドラゴン』のロバート・クローズ監督により撮影がスタート!リーの生前に撮られたアクションシーンだけでは足らないドラマ部分に、オーディションで選んだそっくりさんを起用するなど、幾多の困難を経て遂に作品が完成!ここに未完の大作『死亡遊戯』は、我々観客の前にその姿を現すことになったのだ。

こうして1978年のゴールデンウィークに日本でも公開された本作により、第二次ブルースリーブームが再び日本に巻き起こることになったのは、ミドルエッジ世代なら良くご存知のはず。第一次のブルースリーブームに乗り遅れた世代にも、彼の魅力を教えてくれた思い出の映画、それがこの「死亡遊戯」だったのだ!

『死亡遊戯』コミカライズ版概略

掲載誌の表紙

掲載誌の表紙

当時大人気だった鴨川つばめ先生の作品がメインで掲載されていた。
このコミカライズ版『死亡遊戯』が掲載されたのは、月刊ではなく『週刊少年チャンピオン』の1978年4月15日増刊号。既に『月刊少年チャンピオン』での劇画ロードショー連載は1977年で終了しており、その後はこうした増刊号に映画のコミカライズ版が掲載される様になっていた。

ちなみに作者は、この頃『月刊少年チャンピオン』にアメフト漫画『5ヤーダー』を連載中だった守谷哲巳先生。既に『月刊少年マガジン』でも『空手戦争』を書かれていた守谷先生だけに、見せ場となるアクションシーンは迫力満点!

ただ残念ながら全37ページという短いページ数のため、守谷先生による大胆過ぎるアレンジが炸裂することでも有名な本作。果たしてその驚くべき内容とは、どんな物だったのか?

『死亡遊戯』コミカライズ版内容紹介

『死亡遊戯』コミカライズ版扉絵

『死亡遊戯』コミカライズ版扉絵

まるで日本のヤクザの様な敵の設定

まるで日本のヤクザの様な敵の設定

映画撮影中に狙われたビリー。自身を死んだことにして、敵...

映画撮影中に狙われたビリー。自身を死んだことにして、敵に逆襲をかける!

ちなみに撮影中の映画のタイトルは「死亡遊戯」!
まるで東映のやくざ映画に出て来そうな組織のチンピラたちの脅しを断ったため、主人公で映画スターのビリー・ロウは組織に命を狙われることになる。自身の主演映画の撮影中に殺し屋の襲撃を受けた彼は、自身の死を偽装して単身組織に戦いを挑むのだった。
敵の幹部を次々殺していくビリー!

敵の幹部を次々殺していくビリー!

既に5人も殺しているとは・・・。
バイクで敵のチンピラを大量に片付けるビリー!

バイクで敵のチンピラを大量に片付けるビリー!

敵の本拠地であるビルの前にたむろするチンピラたちに、バイクで突っ込む!
ビリーによる組織への復讐は、映画以上に過激!彼の行く先々で敵の幹部の死体が量産されるという、もの凄い展開になって行く。そんな中、ついに恋人のアンが組織の人質になってしまった。彼女を救出するため、ビリーは単身で敵のアジトにバイクで向かう!
いきなり2階にあの人が!

いきなり2階にあの人が!

なんと、バイクに乗ったまま敵のビルに突っ込んだビリー!そのまま2階への階段を駆け上がると、そこにはいきなりあの巨人ハキムがいた!
そう、守谷先生版『死亡遊戯』最大の特徴は、ラストの見せ場である塔の番人たちとの死闘を大幅に省略するという、この大胆なアレンジにあったのだ!
最強の敵もボコ殴り!

最強の敵もボコ殴り!

何と、敵の本拠地での戦いはこの1回だけ!あまりに衝撃的なこのコミカライズ版の展開には、当時の子供たちも絶句したに違いない。ともかく、やっとハキムを倒し3階への階段を駆け上がったビリーの前に、ついに姿を現したボスのランド。
取りあえず、ここからはやっと映画と同じ展開を見せるのだが・・・。
自殺したかに見えたボスは人形だった!

自殺したかに見えたボスは人形だった!

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

今から42年前の1975年1月25日、それは世のドラゴン野朗にとって忘れてはならない特別な日!そう、あの永遠の名作にして男のバイブル、「ドラゴンへの道」が日本で初公開された記念すべき日だ。
滝口アキラ | 6,727 view
あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

往年の人気ヒーロー『フラッシュ・ゴードン』のパロディポルノ映画として製作された本作は、『スター・ウォーズ』への憧れと、SF映画の魅力に目覚めてしまった世代にとって、文字通り大注目の作品。日本公開時に奇跡的に雑誌掲載されていた、この『フレッシュ・ゴードン』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 5,358 view
『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

以前紹介した『片腕ドラゴン』の主演スター、ジミー・ウォング。カンフー映画ブームが日本から去った1976年に公開された、彼の刑事アクション映画の傑作が今回取り上げるこの『スカイ・ハイ』だ!その『スカイ・ハイ』のコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 706 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」第9回「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」:前編

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」第9回「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」:前編

60歳を越えて未だに現役アクションスターとして我々を楽しませてくれている、ジャッキー・チェン。 そんな永遠のアクションスターであるジャッキーの自伝漫画「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」を2回に分けてご紹介します!
滝口アキラ | 2,254 view
覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

映画「テンタクルズ」で悪魔の大ダコを倒してくれた正義のヒーロー、それがオルカ=シャチ!今回紹介する1977年日本公開の映画『オルカ』は、そのオルカ対人間の対決を描いた、正に海洋生物版の西部劇!そのコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 1,135 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト